都会とは真逆?田舎暮らしはここが不便!

都会とは真逆?田舎暮らしはここが不便!

憧れる人も多い田舎暮らし。しかし、都会では味わえない魅力と同時に、都会にはない不便な部分があることも事実です。田舎暮らしの経験がある人からは、田舎の不便な点としてさまざまな例が挙げられます。内閣府による世論調査の結果も参考にしながら見ていきましょう。

出典:内閣府 令和2年度「地域社会の暮らしに関する世論調査」 https://survey.gov-online.go.jp/r02/r02-chiikishakai/index.html

電車やバスが1時間に1本もない場所もある

都市部以外の地域では、電車・バスといった公共交通機関の便数が少ない傾向にあります。なかには1時間に1本も通らない路線もあり、普段の生活の足とするには不便と言わざるを得ないでしょう。数分おきに満員電車が来るような首都圏と比べるとギャップが大きいですね。
公共交通機関の少なさは、田舎暮らしで自家用車が必須と言われる要因のひとつです。自分で運転しない人にとっては、日々の暮らしで移動に不便を感じる場面は多いでしょう。

また、地方では公共交通機関がさらに減少しているところもあります。
前述の世論調査において「地域における将来の生活環境に対する不安なこと」を尋ねた項目で、「公共交通機関の減少」を挙げた人は人口20万人未満の市町村で30.8%にのぼりました。地方の公共交通機関は経営が厳しいところも多く、利用者の少ない路線は廃止や減便といった決断をせざるを得ない場合もあります。
田舎において、公共交通機関の改善はなかなか難しいと言えるでしょう。

医療機関が少ない

地方では医療機関の不足も深刻な課題です。
前述の世論調査では、「地域における将来の医療機関の利用に対する不安なこと」を調査し、人口20万人未満の市町村と20万人以上の市に分けてレポートされています。結果から一部を抜粋して紹介します。

不安に感じていること回答した人の割合
(人口20万人未満の市町村)
回答した人の割合
(人口20万人以上の市)
体力の衰えによって通院が大変になること55.1%46.4%
公共交通機関の減少によって通院が大変になること30.9%15.8%
特にない19.9%31.9%

※他の回答については省略しています

出典:内閣府 令和2年度「地域社会の暮らしに関する世論調査」https://survey.gov-online.go.jp/r02/r02-chiikishakai/index.html

まず、不安な点が「特にない」と回答した人の割合は、人口20万人未満の市町村で19.9%、20万人以上の市で31.9%と差が見られました。規模の小さい自治体に住む人たちのほうが、医療機関の利用に関する不安がより大きいことが見てとれます。

また、不安に感じる点として、「体力の衰えによって通院が大変になること」「公共交通機関の減少によって通院が大変になること」などが挙げられました。この2つの回答を選択した人の割合は、人口20万人以上よりも人口20万人未満の自治体で高くなっています。人口の少ない地域では医療機関が近くになく、通院に困難が生じていることが窺えます。

田舎だからといって一概には言えませんが、この調査からもわかるように、都会と比べると医療機関が不足している、あるいはアクセスが困難な地域は少なくありません。地方における産科・小児科不足も問題になって久しいですが、なかなか改善にいたらない状況です。

医療環境が整っているかどうかは、安心して生活を送る上で無視できない要素です。若く健康なうちにはあまり気にしていなくても、年齢を重ねて健康に不安が出てきたり、ケガや病気になったりした場合には、受診・通院がしやすいかどうかは生活を左右するでしょう。
事実、上記の調査結果でも、医療機関の利用について不安を感じるという回答は、高齢の回答者ほど高い割合を示しました。医療環境は地方の高齢化とも切り離せない問題と言えます

外食チェーン店や商業施設が少ない

人口の少ない地域ではお店も限られます。都市部では珍しくない外食チェーン店も、田舎だとまったく出店していないことはよくあります。気軽に外食したり、最新メニューをいち早く食べたりしたい人には、少々物足りない環境かもしれません。

