移住経験者が田舎暮らしは異世界だと感じる瞬間

移住経験者が田舎暮らしは異世界だと感じる瞬間

田舎での暮らしは、都会での生活とは大きく異なります。その地でしか得られない独特の環境が広がっていることから、異世界という感想を持つ移住経験者が多くなっているのが特徴です。
「都会で生まれ育ったから180度違った環境で生活してみたい」「新しい世界に足を踏み入れて視野を広げたい」という方は、田舎への移住を検討してみましょう。田舎暮らしをすることにより、以下のような異世界体験ができます。

  • 都会の価値観が通用しない
  • 田舎ならではの自給自足生活
  • 鳥のさえずりで目覚める大自然の朝
  • その地域ならではの独特の風習
  • 豪雪地帯ならではの大雪体験

田舎暮らしには、良いこともあれば大変なこともあります。
映画や小説に出てくるような自然と共存した生活を実現できる一方、その地ならではの価値観や風習もつきまとうライフスタイルです。田舎エリアにどのような異世界が広がっているかを知り、移住の判断材料として役立ててください。
それでは、各項目について詳しくチェックしていきましょう。

都会の価値観が通用しない

移住経験者が田舎暮らしを異世界だと感じる理由に、価値観の違いがあります。
田舎エリアには、そのコミュニティの中だけで築かれたルールや決まりが存在しています。都会の常識や一般論が通じないケースも多いことから、「日本なのに全く別の世界に来た気分」「これまで自分が育ってきた環境とは全く違う世界だ」と感じやすい移住先です。

価値観が違う人々と交流することは、時に難しい傾向にあります。しかし、移住先で快適な田舎暮らしをする上で、地域コミュニティに馴染むことは必要不可欠です。自分の価値観を押し通しても意味がないので、いち早く適応できるように努力する必要があります。

もし柔軟性や他文化への寛容さが足りないと自覚している方は、多様性について理解を深めるよう心掛けましょう。価値観の違いを敢えて楽しんで受け入れることにより、現地住民と良好な関係を築くことに繋がります。

田舎ならではの自給自足生活

田舎での生活が異世界だと感じる理由に、自給自足できる点が挙げられます。
自然豊かな環境に位置する田舎エリアは、素人でも農業に挑戦しやすい環境です。農地を借りる、畑付きの住宅を取得する、農業従事者に転身するといった選択肢があり、自分が食べる食材を自分で作れるというメリットを兼ね備えています。

都会では実現できない自給自足生活を叶えやすくなっていることから、「食べ物を自らの手で作るなんて夢みたい」「別世界の生活を体験しているみたい」といった印象を抱く移住者が多い傾向にあります。工夫や努力を重ねて食材を育てる楽しみを経験したい方は、田舎暮らしに挑戦してみてはいかがでしょう?

鳥のさえずりで目覚める大自然の朝

田舎暮らしは、自然と共存できるライフスタイルです。
木々が生い茂っている田舎エリアに移住することで、鳥のさえずりを聞きながら朝を迎えることができます。ドラマやアニメのワンシーンのような世界観を体感できるため、「動物に起こされるなんて異世界に来たみたい」「都会では絶対に体験できない生活」と感じる移住経験者が多くなっています。

大自然の中に身を置くということは、自然と共に生きるということです。時間帯はもちろん、季節ごとに出会える鳥やその他の動物も異なっています。
四季の移り変わりを植物や花々の変化によって感じられる生活環境なので、都市部のような慌ただしさとは無縁の田舎暮らしを満喫することができます。

その地域ならではの独特の風習

都市部から遠い地域には、独自の文化や風習が根付いています。
聞いたこともないような催し物や儀式などを目の当たりにできることから、「現代社会にこんな昔ながらの風習を受け継いでいる地域があるのか」「よその世界や時代にテレポートしたみたいだ」といった感想を抱きやすくなっています。

人の入れ替わりが激しい都市部は、その土地特有の風習が残りにくい環境です。常に新しい情報や文化が入ってくるため、さまざまな事柄がアップデートされています。
一方、長くその地で暮らす人が大多数を占めている田舎エリアでは、大昔からの伝統が引き継がれているのが特徴です。

田舎暮らしをすることにより、風習について学べるのはもちろん、昔ながらの習わしを大切にしている現地住民の価値観にも触れることができます。次世代への継承などについて理解を深められるので、民俗学や文化の学習に興味がある方におすすめです。

