田舎暮らしはデメリットしかない?地方移住のメリットデメリット

田舎暮らしはデメリットしかない?地方移住のメリットデメリット

田舎エリアは、のんびりとした暮らしを夢見る方に人気の移住地です。しかし、「自分は田舎暮らしに向いていなかった」「やっぱり移住前に暮らしていた場所に帰りたい」と感じる移住者が続出するのも現実です。
ここでは、地方移住のメリットとデメリットについて解説していきます。それぞれの特徴を理解し、自身が田舎暮らしに適しているか否かの判断材料にしてください。

田舎暮らしのメリット

田舎に暮らすことで、以下のようなメリットを得られます。

・自然の中でのびのびと過ごせる
・物価が安い

田舎暮らしは、ストレスの少ない生活を送りたい方に最適です。都市部のような気忙しさもなく、生活費を節約しやすいという特徴があります。では、各メリットについて詳しく見ていきましょう。

自然の中でのびのびと過ごせる

田舎に移住することで、大自然の中でストレスフリーな生活を満喫できます。田舎には、山、川、湖、海などの自然が溢れています。動植物とふれあいながら日常生活を送れるため、「自然と共存しながら暮らしたい」「都市部の窮屈な生活にストレスを感じている」という方に最適なライフスタイルです。

また、自然の多い田舎エリアには、都市部とは違った時間が流れています。人口の多い都市部で暮らす場合、忙しなさや狭苦しさを感じがちです。一方、雑多な生活と無縁の田舎暮らしなら、のびのびとした生活を送ることができます。スローライフを楽しめることから、マイペースな生き方を実現したい方におすすめです。

物価が安い

田舎暮らしのメリットに、物価の安さが挙げられます。田舎エリアは、住宅費や光熱水費などが安い傾向にあります。都市部よりも少ない生活費で暮らせることから、「生活費を節約して貯蓄を増やしたい」「子育て中でお金がかかるから生活費の安い場所に移住したい」という方におすすめです。また、田舎エリアでは、食材が安く販売されているケースもあります。

現地生産の農作物、酪農製品、魚介類などが低価格で取り引きされていることも多く、質の良い食材を安く入手することができます。都市部で暮らす場合、新鮮な食材を安く購入することは困難です。一方、現地生産の食材が豊富な田舎エリアであれば、食費を抑えながら良質な食材を手に入れられるというメリットがあります。日々の食費を浮かせられることから、大幅な生活費の節約に繋がります。

移住候補地を決める際は、現地の産業についてあらかじめ調べるよう心掛けましょう。自身が頻繁に消費する食材がある場合、現地生産している自治体に移住することで高い経済的メリットを得られます。物価の安さを最大限に利用し、出費の少ない移住生活を実現してください。

田舎暮らしのデメリット

のびのびとしたライフスタイルが魅力の田舎暮らしですが、デメリットについても理解するようにしましょう。以下は、田舎暮らしのデメリット2点です。

・給料が安い
・就職先が限られる

田舎暮らしをする際は、仕事に関する問題点をクリアすることが大切です。「こんなに仕事の選択肢が少ないとは思わなかった」「都市部に住んでいた頃の方が生活に余裕があった」と後悔しなくて済むように、事前にデメリットについて確認しておきましょう。では、各項目の詳細を説明していきます。 

給料が安い

一般的に、田舎エリアは都市部よりも給料が低くなっています。そのため、「田舎に移住することで経済的に余裕のある生活ができる」「田舎暮らしで生活費を節約できる」と考えている方は注意が必要です。人口減少が目立つ田舎エリアは、住宅費が都市部よりも安い傾向にあります。しかし、都市部よりも平均給与額が低いという点も忘れてはいけません。

都市部と同程度の収入を得られないケースも多々あるため、田舎暮らし=生活費が安いというわけではないことを理解しましょう。給料が大幅に減少した場合、経済的に余裕のない田舎暮らしになる可能性も考えられます。移住したことを後悔しなくて済むように、移住地の平均給与額を事前に調査することが大切です。

就職先が限られる

田舎暮らしをするデメリットに、就職先の少なさが挙げられます。都市部と比較した場合、田舎エリアは人口が少なめです。そのため、都市部のようにバラエティー豊富な雇用先がなく、仕事を選べないという特徴があります。希望の会社に就職できない、自身の経歴を活かせない職種で働く、転職したくても他の選択肢がないといった事態に陥る可能性も覚悟しておきましょう。収入源を確保することは、移住生活を継続するための必須事項です。