例を挙げると、SNSでたびたび話題になるイタリアンレストランチェーン店のサイゼリヤは、実は出店していない県が12県(2022年8月時点)にものぼります。出店戦略には地域性なども考慮されるため、一概に地域人口と比例しているわけではありませんが、やはり都市部と比べると店舗数は少なくなってしまいます。

また、田舎では商業施設が少なく、商品の選択肢が限られてしまったり、必要なものを買うために都市部まで遠出しなければならず手間に思ったりすることもあるでしょう。インターネットショッピングは頼りになりますが、実物を見たり触ったりして選びたい商品の場合は、やはり実店舗のほうが失敗を避けられます。

地域に小売店が少ないと、買い物に不便なだけでなく、価格競争がはたらかないことから店頭価格が高めに維持されがちという側面もあります。

参考:サイゼリヤ 店舗一覧 https://shop.saizeriya.co.jp/sz_restaurant/spot/list?limit=50

外出先で飲む時は運転代行を頼まないと帰れない

田舎では、公共交通機関の事情から、飲食店や友人宅など外出先での飲酒が気軽にできないという不満の声も聞かれます。自宅や外出先の近くに鉄道やバス路線がない、あっても便数が少なく終電が早いなどです。バスや電車を帰りの交通手段に使えない場合は、家族などに送り迎えを頼むか運転代行業者を呼ぶ必要があります。

運転代行とは、飲酒や体調不良などで運転できないときに、利用者の車を代わりに運転して目的地に送り届けるサービスです。警察庁のデータによると、都道府県別の運転代行業者の数は、沖縄県が突出して高い数字です。移動の基本が自家用車であり、かつ飲酒習慣が高い土地柄から、地域に根付いていることが窺えます。

運転代行は便利なサービスですが、当然ながら費用がかかるため、そう頻繁に利用するわけにはいきません。また、深夜まで営業している飲食店があまりないため、そもそも外でお酒を飲める場所が少ない地域もあるようです。

参考:警察庁令和3年警察白書統計資料 https://www.npa.go.jp/hakusyo/r03/data.html

生活に潜む田舎暮らしの不便なところ

生活に潜む田舎暮らしの不便なところ

前述したような目につきやすい不便のほか、見落としがちですが、以下のような場面でも不便を感じるケースがあるようです。

移住先のネット環境が整っていない

田舎であっても多くの地域でインターネット環境が普及してきましたが、なかには充分とは言えない地域もいまだにあります。リモートワークやフリーランスなど、場所を選ばない働き方を想定して田舎に移住したい人には、快適なインターネット環境があるかどうかは大きな関心事でしょう。

とは言っても、ほとんどの地域では対策次第でインターネットを使うことができます。
例えば、光回線が開通していない地域でも、モバイルルーターやテザリングなどでPCでのインターネット利用が可能になるでしょう。またはケーブルテレビの回線を契約し、インターネットを利用する方法があります。
ただし、いずれの方法も通信関連の費用が割高になることは覚悟しておきましょう。

また、スマホキャリアによっては電波が不安定であったり、格安スマホが提供エリア外だったりして、使えるキャリアに制約が出るケースもあります。キャリアにこだわりがある場合は、事前に提供エリアをチェックしておくことが欠かせません。都会のようにいたる所でフリーWi-Fiが提供されている環境ではないことも心に留めておきましょう。

ネットで頼んだ荷物が届くのが遅い

商業施設が少ないというデメリットは、インターネットショッピングでカバーできる部分も多くなってきました。しかし、立地によりますが、都市部よりも商品配送に日数がかかる地域もあります。すぐに手元に欲しい買い物の場合などは、不便を感じることがあるかもしれません。

