家賃無料で田舎暮らしを始めるには

田舎エリアには、家賃無料の物件が存在しています。住宅費ゼロ円で暮らせることから、生活費の大幅な節約に繋がります。家賃無料で田舎暮らしをしたい方は、以下の方法を参考にしてください。

・移住支援制度を活用する
・自治体へ相談する
・空き家バンクを活用する

家賃無料の物件を見つけるベストな方法は、自治体によって異なります。移住候補地で活用できる方法をチェックし、安くて快適な田舎暮らしを目指しましょう。それでは、各項目について説明していきます。

移住支援制度を活用する

家賃無料で田舎暮らしをしたい方は、自治体が行っている移住支援制度について調べてみましょう。移住支援制度の中には、住居に関連するものも多く含まれています。家賃補助や助成金を活用することで、住宅費を限りなくゼロ円に近付けることができます。ただし、移住支援制度には、細かい受給資格が定められていることが一般的です。年齢、所得額、住居の床面積などの条件が付いていることもあるため、事前によく確認するようにしましょう。

自治体へ相談する

家賃無料の物件で田舎暮らしをしたい場合、自治体へ相談するのがおすすめです。自治体に相談することで、家賃無料の物件に関する情報収集を行うことができます。自治体の中には、家賃無料の物件をほとんど取り扱っていないエリアも存在します。本格的に物件探しを始める前に、まずは現地における家賃無料物件の数や需要について調べてみましょう。取り扱いが極端に少ない場合、どれだけ時間をかけても理想の物件に出会えない可能性が高くなっています。事前調査を徹底し、家賃無料の物件が多いか否かについて確認することが大切です。

また、自治体に相談した場合、家賃無料物件のベストな探し方を教えてもらえるというメリットがあります。家賃無料物件の効率的な探し方は、自治体によってさまざまです。自治体に問い合わせを行うことで、空き家バンクや不動産業者の利用など、最適かつスムーズな家賃無料物件の見つけ方を知ることができます。

空き家バンクを活用する

家賃無料の物件を見つける方法に、空き家バンクの利用が挙げられます。空き家バンクは、「空き家対策特別措置法」の施行を受けて急速に普及し始めました。「空き家対策特別措置法」が施行されたことにより、使われていない空き家が撤去の対象となる場合や、高額な固定資産税をかけられることが決まりました。空き家バンクは、借り手・買い手のいない空き家の有効活用を促進するために作られた制度です。

特に田舎エリアの場合、放置されている空き家の数が多い傾向にあります。また、借り手・買い手を見つけにくいという特徴もあることから、家賃無料の物件が豊富に掲載されています。住宅費をゼロ円にしたい方は、空き家バンクを活用するのがおすすめです。家賃無料で田舎暮らしができるので、経済的余裕のある生活を叶えられます。

家賃無料よりおすすめ!田舎暮らしなら空き家をもらって自由にリフォーム

空き家の多い田舎エリアには、貸付期間の満了によって空き家を譲渡されるシステムも存在しています。無料で譲渡される物件の場合、貸付期間中は家賃と同様に毎月の支払いを行います。その後、期間が終了することにより、空き家の所有権が借主に移る仕組みです。取得した物件は自由にリフォームできるので、出費を抑えながら理想の住居づくりを楽しめるという特徴があります。

格安で田舎暮らしをしたい方は、無料譲渡される空き家についてチェックしてみましょう。月々の家賃や購入費用を大幅に抑えられるので、「最終的に空き家を所有したいと思っている」「安く手に入れた空き家をリフォームして田舎暮らしを満喫したい」という方に最適です。ただし、住宅を取得することにより、デメリットも発生します。以下では、空き家を手に入れるメリットとデメリットについて解説していきます。

空き家を手に入れるメリット

田舎エリアに移住する場合、無料で空き家を取得するという選択肢があります。空き家を手に入れるメリットは、以下の2点です。

・格安で暮らせる
・自治体の支援を受けられる

空き家の取得には、経済的メリットが大きいという特徴があります。住宅費を限界まで抑えて暮らしたい方は、空き家での田舎暮らしを考えてみてはいかがでしょう?では、各項目の詳細をチェックしていきます。