豪雪地帯ならではの大雪体験

田舎で味わえる異世界体験のひとつが、豪雪地帯での大雪です。
都市部と異なり、田舎エリアには独特の気候があります。北海道、東北地方、北陸地方、山間部といった気温の低い地域に移住した場合、都市部の何倍もの積雪を経験することになります。

映画やCMなどでおなじみの雪景色を日常的に見られることから、別世界に迷い込んだようなワクワク感を得たい方におすすめです。
豪雪地帯に移住することで、雪遊びはもちろん、スノースポーツを満喫することもできます。娯楽要素の多い生活ができるため、若い世代や子育て世帯に最適な移住先です。

ただし、豪雪地帯を移住先に選ぶ場合は、積雪対策などを徹底しなければなりません。雪かき、家屋の修繕、結露防止策などを常に意識する必要があり、肉体労働も多くなりがちです。
体力が必須となるため、老後移住を考えているシニア世代の方は事前調査をしっかりと行うようにしてください。

移住体験をリアルに描いた漫画が話題

移住体験をリアルに描いた漫画が話題

田舎暮らしに伴う異世界体験が知りたい方は、漫画を手に取ってみるのがおすすめです。

『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』は、田舎エリアでの移住体験をテーマにしている作品です。ここでは、作品の概要、元漫画編集者が米作りを始めたきっかけ、原作者の想いについて詳しく説明していきます。

「仕事も何もかも捨てて田舎移住するのは難しい」「いきなり都会から田舎暮らしに切り替えるのは勇気がいる」といった不安を抱えている方の参考になる作品となっているので、田舎暮らしに興味がある方はぜひ参考にしてみましょう。

『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』

『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』は、講談社から出版されている連載漫画です。漫画の原作者はクマガエ氏、著者は宮澤ひしを氏となっており、元漫画編集者であるクマガエ氏の田舎暮らし実体験を基にしています。

お金も体力もない都会育ちの若者でも田舎暮らしができるのか?という疑問を解決できる1冊で、田舎暮らしを検討する若い世代から高い支持を得ています。
また、全体的にコメディタッチで描かれていることから、楽しく読み進められる点もポイントです。有名漫画のオマージュなども作品内で使われており、漫画作品としてのクオリティも高くなっています。

田舎暮らしに興味を持ったきっかけ、田舎移住に伴う悩み、準備、適応方法について学べるので、地方への移住を真剣に考えている方はもちろん、人生の選択肢として田舎暮らしを視野に入れている方にもおすすめです。
尚、『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』は、コミック版とkindle版が発売されています。

元漫画編集者が米作りを始めたきっかけ

主人公である元漫画編集者・佐熊陽平は、自分の人生について考え始めたことを機に米作りを始めます。漫画編集者の仕事に情熱を持っていたものの、ある日長年担当していた漫画雑誌が休刊されることが発表されました。

新たな漫画部署での仕事を任命された陽平ですが、「自分は本当にこのまま漫画編集者として会社員を続けていきたいのか」「もっと他の生き方もできるのではないか」と葛藤します。新婚だった陽平にとって、退職という道は非常にハードルの高い選択です。そこで、漫画編集者の仕事を続けつつ、東京から通える田舎で自給自足生活への扉を開くことを決意します。

田舎への移住には、経済的な不安や悩みがつきまといます。『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』は、そんな移住検討者が抱えがちな想いを上手く汲み取った漫画です。段階的な田舎暮らしに挑戦するためのステップを学ぶことができるので、都会暮らしか完全田舎移住かという極端な選択肢以外の道を検討することができます。

「田舎暮らしは異世界」と語る原作者の想い

原作者のクマガエ氏は、新常識(ニューノーマル)を作り上げる、自由度の高い生き方の実現などを提唱すべく『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』を描いています。自分自身が会社員時代に不自由さを感じていたことから、人生の選択肢を増やすことについて高い意識を持っています。

都会から田舎へ移住する場合、人里離れた土地での田舎暮らしを連想しがちです。しかし、都会で生まれ育った層にとって、本格的な田舎での生活はハードルが高い傾向にあります。
都会以外での生活経験がなかったクマガエ氏にとっても、いきなり田舎暮らしを始めることには大きな不安がありました。そこで、東京から2時間程度の場所に位置する千葉県にて米作りをスタートさせ、仕事を続けながらの自給自足生活に足を踏み入れます。