また、北海道や沖縄、離島などでは、配送に時間を要するだけでなく、配送料が高めに設定されている事業者もあります。
例えば楽天市場では、「沖縄・離島・一部地域」として括られた住所地については、送料無料ラインの設定が異なります。具体的には、通常なら1ショップの購入金額合計が3,980円を超えると送料無料になるのですが、「沖縄・離島・一部地域」では指定の送料がかかるか、または9,800円を超えないと送料無料になりません。

Amazonでは、Amazonによる販売・発送の商品については送料無料の基準は全国で一定ですが、マーケットプレイスの商品では地域によって送料が高額になることがあります。
そのほか、佐川急便などの配送業者では、送料のほかに「離島中継手数料」がかかる地域があります。

逆に、仕事などで荷物を発送する立場になったときにも、都会と比べると配送手段の選択肢が限られる場合があります。運送会社の営業所や郵便局、コンビニなど、発送できる場所が近くにあるか事前にチェックしておいたほうがよいでしょう。

土砂崩れや高潮など自然災害の多い場所もある

自然に囲まれた田舎の環境は、自然災害と裏返しという側面もあります。緑豊かな山間部では土砂災害の恐れがある場所も多々あり、海辺であれば高潮、川の近くであれば氾濫など、水害の脅威を完全になくすことはできません。

近年増えてきた大雨や台風によってもし被害が発生した場合、山間部の集落などは通行止めによって孤立してしまい、救助活動や復旧作業が遅れるリスクもあります。積雪地帯で記録的な豪雪・暴風雪による集落孤立が起こったケースもありました。地震の際は、古民家などの古い住宅では建物が劣化に加えて耐震基準を満たしていない場合も多く、倒壊や破損の危険性がある点も注意が必要です。

地域に関わらず自然災害はある程度避けられないものですから、事前の情報収集と心構え、対策が欠かせません。具体的には、地域の選定や物件選びはもちろん、ハザードマップに応じた避難経路の確認、防災用品や備蓄といった備え、必要に応じて住宅の耐震化工事などが必要になるでしょう。

快適な田舎暮らしを送るために準備すべき事

快適な田舎暮らしを送るために準備すべき事

田舎暮らしで懸念される不便な点は数々ありますが、対策次第で不便さをカバーできることもあります。ここからは、憧れの田舎暮らしを快適にするためにできることを紹介します。移住先の選び方や、移住に備えて準備しておくとよいことは以下の通りです。

運転免許証は必ず取っておく

特段の事情がない場合、運転免許証は必ず取得しておくとよいでしょう。よく言われることですが、田舎では車が必須であることがほとんどです。仕事探しにおいても、運転免許があったほうが応募できる求人の選択肢が広がります。

また移住体験や下見の際にレンタカーを活用するなど、移住準備の段階でも、運転できたほうが便利な場面はあります。移住を検討するのであれば、前もって免許を取っておくに越したことはありません。

どうしても運転ができないという場合は、移住先を車なしでも生活できるエリアに絞るのが現実的です。次に述べるように、地方都市、なかでも公共交通機関が発達している都市が候補になるでしょう。

移住初心者は地方都市から選ぼう

地方移住のなかで比較的ハードルが低いのは、地方都市に住むことです。特に、移住が初めてという人、都会暮らししか経験がない人は、いきなり極端な田舎に適応するのは困難が予想されます。地方都市であれば、当地の風土・文化や近隣の自然を味わいつつ、生活の利便性も保つことができるでしょう。

田舎暮らしを計画する人のなかには、移住希望地に近い都市部でしばらく暮らしたあと、満を持してより田舎のエリアへ引っ越すという「2段構え」で移住する人もいます。
いったん都市部に暮らしてみることで、環境変化による負担を抑えながら、理想とのミスマッチがないか時間をかけて確認できますね。そして、希望の田舎エリアについてじっくり情報収集し、移住準備を整えてから本格的に田舎暮らしを始められる方法です。

