広島県安芸郡府中町に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: Feb 26, 2021

広島県安芸郡府中町に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

広島県安芸郡府中町へ引っ越しや転勤、移住を考えている人は必見!府中町の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセス、移住支援制度を調査しました。府中町に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

広島県安芸郡府中町ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口51,026人(推計人口、2020年11月1日)
自治体HP府中町HP
府中町 移住支援サイトこちら

広島県安芸郡府中町は、県南西部に位置しており日本全国の町村の中ではもっとも推計人口が多い町とされています。府中町は、民間調査「街の住みごこちランキング」にて2019年2020年と2年連続で、広島県内第1位を獲得している町です。

また、住民に対する調査でも「今後も住み続けたい」と感じる人が9割を占めるなどの結果が出ています。「安芸郡」というと、過疎化した田舎町のイメージを持つかもしれませんが、広島県内でもナンバーワンの繁華街があり、中国最大級の大型ショッピングモールなどもあります。

広島の玄関口である広島駅までは電車で5分と、周辺の主要都市へのアクセスも良好です。気候が暖かく豊かな自然に恵まれていることや、子育て支援が充実していることから「子育ての町」ともいわれています。

繁華街やショッピングモールなど栄えたスポットが多いのに対し、そのエリアを一歩出ると閑静な住宅街が広がっているのも特徴です。元々住宅が多い地域なので、賃貸物件の種類や数が多いことも移住希望者にとってはメリットでしょう。ただし人口が多く人気の町であることから、優良な物件の競争率は若干激しいとみられます。

広島県安芸郡府中町の移住支援制度

広島県安芸郡府中町の移住支援制度

広島県安芸郡府中町は、広島県内でもっとも人口が多く人気のある町なので、積極的に移住支援を行っている動きは見られません。しかし子育て支援制度が充実していることから、世帯をもつ方の移住先としておすすめできます。ここでは主な子育て支援制度をまとめました。

子ども医療費助成制度

府中町に居住する子どもが、医療機関で保険診療を受けるときには、自治体から医療費の一部、または全額を助成してもらうことができます。

0歳から小学生までは通院・入院ともに助成の対象となり、中学生以上は入院に対する費用を助成してもらえます。ただし子どもの医療費助成には所得制限が設けられていますので、詳しい要件は自治体HPを確認してください。

児童センター・子育て支援センター

府中町には、複数の子育て支援施設が設けられています。児童センターと子育て支援センターがそれぞれ別に設けられており、それぞれで特色が異なります。

児童センター「バンビーズ」

0歳から18歳までと幅広い年代が利用できる児童センターです。子どものための自由な遊び場として作られています。地域の子どもが自由に集うことで、交流の場や居場所になっています。

遊戯室や図書室から防音個室の音楽ルームまで完備されており、さまざまな遊びや体験をすることができる施設です。

子育て支援センター

子育て支援センターは、主に未就学児とその親に向けた遊びや交流の場、そして子育て相談のできる場所です。地域の子どもや親同士のふれあい、仲間づくりをしたり、専門保育士による育児相談やサポートを受けることが可能です。

府中町内には、府中ひかり保育園子育て支援センターと若竹保育園地域子育て支援センターの2つがあります。

放課後児童クラブ

放課後児童クラブは、いわゆる学童と呼ばれる施設です。府中町内には合計5ヶ所の放課後児童クラブがあります。親が仕事をもつ家庭の子どもを、放課後や休日に預かってくれる場所です。

小学校1年生~6年生までの子どもが対象で、下校後や休日の過ごし方を学んだり適切な遊びのサポートをしてくれたりします。入会するには対象要件を満たしている必要があり、月額の活動費や保険料を支払う必要があります。

広島県安芸郡府中町の観光情報

広島県安芸郡府中町の観光情報

広島県安芸郡府中町の特色を知るために、この土地の観光スポットを参考にしてみましょう。町の活気や雰囲気を知るヒントになるかもしれません。

マツダミュージアム

マツダミュージアム

自動車メーカーとして有名なマツダミュージアムは、府中町でもっとも主要な観光スポットといえるでしょう。

広島といえばマツダ発祥の地。もともとは広島市猿楽町のマツダモータースという小さな営業所から始まったといわれています。マツダミュージアムは、車づくりの歴史や、東洋工業時代から現在までの流れ、そして今後の未来を知ることができる場所です。

館内は6つのエリアからなる広い造りで、工場の生産ラインを見学することもできます。子ども連れの観光にはぴったり、自動車産業に関心の高い中高年や男性にも人気のスポットです。

水分(みくまり)峡

水分峡は、美しく豊かな山や渓谷を堪能することのできる観光地です。春・秋にはハイキングに訪れる人が多く、夏はキャンプで賑わいます。川遊びやバーベキューなど、家族連れで自由な遊びを楽しむことが可能です。

川には小さな魚やサワガニなどがいるので、子どもたちの五感を刺激する体験が得られます。豊かな自然を感じられる場所ですが、JR広島駅から車で約15分という便利な場所にあるのも嬉しいところ。街中に住む人も、気軽に訪れることができる自然スポットです。

豪雨の影響で閉鎖されている場所がありますが、徐々に再開し始めている模様ですので、訪問する際は自治体に問い合わせてみることをおすすめします。

空城山公園

府中町でももっとも大きく、遊具の充実した総合公園です。観光地ではありませんが、地元住民の間では欠かせない町のシンボル的な場所になっている模様。昔懐かしい石造の「たこ滑り台」から新しい大型遊具も設置されています。

本格的な木造アスレチックがあり、小学生以上のダイナミックな遊びを好む世代にも喜ばれます。遊具が充実しているだけでなく、多目的な運動場も併設されているのでボール遊びやおにごっこなど、自由に楽しく遊びまわれるでしょう。

また、散策道や健康遊具もあるので、子どもだけでなくお年寄りも訪れることの多い場所。府中町に住む人たちは、お弁当やレジャーシートを広げて一日長く遊んでいくことが多いようです。

まとめ

広島県安芸郡府中町は、気候や自然の豊かさ、利便性、子育てのしやすさなど、長く定住するには最適な町です。地元住民がこの先も長く住み続けたいと感じるのも頷けます。

遠方からの観光客が楽しめる場所はそれほど多くないため、移住先の事前調査として訪れてみるのがよいかもしれません。