しかし、田舎暮らしを実行した移住者の中には、自身が希望する条件の雇用先に勤められないケースも多くなっています。収入源が不安定な状態では、快適な田舎暮らしを続けることはできません。長期的に田舎暮らしを行うためにも、自身が希望する就職先が移住候補地にあるか否かを確認することがポイントです。仕事に関するデメリットを払拭し、ライフワークバランスの取れた移住生活を実現してください。

田舎暮らしはデメリットしか感じられないという声の真実

田舎暮らしはデメリットしか感じられないという声の真実

田舎暮らしは、移住検討者にとって憧れのライフスタイルです。しかし、都市部から田舎エリアへ移住した人達の中には、「田舎に移住したのは失敗だった」「田舎暮らしなんてしなければ良かった」といった後悔の念を抱える層も多く存在しています。
田舎への移住を決行する前に、田舎暮らしの実態について理解を深めましょう。

以下は、移住することで実感する田舎暮らしのデメリットです。

・付き合いが多くプライベートがないと感じてしまう
・想像以上に不便だった
・思い描いていた生活を送れなかった

田舎暮らしは、理想と現実のギャップが大きいという特徴があります。移住後の生活をしっかりとイメージトレーニングし、自身と田舎暮らしの相性をよく考えてみましょう。
では、各項目について紹介していきます。

付き合いが多くプライベートがないと感じてしまう

田舎暮らしには、地域交流が多いという実態があります。
一般的に、田舎は都市部よりも近所付き合いが濃厚です。井戸端会議やおすそ分けの文化が根付いており、他人の噂話や詮索をする、インターフォンを鳴らさずに人の家に入る、勝手に物を置いて帰るといった行動を取る人が多くなっています。

移住先で良好な人間関係を築く場合、現地のやり方に適応する必要があります。
田舎独特の濃い近所付き合いを行わなければならないことから、「距離感が近すぎてプライベートを確保できない」「心が休まる暇がない」といったストレスを感じやすい点に注意しましょう。

また、田舎暮らしには、自身の時間を拘束されてしまうというデメリットがあります。
地域交流が盛んな田舎では、地域の会合、祭りの準備、ゴミ拾いや草むしりなどの地域貢献が頻繁に行われています。行事への参加は半強制的となっており、プライベートの時間を地域交流に捧げなければいけません。
常に地域の付き合いを優先させる必要があるため、窮屈な暮らしだと感じる移住者が多くなっています。

想像以上に不便だった

田舎暮らしがデメリットしかないと言われる理由に、利便性の悪さが挙げられます。
生活利便施設が揃っていないことも多く、市町村内にスーパーがない自治体も存在しています。
日常の買い物はもちろん、医療機関、飲食店、銀行、郵便局などの利用時も不便だということを覚えておきましょう。また、公共交通機関が充実していない自治体の場合、バスや電車の本数が1日に数本ということも有り得ます。
都市部のように便利な生活を送れない可能性が高く、「通勤や通学がしにくくて不便」「バスの待ち時間が長くて時間がもったいない」と感じがちです。
非効率的な暮らしを強いられるため、長期化することでストレスを感じやすい傾向にあります。

思い描いていた生活を送れなかった

田舎暮らしを体験した移住者の中には、理想通りの生活を送れないと感じる層が多く存在しています。
田舎での生活に憧れを抱いている場合、メリットにばかり目が行きがちです。
自然の中で暮らせる、生活費を抑えられる、自給自足の生活を楽しめるなど、田舎暮らしで得られるメリットはさまざまです。

しかし、メリットがあると同時に、デメリットがあることも忘れないようにしましょう。
田舎暮らしには、ネットや口コミの情報では分からない問題点が潜んでいます。
利便性、就職先、給料、人間関係などで暮らしにくさを感じることも多く、思い描いていた理想の田舎暮らしと程遠い生活に陥りやすくなっています。

デメリットを十分に理解しないまま田舎へ移住した場合、田舎暮らしの実態にショックを受ける可能性が高いことを覚えておきましょう。
理想と現実の差を感じやすくなっているため、「もっとよく考えてから田舎移住すればよかった」「わざわざ移住したのに満足度の低い生活を送っている」と後悔する移住者が後を絶ちません。

デメリットしか感じられない田舎暮らしへの移住で失敗しないために

デメリットしか感じられない田舎暮らしへの移住で失敗しないために

田舎暮らしには、デメリットが多いという特徴があります。快適かつ充実度の高い田舎暮らしを実現したい方は、ポイントを抑えて移住準備を行いましょう。
田舎エリアへの移住で失敗を防ぐポイントは、以下のようになっています。