移住支援制度がある自治体を選ぼう

田舎エリアに限ったことではありませんが、費用負担を抑えて移住をスムーズに進めるには、各自治体が実施する移住支援制度を利用することをおすすめします。移住先候補を絞る際は、自治体にどのような支援制度があるか、移住相談窓口などのサポート体制が整っているかといった観点も考慮に入れてみてください。

移住支援金や住宅取得補助金といった費用面での支援のほか、移住に関する相談や住まい探し・就業のサポートなど、自治体によって支援内容は多岐に渡ります。近年では、移住希望者向けの情報発信に力を入れている自治体も珍しくありません。興味をもった地域があれば、自治体の担当窓口に相談してみるとよいでしょう。

当サイトでも、さまざまな自治体の移住支援制度について紹介しています。
https://ijyu-sien.com/guide/

移住体験で下見をしておくのもアリ

移住にあたり、理想とのミスマッチを防ぐために、ぜひ実施しておきたいのが移住体験です。特に、なじみの少ない地域や不便が予想される田舎エリアであれば、現地での暮らし体験は必須と言ってもよいでしょう。移住体験ツアーやお試し暮らし施設の運営を行政主導で実施している自治体も多いので、積極的に利用してみてください。

ある程度の期間現地で生活することで、集中して地域の下見や住まい探しなどの移住準備を行えることはもちろん、現地の人たちとの交流の機会になります。移住にあたってどのようなものを準備するべきか具体的にわかる部分もあるでしょう。逆に、想像以上に不便だった、気候や環境がどうしても合わなそうと感じたなど、実際に暮らしてみてはじめて気づくこともあるかもしれません。

また、年間で気候の差が大きいエリアの場合は、できれば異なる季節に複数回滞在してみることをおすすめします。過ごしやすい季節だけ滞在して素晴らしい環境だと思っても、積雪や雨期など厳しい季節を実際に体験していないと、移住してからその過酷さに気づき後悔することになりかねないからです。

移住先での仕事は前もって決めておく

一般的に、田舎では求人が少ない傾向にあります。移住してしまってから仕事を探し始め、なかなか見つからないとなると、生活に支障が出かねません。新しい仕事は極力、移住前に決めておきたいところです。

遠地にいながらの仕事探しは大変な面もありますが、オンライン面接など企業の採用活動もリモート化が進んでいるため、求職活動のハードルは下がっていると言えるでしょう。また、オンラインでの就業相談や紹介、移住準備のための移動・滞在に対する補助金など、移住先自治体による就業サポートを利用する手もあります。

もちろん、元の修業先でリモートワークに切り替える、移住先近くの営業所に転勤するといった選択肢が可能な人もいるでしょう。また地方移住を機に就農や起業に挑戦する人も少なくありません。いずれにしても、移住後の働き方は計画的に進めておくことが望ましいですね。

まとめ

まとめ

田舎では環境の制約から都会と生活様式が異なる部分も多く、ある程度の不便は許容せざるを得ません。さらに、近年は都市部に機能を集約する「コンパクトシティ」構想を進める地方も多く、過疎地域の利便性を向上するのは難しいという見方もあります。
特に公共交通機関や医療機関といった生活に直結するインフラに関しては、不足や減少によって高齢者を中心に将来的な不安につながっていることが見てとれます。

しかし、きれいな空気や景色の中で暮らしたい、農業に関心がある、大自然の中でのアクティビティに頻繁に触れたいといった人には、田舎暮らしは不便を補ってあまりある魅力をもたらすでしょう。移住してから後悔することなく快適に生活するには、不便な点を具体的に知っておき、備えておく必要があります。そのためには現地での移住体験も有効でしょう。

また、自身や家族の生活における優先順位を整理しておくことも重要です。例えば地方移住はしたいが都会の利便性は譲れないという人には、地方都市に住むという選択肢が現実的と言えます。入念な下調べと検討を欠かさず、計画的に移住準備を進めていくことで、理想の田舎暮らしに近づけるのではないでしょうか。

田舎暮らし情報については、以下でも多数紹介しています。
https://ijyu-sien.com/life/