田舎暮らしを始めるからと言って、都会での生活を完全に捨てる必要はありません。都会と田舎での二拠点生活はもちろん、段階的に田舎への移住を進行させる方法も存在しています。
クマガエ氏は、田舎暮らしでおなじみのDIY、薪割り、古民家リノベーションなどを行わずに生活している移住者です。都会と田舎の間で程良い田舎暮らしをしており、自由度の高い生き方を実現しています。

田舎暮らしは、「都会を離れるなら本格的に自然に密着した生活をしなければいけない」「田舎移住するなら都市部での家や仕事を全て清算しなければ」といった極端な考えに囚われる必要のないライフスタイルです。一人ひとりの状況にカスタマイズした生き方ができることから、都市部とは全く価値観が違う異世界と表現されています。

『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』は、息苦しさを感じている人がより自分らしく快適な人生を過ごせるようにという想いが込められた漫画です。田舎移住に対するイメージを膨らませたい方は、ぜひ参考にしてください。

まるで異世界を感じられるオススメの移住先4選!

まるで異世界を感じられるオススメの移住先4選!

異世界体験を目的に田舎移住する場合、移住先選びに気を付けましょう。
一口に田舎と言っても、規模、人口数、利便性、自然環境などはさまざまです。地方都市や規模の大きな自治体に移住しても、異世界のような生活を実現できない可能性が高くなっています。
田舎らしいライフスタイルを叶えたい場合は、以下のような自治体への移住を視野に入れてみましょう。

  • 長野県阿智村
  • 静岡県富士宮市
  • 鹿児島県与論島
  • 沖縄県恩納村

本格的な田舎暮らしに適した自治体ばかりで、独特の世界観を楽しむことができます。各自治体の特徴やおすすめポイントについてご紹介していくので、自分に合う移住先を見つけてください。

長野県阿智村

長野県阿智村

長野県阿智村は、人口6,000人弱の自治体です。
星空の美しさが有名で、「日本一の星空ナイトツアー」といったイベントも催されています。都市部では見られないような満点の星空が見られることから、非日常空間にいるかのような異世界体験ができる移住先です。

星が魅力の阿智村ですが、さまざまな自然環境に恵まれた地域でもあります。
「恵那山」「大川入山」「富士見台」「阿知川」「寒原峠」などがあり、緑と川に囲まれた田舎暮らしを実現することができます。日中は大自然、夜間は空の美しさを満喫できる環境なので、都市部と180度異なるライフスタイルを送りたい方におすすめです。

また、阿智村は、名古屋市からの移動距離が1時間半程度となっている点もポイントです。大都市まで比較的気軽に行ける立地なので、「あまり都会から隔絶されたような場所で田舎暮らしするのは不安」「仕事や学校の選択肢を広げたいから都会にもアクセスできる場所に移住したい」という方でも安心して暮らすことができます。

生活のしやすさが特徴的な阿智村には、観光スポットが多いというメリットもあります。「昼神温泉」「月川温泉郷パークランド」「満蒙開拓平和記念館」「ヘブンスそのはらSNOW WORLD」「治部坂高原スキー場」といったお出掛けスポットがあり、リラクゼーションやウィンタースポーツを楽しみたい方にピッタリです。
飽きない田舎暮らしができるので、定住に繋がりやすい移住先となっています。

静岡県富士宮市

静岡県富士宮市

富士宮市は、静岡県の東部に位置しています。「富士山」のあるエリアとして知られており、信仰にまつわる文化的資産が多い自治体です。
代表的なものには、「富士山本宮浅間大社」「山宮浅間神社」「村山浅間神社」「人穴富士講遺跡」などが挙げられます。文化的資産に囲まれているという点はもちろん、和歌で詠まれるほどの信仰対象である「富士山」に近い生活環境は、他の地方では感じられない異世界のような移住生活をしたい方におすすめです。

「富士山」が有名な富士宮市ですが、「白糸の滝」「天子山地」「釜口峡」「富士川」「田貫湖」といった多彩な自然環境も揃っています。異なる自然を満喫できることから、「都会で生まれ育ったから色々な自然がある場所で田舎暮らしをしてみたい」「どんな自然が好きか分からないからバリエーション豊富な自然環境に恵まれた地域に移住したい」という方にピッタリです。