格安で暮らせる

空き家を取得する最大のメリットは、格安料金で暮らせることです。一般的に、田舎エリアの空き家は低価格で取り引きされています。購入費を最小限に抑えられることから、住宅にかかる経費を節約できる点がポイントです。有料の賃貸物件で暮らす場合、毎月継続して住宅費を支払い続ける必要があります。

長期的に見ると高額になるケースもあり、経済的負担が大きくなりがちです。一方で譲渡される物件に住む場合、貸付期間終了と同時に物件の所有者になることができます。実質タダで空き家を取得することができるので、住宅費を削減しながら田舎暮らしを楽しめます。

経済的な余裕が生まれやすいため、「子どもがいるから住宅費にかけられるお金が少ない」「給料があまり多くないから住宅費をできるだけ抑えたい」という方におすすめです。家賃無料の物件が少ないエリアに移住する方は、無料譲渡される空き家を視野に入れてみましょう。

自治体の支援を受けられる

移住支援に力を入れている自治体の場合、空き家に関連した支援制度を設けているのが一般的です。支援金や補助金が支給されるケースも多く、住宅にかかる経費をより安く済ませられるというメリットがあります。移住地の賃貸物件を借りたり、新築住宅を購入したりする場合、自治体によっては移住支援の対象外になりがちです。一方で自治体が運営する空き家バンクを活用した場合は、支援制度が適応されるケースが多くなっています。

主な支援内容は、住居取得にかかった経費に対する補助金の支給や、リフォーム費用の負担です。大幅な経費節約に繋がることから、家賃無料物件に引けを取らない経済的メリットを得られます。

空き家を手に入れるでメリット

空き家の取得は、経済的な理由から高い人気を獲得しています。しかし、空き家を手に入れる際には、以下のようなデメリットがあることも忘れてはいけません。

・税金を支払う必要がある
・リフォームやメンテナンス費用がかかる

空き家を取得することにより、新たな出費が発生します。空き家を手に入れる=住宅にかかる経費が全てタダになるというわけではないので、注意が必要です。それでは、各デメリットについて見ていきましょう。

税金を支払う必要がある

空き家を取得する際は、税金を支払わなければならない点に注意しましょう。住居の所有者には、固定資産税の納税義務が課せられています。毎年継続して支払う必要があるため、長期的な視点で見ると高額な出費になりがちです。「固定資産税のせいで結局余計にお金がかかった」「こんなに税金を払わないといけないなら空き家なんて手に入れなければ良かった」といった不満を後で抱えなくて済むように、固定資産税額をあらかじめ確認するよう心掛けましょう。

固定資産税額は、固定資産の評価額×標準税率で導き出すことができます。標準税率は1.4%ですが、自治体によって変動するケースがあるので注意が必要です。長期間にわたって経済的に暮らせる住居を探している方は、固定資産税について今一度よく考えてみましょう。

リフォームやメンテナンス費用がかかる

空き家を手に入れるデメリットに、リフォームやメンテナンスにかかる経費が挙げられます。住宅は、築年数が経つにつれて老朽化が進みます。快適かつ安全に長く暮らすためにも、定期的なリフォームやメンテナンスが必須です。空き家を手に入れる際は、取得後すぐにリフォームが必要となるケースが多いことを覚えておきましょう。築年数が古い物件であればあるほど、壁、床材、屋根、水回りの劣化が進んでいます。また、物件によっては、シロアリ被害や雨漏りによる問題を抱えている可能性もあります。

リフォーム費用が高額になることもあるため、事前にリフォームが必要となる箇所をチェックするようにしてください。尚、海に近い立地の住宅を取得する場合は、メンテナンスの頻度が高くなりがちです。塩害によって腐食劣化が進むことから、数年単位でメンテナンスを行う必要があります。空き家を手に入れる上で大切なことは、住居の状態をよく観察することです。リフォームすべき箇所を確認するのはもちろん、メンテナンスが必要となる立地や状態かをしっかりと見極めるようにしましょう。