・移住したい地域に訪問して下見をする
・移住体験やお試し移住をする
・段階を踏んで都心部からある程度の距離のところ住んでみる
・移住支援制度がある自治体を選ぶ

田舎暮らしを始めるにあたって、徹底した事前準備を行うことが成功の秘訣です。デメリットを払拭するためにも、自身が長期的に楽しく暮らせる移住地を見つけましょう。
では、各項目を詳しくチェックしていきます。

移住したい地域に訪問して下見をする

田舎暮らしを始める際は、移住地の事前訪問を行いましょう。
移住候補地が決まったら、現地の下見をすることが大切です。
実際に移住候補地を訪れることで、狭い道が多い、急な坂が多い、風が強いなど、地図やネットでは分からない情報を得ることができます。下見をする際は、希望する居住エリアをある程度絞っておくことがポイントです。

周辺の治安や地形を見るのはもちろん、生活圏の利便性についてもチェックするよう心掛けましょう。
最寄り駅、病院、学校、銀行、商店街やショッピングセンターといった買い物できるエリアを事前にピックアップすることで、居住エリアからの距離や移動方法について現地で再確認することができます。

「駅まで近いと思っていたら坂が多くて移動がつらい」「道が狭いからショッピングセンターまで行くのに迂回して運転しないといけない」など、現地訪問で気づくことは多々あります。
暮らしやすい移住地を見極めるためにも、下見は必ず行うようにしましょう。

移住体験やお試し移住をする

田舎暮らしを失敗に終わらせないためにも、事前に移住体験やお試し移住をすることが大切です。
移住支援に積極的な自治体の中には、移住検討者用のお試し住宅を保有しているエリアも存在しています。
無料、もしくは格安料金で利用できる仕組みになっており、現地の生活を一定期間に渡って体験することができます。

移住地との相性は、実生活を送ってみなければ分かりません。
「旅行で訪れたことがあって居心地が良かった」「口コミで人気の移住地だった」といった理由で移住を決行しても、自身にとって暮らしにくい場所だったということは多々あります。自分自身が長く快適に暮らせる移住地を見つけるためにも、移住前に現地での生活を体験してみましょう。

移住体験を行うことで、現地の気候、物価、自然環境、交通アクセス、買い物の利便性、人間関係などを知ることができます。
自身にとっての優先順位をリスト化し、より相性の良い移住地を見極めることがポイントです。
暮らしにくさを感じる場所に移住しても、長期的に暮らすことは難しくなっています。理想の田舎暮らしを叶えるためにも、移住前の準備を徹底するよう心掛けましょう。

段階を踏んで都心部からある程度の距離のところ住んでみる

田舎エリアへの移住を検討している方は、段階を踏むことがポイントです。
都市部から田舎へ移住した場合、大きな環境の変化を感じることになります。
利便性の悪さ、田舎独特の人間関係、就業先や給料に関する不満など、さまざまなデメリットに目が行きがちです。環境の変化に対する不満を減らすためにも、まずは都市部に近い場所へ移住してみましょう。
都市部から程近い場所に移住した場合、カルチャーショックや理想と現実のギャップを感じにくいというメリットがあります。段階的に田舎エリアへの移住を進めていき、田舎暮らしに適応しやすい状態を作ることが大切です。

移住支援制度がある自治体を選ぶ

田舎暮らしで失敗しないためにも、移住支援制度の活用を検討してみましょう。
人口の過疎化が目立つ自治体では、多彩な移住支援を実施しています。移住地を絞り込む前に、移住支援制度の詳細について確認するのがおすすめです。
ここでは、以下3つの自治体について紹介していきます。

・千葉県南房総市
・滋賀県高島市
・岡山県赤磐市

移住相談、空き家バンク、お試し移住制度、移住支援金の支給、住宅に関する補助金など、自治体ごとに異なる移住支援制度が設けられています。自治体が独自で行うユニークな制度もあり、活用することでさまざまなメリットを得ることができます。
では、各自治体の詳細についてチェックしていきましょう。

千葉県南房総市

南房総市は、千葉県の最南端に位置しています。海岸沿いの一部は「南房総国定公園」に指定されており、海辺での田舎暮らしを楽しみたい方に最適な移住地です。

南房総国定公園

また、ビワや温州ミカンをはじめとする農業や、漁業が盛んな地域としても知られており、鮮度の高い良質な食材が手に入れられるエリアとなっています。自然の多い南房総市は、暮らしやすさもポイントです。

学校、学習塾、図書館などをはじめとする教育機関のほか、病院、郵便局、銀行といった生活利便施設も充実しています。便利さを兼ね備えていることから、単身世帯、子育て世帯、シニア世代まで、幅広い層にとって快適に暮らすことができます。東京までは車で1時間20分ほどとなっており、都会へのアクセスの良さも魅力です。

