愛媛県ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口1,342,000 (推計人口、2019年6月1日)
愛媛県HP愛媛県HP
愛媛県移住支援サイトこちら

愛媛県の特徴や歴史

ミカンを始め柑橘類の名産地として知られる愛媛県。四国の北西部に位置し、北は瀬戸内海を隔てて広島県と、西は宇和海を隔てて大分県と対峙しています。豊かな海の環境を活かし、真鯛や真珠など、養殖業が盛んです。

古来から伊予国として栄え、歴史ある建造物が多く残ります。また日本最古の温泉とされる道後温泉も愛媛を代表するスポットで、レトロな町並みと相まって多くの愛好家に支持されています。

高速道路や新幹線、空港へのアクセスの良さ

愛媛県は瀬戸内しまなみ街道を通じて対岸の広島県と繋がっています。中心部近くにある松山空港から、大阪へ約50分、東京へ約80分と、四国の外へのアクセスに優れた県です。

その他の情報

愛媛県は、大小の島々が浮かぶ美しい瀬戸内海、深く入り組んだリアス式海岸の宇和海と、美しい海に囲まれています。2つの海を隔てる佐田岬半島は日本一細長い半島です。

海だけでなく県内には山も多く、高知県との境付近に西日本で一番高い石鎚山を要します。山海の自然に囲まれていながら、地震などの大規模災害があまり起こらないとされ、暮らしの安心に繋がりますね。

海側は温暖で晴天日数が多く降水量が比較的少ない瀬戸内式気候ですが、山間部では積雪も多くウインタースポーツも楽しめます。季節や地域によってバリエーション豊かな自然に触れることができ、海の幸・山の幸に恵まれた美食の宝庫でもあります。

愛媛県の移住支援・就業支援制度

愛媛県には住宅改修補助や移住支援金などの移住支援制度があります。他にも市町村ごとにさまざまな支援事業が行われています。

移住者住宅改修支援事業

県外から移住し、県や市町の空き家バンクを通じて一戸建てを購入・賃借した場合、改修等の費用を補助する制度です。60歳未満の世帯構成員がいる働き手世帯は200万円、中学生以下の子供がいる子育て世帯は400万円を限度として、改修にかかる経費の2/3が助成されます。

家財の搬出費用も対象となり、20万円を限度として経費の2/3が補助されます。5年以上定住する意思があることが条件で、5年未満で転居や取り壊しを大鳴った場合返還を求められる場合があります。 https://e-iju.net/support/

愛媛県移住支援事業

東京圏から今治市・宇和島市・西条市・大洲市・西予市のいずれかに移住し、所定の条件で就業した人へ支援金が給付されます。転入直前に1年以上連続、かつ直前10年間のうち通算5年以上、東京23区に在住または通勤していた人が対象です。

就業要件は、県のマッチングサイト掲載求人など所定の条件を満たす就業か、起業支援金の交付決定を受けることなどです。自らの意思により元の業務にテレワークで引き続き従事する場合も対象となるため、働き方の幅が広がるでしょう。

金額は単身の場合60万円、2人以上世帯の場合100万円です。 https://www.pref.ehime.jp/h12900/ijushienkin.html

コワーキングスペース

愛媛県では、コワーキングスペースが県内各地に設けられており、テレワークの作業場として、またテレワーカー同士のコミュニティの場として活用されています。

コワーキングスペースの情報をまとめたポータルサイトが運営されており、相談会やイベント情報なども掲載されています。施設ごとに特色があり、利用者同士の交流が盛んな施設や合宿も可能な建物、あるいは作業に集中できるブース中心のタイプもあります。

中でもユニークなのが宇和町にある宇和米博物館で、元々校舎だった建物の教室部分がサテライトオフィスやコワーキングスペースとして貸し出されています。 https://e-iju.net/telework/ https://e-iju.net/work/

愛媛県の子育て環境

彩り豊かな自然に包まれた愛媛県は、子育て環境としても魅力的です。行政のサポートとして、結婚から子育てまでの総合ポータルサイト「きらきらナビ」が運営されています。

行政サービスや子育て施設などの公的情報、月齢毎の成長ガイドやお役立ち情報、イベントなど、豊富な情報が見やすく集められており、心強いガイドとなるでしょう。

また、県内の紙おむつメーカー3社と連携し、登録店舗でおむつ購入時に使える商品券50,000円分を交付する「愛顔の子育て応援事業」を行っています。

愛媛県で住むならどこがいい?

愛媛県で住むならどこがいい?