また、富士宮市は、スポーツ施設が多い点もポイントです。「山宮スポーツ公園」「ふじのみやスポーツ公園」「静岡県立朝霧野外活動センター」などがあり、体育館、テニスコート、プール、キャンプ場などを利用することができます。スポーツを楽しめるのはもちろん、アウトドアにも最適な環境となっており、特に若い世代や子育て世帯にとって暮らしやすい移住先です。

尚、富士宮市から県庁所在地の静岡市までは、約45分の所要時間です。公共交通機関や車でのアクセスがしやすく、都市部までの距離が近い立地となっています。ストレスなく移動できる距離感なので、初めて田舎暮らしをする方でも適応しやすいというメリットがあります。

鹿児島県与論島

鹿児島県与論島

与論島は、鹿児島県の最南端に位置する島です。人口5,000人ほどの自治体で、離島での本格的な田舎暮らしを実現できるという魅力があります。
「百合ヶ浜」「ビヤンチク離」「ミナタ離」などの自然が多いエリアとなっており、サンゴ礁に恵まれている点も特徴です。青い海と色とりどりのサンゴ礁のコントラストが美しく、異世界に迷い込んだかのような神秘的な光景を目にすることができます。

沖縄県から程近い立地の与論島は、沖縄県に近い文化を持っている自治体です。与論献奉をはじめとする独自の風習も多く、異文化体験に興味がある方にとって興味深い移住先となっています。
柔軟性の向上はもちろん、多様性への理解度も深まることから、「子どもの適応能力を高められる場所で田舎暮らしをしたい」「子どもを異文化に触れさせたい」と考えている子育て世帯にもおすすめです。

尚、与論島では、農業と観光業が盛んに行われています。田舎移住を機に農業従事者に転職できる、自給自足生活をスタートさせられる、観光業に就職できるといったメリットがあり、移住後の就職先の選択肢が多い移住先です。また、サトイモやインゲンなどの現地生産の食材が豊富なことから、健康的な食生活をリーズナブルな価格帯で叶えられる点もポイントです。

沖縄県恩納村

沖縄県恩納村

沖縄県恩納村は、人口1万人強の自治体です。エメラルドグリーンの海と白い砂浜が魅力のエリアで、時が止まったかのようなリゾート空間で田舎暮らしを楽しめます。のんびりとした雰囲気の中で癒しの時間を過ごせるため、おとぎ話の中で生活しているような疑似体験ができる移住先です。

また、恩納村は、サンゴ礁の保全再生活動に力を入れている点もポイントです。海との関わりが深い立地であることから、自治体全体が海を守るということに強い関心を持っています。
エコや自然保護に対する意識を高められるというメリットがあり、「地球に優しい暮らしを目指したい」「自然との共存を考えながら田舎暮らしできる場所に移住したい」という方に最適です。

海に面している恩納村は、ビーチの数が豊富な自治体です。「ムーンビーチ」「万座ビーチ」「みゆきビーチ」「タイガービーチ」「冨着ビーチ」などがあり、マリンスポーツや観光を思う存分に満喫することができます。充実度の高い休日を過ごせるので、移住生活に飽きにくいというメリットがあります。

尚、県庁所在地・那覇市から恩納村までは、50分ほどの移動時間です。平日は恩納村で仕事、休日は那覇市でショッピングや外食といった生活を叶えやすく、メリハリのある田舎暮らしができる移住先となっています。都市部まで遠過ぎず近過ぎない理想的な立地で、無理なく田舎暮らしを続けられる点も特徴です。

まとめ

まとめ

田舎暮らしは、異世界のような環境に身を置けるライフスタイルです。都市部とは異なる価値観や風習などがあり、メリットとデメリットの両方を兼ね備えています。移住先で充実した生活を送るためにも、田舎暮らしならではの世界観を楽しむのがポイントです。

また、自然が多い田舎エリアは、自給自足生活や動物との共生にも適した移住先です。大雪体験などもできるので、新しい環境でこれまでとは180度異なる生活を送りたい方は田舎移住を検討してみましょう。

田舎暮らしについて理解を深めたい場合、移住生活を題材にした漫画を手に取ってみるのがおすすめです。自分が理想とする田舎暮らしについてイメージを膨らませやすくなっており、より具体的に計画を進めることができます。
異世界のような生活ができる移住先を見つけて、理想の田舎暮らしを叶えてくださいね。