福岡への移住が人気の理由

中洲の夜景

九州最大の都市として知られる福岡は、移住地として高い人気を誇るエリアです。福岡への移住で得られるメリットは、主に以下のようになっています。

・食べ物が美味しい
・都心部と適度な距離で自然豊かな田舎に住める
・生活費を抑えられる

食事面、生活環境、経済面での理由から、福岡への移住を検討する人が多くなっています。それでは、各項目について詳しくチェックしていきましょう。

食べ物が美味しい

福岡移住が人気の理由に、食べ物の美味しさが挙げられます。海と山の両方に囲まれている福岡は、現地生産の食材が多く揃う地域です。海産物や農作物が豊富なことから、新鮮な食材を使った料理を楽しめるというメリットがあります。美味しい飲食店も多く、外食好きにとって暮らしやすい地域となっています。また、食材の質が良い福岡は、自宅で手軽に美味しい食事をとりたい方にもおすすめです。鮮度の高い食材を使った家庭料理を楽しめるので、健康的な食生活を送ることができます。

都心部と適度な距離で自然豊かな田舎に住める

福岡は、都心部の利便性と自然環境のバランスが良い移住地です。県庁所在地である福岡市は、県内で最大規模の都市です。しかし、福岡市から車で20分ほどの場所には、山、海、川などの自然が広がっています。都心部の近くに自然の多い自治体があることから、利便性を保ちながら田舎暮らしを楽しみたい方に最適です。

都心部と田舎の距離が近い福岡では、都心部への交通アクセスも充実しています。電車、バス、地下鉄など、エリアごとにさまざまな交通手段を活用できる移住地です。そのため、住居を自然の多い地域に構えつつ、都心部に通勤・通学できるというメリットがあります。都心部の利便性と美しい自然環境の両方を兼ね備えている福岡は、「田舎暮らしに憧れるけど、あまり不便な場所には住めない」「自然の中で子育てしたいけど、教育の選択肢は狭めたくない」といった希望を持つ層から高い支持を得ています。

​​生活費を抑えられる

福岡に移住することで、生活費を抑えることができます。福岡は、地方都市でありながら食費が安い地域です。地元産の食材が豊富な福岡には、商品の輸送費がかからないという特徴があります。野菜、果物、鮮魚、酪農品といった幅広い製品が低価格で販売されているので、日々の食費を大幅に節約することができます。

また、福岡は、住宅費が安い点もポイントです。30平方メートル以下のアパートで1人暮らしをする場合、東京の家賃は平均で65,000円ほどです。大阪では54,000円、愛知県では51,000円が平均となっている一方、福岡の家賃は37,000円と非常に低価格に設定されています。住宅費は、生活費の中でも大きな割合を占める支出です。

そのため、経済的余裕のある移住生活を送れるか否かは、住宅費にかかるコスト次第となります。他の都市よりも低価格な住居が豊富に取り揃えられている福岡は、月々の住宅費を抑えながら快適に暮らせる移住地です。経済的な負担の少ない移住地を探している方は、ぜひ福岡を移住地の候補にしてみてはいかがでしょう?

福岡へ移住する際によくある失敗3選

福岡名物のもつ鍋

福岡は、暮らしやすさが魅力の移住地です。しかし、福岡へ移住した後で後悔している人がいることも忘れてはいけません。福岡移住に関する失敗には、以下のような理由が挙げられます。

・思っていた生活と違った
・福岡の文化や風習が合わなかった
・移住後の収入が減って暮らしが大変

福岡に移住する場合、イメージとのギャップ、現地への適応力、経済面に関する問題に注意する必要があります。事前に問題点を確認し、福岡と自身の相性をきちんと考えるようにしましょう。それでは、各失敗について解説していきます。

思っていた生活と違った

移住生活の後悔で挙げられる原因に、移住前のイメージと現実のギャップがあります。福岡は、観光地として人気のスポットです。しかし、観光名所や名物料理の多さといったイメージだけで移住した場合、「思い描いていた暮らしと違う」といった印象を抱く可能性が高くなっています。移住して暮らすということは、現地で働き、現地で衣食住を整えるということです。旅行やテレビなどから想像していた福岡とは違った一面を目の当たりにすることになるので、実生活との差にショックを受ける層が多い傾向にあります。福岡移住の後悔を避けるためにも、現地でのリアルな生活を知ることが大切です。

福岡の文化や風習が合わなかった

九州に位置する福岡は、独特の文化や風習を持つ移住地です。例えば、福岡で市バスを利用する場合、並んで乗るという方法はあまり一般的ではありません。福岡県内の多くの停留所は、一か所に複数のバスが停車するという仕組みになっています。そのため、停留所の前はさまざまなバスを待つ利用者で溢れており、到着したバスに乗り込む順番は早いもの順です。