移住支援で家賃補助のある自治体

住宅費を抑えることで、全体の生活費を節約することができます。家賃をできるだけ安くしたい場合は、自治体が設ける家賃補助制度を活用するのがおすすめです。ここでは、以下の5つの自治体について解説していきます。

・北海道岩内町
・青森県つがる市
・長野県山ノ内町
・香川県さぬき市
・長崎県雲仙市

一般的に、田舎エリアの自治体では人口減少が深刻化しています。そのため、市町村内の人口を増やすことを目的に、豊富な移住支援制度を施行している自治体が多い傾向にあります。田舎暮らしを送りたい方は、各自治体の家賃補助制度について確認してみましょう。住宅費を安く抑えることで、経済的負担の少ない田舎暮らしを楽しめます。では、5つの自治体の詳細について説明していきます。

北海道岩内町

岩内町は、北海道の西部に位置する自治体です。「野束川」「運上屋川」「ポンイワナイ川」をはじめとする河川の多いエリアとなっており、美しい川と山々の景色が融合する自然環境の良さが特徴です。岩内町には、海域公園である「ニセコ積丹小樽海岸国定公園」があります。広葉樹や高原植物のほか、日本国内で唯一の「フサスギナ」の植物群落があることでも知られています。自然と共存した暮らしを実現できることから、「大自然の中で田舎暮らしを楽しみたい」「都会から離れて田舎で長閑な生活を送りたい」という方におすすめの移住地です。尚、岩内町で実施されている家賃補助には、以下が挙げられます。

岩内町移住定住促進補助金
町外からの移住者に対して、家賃補助を行っています。補助額は{家賃-住宅手当等}×2分の1となっており、上限は2万円です。補助の対象期間は36ヶ月間で、賃貸契約完了後30日以内に申請する必要があります。尚、補助金の受給条件には、世帯全員が40歳未満であることや、町内会への加入などが含まれます。

青森県つがる市

青森県つがる市は、人口3万人弱の自治体です。「日本海」「屏風山」「岩木川」「十三湖」などの多彩な自然環境に囲まれており、四季の移り変わりを日々感じながら暮らすことができます。のんびりとした田舎暮らしを楽しめるつがる市ですが、生活の利便性に優れている点もポイントです。市内には「イオンモールつがる柏」などの商業施設があり、日常の買い物に便利な立地となっています。

]また、小中学校、高等学校、図書館、学習塾などの教育機関や公園も充実していることから、子育て世帯にとって暮らしやすい移住地です。「田舎でのびのびと子どもを育てたい」「子どもの感受性を伸ばせる環境で子育てしたい」と考えている方は、つがる市への移住を検討してみてはいかがでしょう?尚、つがる市では、以下のような家賃補助を実施しています。

子育て・若年夫婦世帯移住応援事業
つがる市のアパートや借家に移住した子育て世帯と若年夫婦世帯に対して、家賃補助を行う制度です。若年夫婦世帯の場合、夫婦ともに40歳未満であることが条件となります。{家賃-住宅手当等}×2分の1が補助額の計算方法となり、上限は子育て世帯が3万円、若年夫婦世帯は1万5,000円 です。補助期間は最長60日間で、4月と10月の年2回に補助を開始します。尚、転入日から1年以内の移住者が対象となります。

長野県山ノ内町

山ノ内町は、長野県の北東部に位置しています。温泉の名所として知られており、「湯田中渋温泉郷」には毎年多くの観光客が訪れます。町内の90%が森林となっていることから、貴重な植物や野生動物が生息する自然豊かな環境です。野生のニホンザルが温泉に浸かる「地獄谷野猿公苑」などもあり、本格的な田舎暮らしを味わうことができます。また、山ノ内町は、リンゴやブドウなどの果樹園が多い自治体です。旬の果物を安く手に入れられることはもちろん、週末にはフルーツ狩りを楽しめる点もポイントです。尚、県庁所在地の長野市からは、車で40分ほどの所要時間となっています。市街地へのアクセスも良いことから、都市部での就職を検討している方にも最適です。以下は、山ノ内町で活用可能な家賃補助の詳細です。