愛媛県には大きく分けて、自然豊かな南予、中心部であり観光客も多く訪れる中予、さまざまな工業が発達する東予と、3つのエリアがあります。それぞれに特色があり、独自の移住支援策も設けられています。

松山市の周辺に住むなら

県庁所在地の松山市は、四国で唯一の人口50万人都市です。医療機関や商業施設などが充実しており、県内の大学4校もすべて松山市内にあります。

日本最古の温泉と言われる道後温泉や、天守閣を始め貴重な建造物が現存する松山城など、数々のスポットから文化と歴史を感じられるでしょう。

また市域には瀬戸内海に浮かぶ30島以上の島を含みます。周辺都市では、同じ中予エリアの東温市・松前町・砥部町・伊予市が10%通勤圏にあります。

定住支援制度として、中島に旧教員住宅を活用した定住促進住宅があり、1ヶ月単位で最長1年滞在できます。興居島にも地元住民が運営するお試し移住施設があり、家庭菜園で農業体験をしながら島暮らしを体験できます。

認定新規就農者制度があり、農業経営開始から5年の就農計画をたて市長の認定を受けるとさまざまな政策支援を受けることができます。https://e-iju.net/ehime/matsuyama/

西条市

西条市は、北は瀬戸内海に面し、南には西日本最高峰の石鎚山がそびえる、風光明媚な環境です。工業が盛んな東予エリアの中でも、製造業など四国屈指の工業集積地であり、臨海部には国内最大級の造船ドックを有します。

「うちぬき」と呼ばれる自噴地下水が広範囲にわたって形成された水の都で、農作物の一大生産地でもあります。典型的な瀬戸内海式気候で晴れの日が多い一方、山間部ではしっかり積雪があり、季節ごとに多様なアクティビティを楽しめるでしょう。

空き家バンクや、移住者の住宅改修に対して支援金が交付される制度があります。また就農直後の青年就農者を支援する農業次世代人材投資事業や、創業希望者を研修やフォローアップまで一貫して支援する創業支援事業に取り組んでいます。

宇和島市

宇和島市は県西部に位置し、西側は宇和海に面しています。入り組んだリアス式海岸を有し、真珠や鯛などの国内有数の養殖地です。それ以外の三方は鬼ヶ城山をはじめとする山々に囲まれ、林業や柑橘類の生産も盛んに行われてきました。

古くから闘牛文化があることも地域の特徴です。市内には移住体験住宅が3ヶ所あり、月額15,000円で最長3ヶ月まで現地の暮らしを体験できます。また空き家バンク制度が設けられています。

今治市

造船業や高品質のタオルで知られる今治市。県の北東部に位置し、市街地のある平野部から絶景の多島美を楽しめる島嶼部まで、広く変化に富んだ市域を持ちます。

古くから海上交通の要衝として栄え、海事関連産業の集積地となってきました。広島県尾道市との間を結ぶしまなみ海道の四国側の起点でもあります。島暮らしをしたい人にとっても魅力的な地ですね。

中でも県最大の大三島には、滞在型農園施設や移住体験施設があり農村暮らしを体験できます。市の移住促進事業として、住宅取得費用の10%が補助され、中学生1人につき10万円が加算されます。

また県外からの移住者に対し、住宅改修費用の2/3が助成される制度もあります。45歳未満で独立・自営就農または就農後所得が基準未満の人は、青年就農給付金として最長5年間の給付金を受け取ることができます。

松前町

松前町は、瀬戸内海の伊予灘に面し多くの河川が流れる、水資源の豊かな町です。県内で最も面積の小さな自治体でありながら、JRと伊予鉄道あわせて6つの鉄道駅があり、交通の便に優れています。

隣接する松山市のベッドタウンとして宅地開発が進み、四国最大級のショッピングモールには近隣から多くの人が訪れます。臨海部には大手繊維業などの工場が並び、限られた面積ながら県内有数のハダカムギの産地であるなど農業も盛んで、第一次から第三次までバランスがとれた産業構造が窺えます。

新居浜市

新居浜市は東予エリアの中心都市として県内3位の人口を有し、商業施設や文化施設が充実しています。北は瀬戸内海に面し、南は急峻な四国山地を挟んで高知県に接します。

江戸時代に発見された別子銅山をルーツに、住友グループの企業城下町として発展を遂げました。標高750mにたたずむ産業遺跡群は「東洋のマチュピチュ」とも称され観光にも人気です。

大企業が多いことから人口の転出入が盛んで、転入者が受け入れられやすい土壌ができていると言えるかもしれません。移住支援も充実しており、1週間から1ヶ月利用できるお試し移住用住宅や、最長3年滞在できる移住支援住宅がある他、住宅取得や改修を補助する移住定住応援事業が行われています。

また空き家バンクがあり、子育て世帯・働き手世帯が県外から移住し空き家バンクを通じて住宅を取得した場合、改修費などを補助する制度もあります。

まとめ

風光明媚な海の景色や全国でも屈指の水産物、温暖な気候のもと豊かに実る農産物など、愛媛県には自然の恵みがいっぱいです。

一方で、四国一の人口を有する松山市、工業の集積地として発展してきた臨海部と、近代都市としての豊かさも伴っていると言えるでしょう。

しまなみ海道や松山空港を通じた県外とのアクセスのよさも利点です。移住・定住に対するさまざまな支援も行われていますので、興味がある自治体についてチェックしてみてくださいね。