利用者が入り乱れた状態で市バスを待つことになるため、慣れるまでは利用しにくいと感じる可能性が高くなっています。また、福岡で暮らす場合、エリアによって全く異なる地域性があることにも注意しましょう。福岡県内は、福岡、北九州、久留米、筑豊という4つのエリアに大きく分類されます。各エリアによって現地住民の気質が異なると言われており、自身に合う移住地か否かが大きく分かれます。

例えば、福岡のほぼ中心部に位置する筑豊エリアは、元々は炭鉱の町として栄えた地域です。炭鉱で働く労働者で賑わっていたことから、おおらかさと荒々しい気性を持ち合わせた人が多いとされています。地域ごとに現地住民の気質が大きく異なる福岡では、移住する自治体選びがポイントとなります。自身にとって暮らしにくい地域を選んでしまった場合、「福岡で長く暮らす自信がない」といった後悔の念を抱きがちです。福岡移住を決行する前に、必ず移住エリアの文化や風習について確認するように心掛けましょう。事前確認を行うことで、自身が最適に暮らせる移住地を見つけることができます。

​​移住後の収入が減って暮らしが大変

福岡に移住する際は、収入が減少する可能性について考慮する必要があります。福岡は、物価の安い地域です。生活費を抑えられるというメリットがある反面、給料が安いというデメリットも存在しています。東京で働く場合、平均年収はおよそ450万円です。一方、福岡の平均年収は373万円程度と非常に低くなっています。月々の給料が7万円ほど安い計算になることから、大幅な収入減少を覚悟しなければなりません。娯楽費や外食費にかける出費が多い場合、収支のバランスが乱れる可能性も考えられます。福岡移住=100%経済的な余裕が生まれるというわけではないので、注意が必要です。後悔のない福岡移住を実現するためにも、移住後の就業先や給与面に関する調査をしっかりと行うようにしましょう。事前にある程度の収入を把握しておくことで、移住後の経済的な状況をイメージしやすくなります。

福岡移住を後悔しないために事前に準備しておくこと

パソコンを見ている男性

福岡への移住者の中には、移住に対する後悔の念を抱く層も存在しています。しかし、移住前の準備を徹底することで、福岡での移住生活を満喫することができます。以下は、福岡移住で実践すべき事前準備です。

・自治体に相談するなど現地の調査をおこなっておく
・実際に移住先へ訪れてみる
・中長期の移住体験をしておく

自身に合う移住地か否かを見極めることで、福岡移住の後悔を防ぐことができます。移住までのスケジュール調整を徹底し、スムーズに準備を進められるようにしましょう。それでは、各項目について確認していきます。

自治体に相談するなど現地の調査をおこなっておく​​

現地調査を徹底することで、福岡移住を成功に導くことができます。効率良く現地のことを知りたい場合は、移住候補地である自治体に相談するのが最適です。自治体に問い合わせることで、現地の生活環境、物価、地域交流、就業状況などの情報収集を行うことができます。自治体が提供する情報は、客観的な事実に基づいているという特徴があります。

そのため、ネットの口コミのような主観に基づく意見と違い、正確性の高い情報を得ることが可能です。自治体は、常に現地の状況を確認しています。随時さまざまな情報をアップデートしているので、最新の情報を時短で収集できる点もポイントです。また、自治体によっては、移住者への支援活動を行っているケースもあります。

就業相談、不動産の紹介、移住者交流会の開催、現地ツアーなど、実施するサポート内容はさまざまです。現地調査をスムーズに進めるためにも、移住候補地の支援サポート内容について問い合わせてみましょう。自治体に相談することで、多方面に渡る現地調査を行うことができます。

実際に移住先へ訪れてみる​​

後悔のない移住生活を実現する上で大切なことは、移住前の現地訪問を行うことです。移住希望地の候補を絞った段階で、各地を実際に訪れてみましょう。現地訪問することで、気候、利便性、自然環境、地域住民の様子などを自身の目で確認することができます。例えネット上の評価が良い地域であっても、自身に合う移住地だとは限りません。

相性が合わない地域に移住した場合、移住後にストレスの多い生活を送ることになってしまいます。逆に、他者にとって暮らしにくい地域であっても、自身にとって住みやすい移住地というケースも存在します。自分自身が快適に暮らせる移住地を見極めるためにも、移住前に必ず現地訪問を行うようにしましょう。現地の様子を事前確認することで、移住後の生活をしっかりとイメージすることができます。