移住相談
南房総市では、オンライン、電話、メールでの移住相談を実施しています。「地域おこし協力隊」が相談窓口を担当しており、移住に関するさまざまな疑問を解決します。対応時間は平日の10時~17時となっており、1度につき1時間の相談時間です。

空き家バンク
南房総市では、移住者向けに空き家バンクを設けています。南房総市と「南房総市空き家バンク協議会」が協定を結んでおり、空き家所有者と空き家の取得希望者を繋ぐ役割を果たしています。

トライアルステイ
南房総市への移住検討者を対象に、お試し移住ができる宿泊施設を提供しています。自然環境の良い一軒家、海岸沿いのリノベーションハウス、里山の古民家など、異なる3種類の住宅スタイルから選択可能です。宿泊期間は2泊3日~5泊6日で、各住居には掃除機、冷蔵庫、電子レンジなどが揃っています。宿泊料は無料ですが、交通費や食費は利用者の自己負担です。

UIJターンによる起業・就業者創出事業移住支援金
東京圏から南房総市へ移住した世帯に対して、移住支援金を支給する制度です。移住、就職、テレワーク、起業などの条件が設けられており、条件を満たすことで支援金の受給対象となります。単身世帯で60万円、2人以上の世帯では100万円が支給される仕組みになっています。

南房総市新たな仕事と雇用創出支援事業補助金
南房総市内で起業、市内進出、新分野参入などを行う場合、補助金が支給されます。起業補助額は最大100万円で、南房総市を含む安房郡市外から移住する子育て世帯はプラス50万円です。市内進出では、3名以下の従業員を雇用している場合で最大100万円、3名以上で最大200万円が支給されます。新分野参入、ワーケーション、事業高度化などの支援事業では、最大100万円の補助金額となっています。

南房総市では、さまざまなジャンルの住居でお試し移住生活を楽しめます。海のイメージが強い南房総市ですが、里山の古民家で田舎暮らしを体験できる点も特徴です。
自身にとって住み心地の良い環境を見極めやすく、失敗のない移住生活を送ることに繋がります。

また、南房総市が実施する支援制度は、起業や事業進出を試みる移住者にも最適です。移住地でビジネスを始めたい方は、雇用創出の支援が充実している南房総市を移住候補地に加えてみてはいかがでしょう?
尚、南房総市の移住支援制度の詳細は、以下からチェックすることができます。
https://ijyu-sien.com/p/minamiboso-city/

滋賀県高島市

滋賀県高島市は、県内最大面積の自治体です。
ラムサール条約に登録されている「琵琶湖」がある高島市ですが、市内の72%は森林となっています。住むエリアによって湖、丘陵、山といった異なる自然環境を味わえることから、自身が理想とする田舎暮らしを実現できます。

琵琶湖

また、高島市は、福祉や教育に力を入れている自治体です。病院、養護老人ホーム、訪問介護施設、学校、教育支援センターなどがあり、家族で移住を検討している方にもおすすめです。
地域のコミュニティ活動も盛んなことから、「自分に合うコミュニティで友達作りを楽しみたい」「移住後の人間関係が心配」という方でも安心して暮らすことができます。
以下は、高島市が実施している移住支援制度の詳細です。

相談窓口
高島市役所では、定住相談窓口を開設しています。現地の情報を得られるのはもちろん、就労や理想の暮らしについて相談できるという特徴があります。希望者には移住体験者との交流もセッティングしており、移住体験者の生の声を聞ける点もポイントです。相談時間は平日の9時~17時で、問い合わせは電話かメールとなります。

Handbook
高島市では、移住検討者向けのハンドブックを発行しています。移住のステップについて解説しており、高島市への移住を考えている方に有益な情報を提供しています。高島市が実施する子育て支援、住まい、就労、自然環境、暮らし、行事など、さまざまな情報を一度にチェックできるハンドブックです。

お試し住宅
高島市は、市内の木造住宅をお試し住宅として提供しています。家具家電や駐車場付きとなっており、家賃は月2万円です。最長で3か月まで滞在できる仕組みとなっているので、長期で田舎暮らしを体験したい方におすすめです。ただし、お試し住宅は、家族連れでの利用が必須条件となります。

空き家紹介システム
高島市では、空き家の所有者と貸借・購入希望者をマッチングする空き家紹介システムを設けています。空き家の情報収集、移住相談、申し込み、見学などを全て担うシステムとなっており、移住先でスムーズに空き家を取得することができます。