若者定住促進家賃補助金
結婚を理由に山ノ内町へ移住してきた若者夫婦に対して、家賃の補助を行う制度です。受給の条件には、夫婦ともに45歳以下であることと、夫婦の年齢の合計が80歳を超えないこと、世帯の総所得が599万円以下であること、住宅の専用床面積などが含まれます。月額の家賃が23,000円以下の場合、家賃から12,000円を引いた金額が支給されます。月額の家賃が23,000円以上の場合は、家賃から23,000円を引いた金額の2分の1に11,000円を加算した金額が補助額です。尚、婚姻届の提出から3年経過した場合、補助金の申請資格を失うので注意が必要です。

香川県さぬき市

さぬき市は、香川県の東部に位置する自治体です。瀬戸内海に面しており、「シーサイドコリドール」や「ドルフィンセンター」をはじめとする海に関連した観光地が充実しています。また、さぬき市の南側には「讃岐山脈」があり、緑豊かな環境で田舎暮らしを楽しめます。市内にはJR四国、高松琴平電気鉄道、大川バス、コミュニティバスが走っているため、交通の利便性に優れている点も魅力です。尚、さぬき市内には「へんろ道」が整備されており、遍路の締めくくりとされる「第86番札所志度寺」「第87番札所長尾寺」「第88番札所大窪寺」があります。文化や歴史の特色が色濃いエリアとなっているため、日本文化を感じながら田舎暮らしをしたい方におすすめです。以下は、さぬき市が実施する家賃補助です。

さぬき市移住促進家賃等補助金
香川県外からさぬき市へ移住した場合、12か月間に渡って家賃補助を受けることができます。ただし、転入前に遡って3年以上を香川県外で過ごす必要があるほか、単身世帯の場合は40歳未満が受給対象です。家賃補助額は、{家賃-住宅手当等}×2分の1、もしくは2万円のいずれか安い方が適応されます。

長崎県雲仙市

長崎県雲仙市は、人口4万人強の自治体です。島原半島に位置しており、白い砂浜と美しい海が魅力的です。また、雲仙市は、独特の地形を持つことで知られています。海に浮かぶ島でありながら、成層火山の「雲仙普賢岳」がそびえ立つ特殊な自然環境のエリアです。珍しい動植物を観察できることから、大自然の中で田舎暮らしを満喫できます。また、独特の自然環境を持つ雲仙市は、農業と漁業が盛んな自治体です。

雲仙市の固有種となる野菜も多く、現地生産の食材を安く購入できるというメリットがあります。日常的に良質な食材を食べられることから、健康的な食生活を目指す方にとって理想的な移住地です。尚、雲仙市が行っている家賃補助制度は、以下のようになっています。

若者UIターン家賃補助金
18歳〜35歳を含む世帯が雲仙市外から移住した場合、24ヶ月間に渡って家賃補助を受けられる制度です。ただし、複数世帯の場合は、35歳以下の者が2名以上居住している必要があります。{家賃-住宅手当等}×2分の1が補助額となっており、上限は単数世帯で月額1万5,000円、複数世帯で月額2万5,000円です。尚、承認期限は、転入届の提出後90日以内となっています。

まとめ

憧れの田舎暮らしを始めたい方は、家賃無料の物件に着目してみましょう。移住支援制度、自治体、空き家バンクを利用することで、家賃を実質ゼロ円にすることができます。また、住居の取得を視野に入れている場合、貸付期間終了後に無料譲渡される空き家をチェックするのがおすすめです。購入費用がかからないことから、格安で空き家を手に入れられるというメリットがあります。ただし、空き家を取得する場合は、経済的デメリットが存在することも忘れないようにしましょう。各自治体が実施する移住支援制度を確認し、自身にとってベストな選択肢を見極めてくださいね。