中長期の移住体験をしておく

福岡移住を後悔しないための対策に、現地での移住体験が挙げられます。移住生活に伴う後悔の主な原因は、イメージと現実のギャップです。移住前に予想できなかった要因を移住後に見つけることで、「こんなはずじゃなかった」「このまま福岡で移住生活を続けたいかどうか分からない」といった後悔の念に駆られる移住者が多くなっています。中長期の移住体験は、移住地を知る上で最も有効な手段です。

現地住民に混じって実生活を送るため、短期訪問では気付けなかった生活面・経済面での問題を見つけやすいというメリットがあります。福岡移住の失敗率を下げたい方は、積極的に移住体験に参加してみましょう。移住地の問題点を事前に知ることで、対策や解決方法について考える時間を設けることが可能です。移住地で暮らす心構えもできることから、快適な移住生活の実現に繋がります。

尚、福岡で移住体験をする際は、できるだけ家族全員で参加するのがおすすめです。移住に乗り気でない家族がいる場合、移住後に不満やストレスが発生しやすい傾向にあります。家族全員が納得した上で移住できるように、家族一緒に移住地での生活を体験しましょう。

移住支援制度を活用して後悔のない福岡移住を進めよう!

移住支援制度は、移住後の生活を充実させる上で大切な要素です。福岡への移住を検討している方は、各自治体の移住支援制度について調べてみましょう。以下は、福岡で特に支援制度の整っている自治体2つです。

・糸島市
・北九州市

移住支援制度を活用することで、後悔のない移住生活を実現することに繋がります。自治体ごとに異なる移住支援制度を設けているので、事前にチェックすることがポイントです。では、2つの自治体について詳しく見ていきましょう。

糸島市

糸島市は、玄界灘に面した自治体です。海に囲まれた自然豊かなエリアとなっており、県庁所在地である福岡市までは1時間弱の所要時間となっています。糸島市では、主に以下のような移住支援制度を設けています。

子育て支援
子育て支援センター、放課後児童クラブ、病児・病後児保育施設の設置など、子育て世帯に対する支援を行っています。また、0歳から12歳までの子どもを対象に、所得制限なしで子ども医療費の助成を受けられる制度を施行しています。

空き家バンク
空き家を貸したい持ち主と、空き家を借りたい移住者を繋ぐための移住支援制度です。空き家バンクに登録されている物件は、糸島市のホームページから確認できます。

新規起業者応援補助金
糸島市商工会が施行している移住支援制度です。糸島市内で事業を開始する場合、事業地の改装費用や広告費にかかった費用を30万円の上限で補助する仕組みになっています。

糸島市は、移住後の子育て支援にも力を入れている移住地です。ただし、各移住支援を受けるためには、条件を満たす必要があります。移住支援制度の詳細が気になる方は、以下のサイトをチェックしてみましょう。

北九州市

北九州市は、人口93万人ほどの都市です。交通アクセスが良く、都市部と自然環境のバランスが良いという特徴があります。以下は、北九州市が行っている移住支援制度の例です。

オンライン移住相談
現地での生活や仕事に関する相談をオンラインで行える仕組みになっています。対応時間は、月曜日から土曜日の10時~18時です。

お試し居住
移住相談員やコーディネーターからのサポートを受けながら、移住体験を行える制度です。お試し住居は、メゾネットタイプ住宅のスタンダードタイプと、ゲストハウスや庭付き一軒家のライトタイプの2種類です。

北九州わくわく地方生活実現支援事業
東京圏からの移住者が北九州市内で就業・起業した場合、最大で100万円の支援金を受け取ることができます。

住むなら北九州 定住・移住推進事業
若者世代を対象とした移住支援です。子育て世帯、賃貸、持ち家により支援内容が異なる仕組みになっており、年齢などの条件を満たすことで10万円~60万円の補助金を受給することができます。

各移住支援を受けるにあたって、条件が設定されている場合があります。詳細は、以下のリンクから確認してみましょう。

まとめ

福岡は、物価が安い、都市部と自然環境のバランスが良いなど、メリットの多い移住地です。しかし、現地調査を行わないまま移住してしまった場合、自身の求める移住生活と違った印象を受ける可能性もあります。福岡移住を後悔しないためにも、移住前の準備をしっかりと行うようにしましょう。自治体への相談や移住体験など、現地の暮らし向きについて理解を深めることが大切です。また、自治体が行っている移住支援制度を活用することで、移住後の生活をより快適にすることができます。事前準備を徹底し、満足度の高い福岡移住生活を実現させましょう。