定住住宅リフォーム補助
高島市への移住者を対象に、住宅リフォームへの補助を行っています。補助額はリフォームにかかった経費の4分の1以内で、上限は50万円です。尚、補助を受けられる条件には、リフォームの請負業者が市内業者であること、リフォーム工事の総額が50万円以上であること、高島市への転入後3年を経過していないこと、工事の着工前に補助金の申請を済ませることなどが含まれます。

高島市は、長期でお試し移住したい方に最適な移住地です。
移住前に田舎暮らしを体験できることから、理想と現実の差を埋めやすいという特徴があります。
また、住宅のリフォームに関する支援制度も整っており、快適な住居づくりができる点もポイントです。住宅にかかる経費を節約できることから、経済的負担の軽減が実現します。
高島市の移住支援制度が気になる方は、以下のリンクから確認してみましょう。
https://ijyu-sien.com/p/takashima-city/

岡山県赤磐市

岡山県赤磐市は、人口4万2,000人ほどの自治体です。
山や河川が多い自然豊かなエリアで、年間を通して温暖な気候となっている点もポイントです。また、市内にはJR西日本・山陽本線の「熊山駅」があります。

熊山駅

県庁所在地の岡山駅までは乗り換えなしで25分程度となっており、通勤や通学に便利な立地です。山陽自動車道山陽IC、美作岡山道路熊山IC、吉井ICもあるため、周辺エリアへのお出掛けがしやすい移住地となっています。

以下は、赤磐市が実施している移住者向けの支援制度です。

移住相談
赤磐市では、移住コンシェルジュ、オンライン、対面や電話による移住相談を実施しています。赤磐市への移住・定住経験を持つ移住コンシェルジュに相談することで、より具体的に移住準備を進めることができます。オンライン相談は、月・火・木・金の週4回の対応が可能です。一度の相談時間は30分で、遠方に住んでいる移住検討者も利用しやすい仕組みになっています。

お試し移住
赤磐市では、移住検討者向けにお試し移住用の住居を提供しています。大自然の中の古民家や街から程近い立地の住宅街など、さまざまな立地を希望できる点がポイントです。短期から長期まで利用可能となっているため、移住地の特徴をしっかりと確かめることができます。

移住就業支援事業
東京圏から赤磐市へ移住した場合、移住支援金の受給対象となります。受給条件には、移住前の住所や居住年数、赤磐市へ移住した後の継続居住年数、就業、世帯構成に関するものが含まれます。支給額は、単身世帯で60万円、2人以上の世帯で100万円です。

空き家バンク
赤磐市内の空き家情報を、空き家バンクのホームページから確認できます。所在地、物件詳細、写真が閲覧可能となっており、見学希望の場合は取り扱い不動産業者に連絡する仕組みです。

空き家改修費補助金
空き家バンクを活用して住宅を取得した移住者に対し、改修費用の補助を行う制度です。台所、トイレ、浴室、屋根、冷暖房設備、雨どい、壁など、住居に関する幅広い改修工事が対象となります。補助額は、改修費用にかかった経費の2分の1までで、上限100万円です。尚、補助対象者となるには、申請前の3年間にわたって岡山県外に居住していることや、補修工事後の住宅に3年間暮らすことなどの条件を満たす必要があります。

赤磐市結婚祝金
夫か妻が赤磐市外からの移住者で、赤磐市主催の婚活イベントをきっかけに結婚した夫婦に対し、結婚祝金を支給する制度です。赤磐市内で2年間の結婚生活を継続することなどが条件となっており、祝金の金額は20万円です。

赤磐市は、移住支援に力を入れている自治体です。
移住前から移住後まで多種多様な移住支援制度を設けており、経済的メリットを感じられる点も特徴です。充実した移住支援を活用しながら田舎暮らしを始めたい方は、赤磐市への移住を検討してみてはいかがでしょう?
赤磐市が実施している移住支援制度は、以下のリンクから確認できます。
https://ijyu-sien.com/p/akaiwa-city/

まとめ

まとめ

田舎暮らしは、都市部で暮らす移住検討者に人気のライフスタイルです。
しかし、田舎への移住を後悔している層が多いことも忘れないようにしましょう。

独特の人間関係や利便性の悪さが目立つ田舎暮らしには、理想と現実のギャップを感じやすいという特徴があります。
「思い描いていた田舎暮らしと違う」と後悔しないためにも、事前に田舎で生活するデメリットを調査することが大切です。
田舎暮らしの体験や段階的な移住を通して、自身が長く暮らせるライフスタイルかどうかを見極めましょう。