田舎暮らしで格安物件を手に入れる方法

格安物件に住むことで、経済的に田舎生活を楽しむことができます。以下は、田舎で格安物件を入手する主な方法です。

・移住先の自治体に相談する
・移住先の空き家のオーナーに話をする
・空き家バンクを活用する

移住地によっては、多種多様な方法で格安物件を探すことができます。情報収集を徹底し、理想の格安物件をゲットしましょう。それでは、各項目について解説していきます。

移住先の自治体に相談する

格安物件で田舎暮らしをしたい方は、移住先の自治体に問い合わせるのがおすすめです。自治体は、市町村内の情報を常にアップデートしています。格安物件に関する最新の情報を得られるので、効率良く物件を探したい方に最適な方法です。また、自治体によっては、移住検討者向けの相談窓口を設けているケースもあります。自身の希望条件を基に具体的なアドバイスをもらえるので、スムーズに格安物件を見つけることができます。

移住先の空き家のオーナーに話をする

購入したい格安物件の候補を絞っている場合、空き家のオーナーと交渉することが可能です。価格、間取り、立地、築年数などの条件を再度確認し、物件の見学予約を入れましょう。事前に気に入った物件を決めていても、「下見してみたらイメージと違った」「写真よりも古めかしい雰囲気の家だった」といった理由で購入を見送るケースは多々あります。オーナーと直接話をする際は、他にも所有している格安物件があるか否かを確認してください。

複数の格安物件を所有している場合は、できるだけ多くの物件を見せてもらえるように事前交渉するのがポイントです。複数の物件を視野に入れて探せるので、お気に入りの一軒を見つけやすくなっています。

空き家バンクを活用する

格安物件を見つける方法に、空き家バンクの活用が挙げられます。空き家バンクとは、自治体が主体となって運営している空き家活用システムです。移住地で空き家となっている住宅を有効活用するために作られた制度で、希望者は空き家を貸借・購入することができます。特に移住支援に力を入れている自治体では、多彩な種類の空き家物件を取り揃えています。物件はホームページからチェックできる仕組みになっており、価格、間取り、築年数、周辺施設などの情報も閲覧可能です。

現地に足を運ぶことなく物件の詳細を確認できるので、遠方に住む移住検討者でも使いやすいというメリットがあります。自治体が運営する空き家バンクは、営利目的ではありません。あくまで空き家の所有者と取得希望者を繋ぐことを目的としており、仲介手数料なども発生しない仕組みになっています。不動産業者を利用するよりも安く空き家を購入できるので、移住にかかる経費を最小限に抑えたい方に最適です。

また、自治体によっては、空き家バンクで物件を取得した移住者に対して補助金の支給を行っています。補助される対象は自治体によって異なり、取得費用、リフォーム費用、改修費用などさまざまです。住宅取得にかかる経費を大幅に下げることができるので、事前に支援内容を確認しておくのがポイントです。

田舎暮らしで格安物件を選ぶ際の注意点

田舎エリアでは、さまざまな格安物件を見つけることができます。しかし、物件の安さのみを優先した場合、後々トラブルに繋がる恐れもあることを覚えておきましょう。田舎暮らしで格安物件を購入する際は、以下の3点に注意してください。

・格安物件を購入してもリフォームやメンテナンスにお金がかかる
・固定資産税がかかる
・何か訳ありの可能性がある

住宅は、購入して終了ではありません。購入後にリフォーム・メンテナンスが必要になるケースがあるほか、固定資産税の支払い義務も発生します。また、低価格帯の物件には、何か事情が隠されている可能性があることも忘れないようにしましょう。それでは、詳細についてチェックしていきます。

格安物件を購入してもリフォームやメンテナンスにお金がかかる

田舎エリアで格安物件を購入する際は、リフォームや維持費などにかかる経費を考慮することが大切です。築年数の古い空き家は、格安料金で販売されているのが一般的です。しかし、キッチンやトイレを含む水回りの汚れ、床材や外壁の劣化、雨漏り、白アリ被害など、さまざまな問題を抱えているケースも多くなっています。地域によっては断熱リフォームや二重窓の設置が必要になる場合もあり、リフォーム費用が高額になるという問題に直面しがちです。

せっかく格安で物件を購入しても、リフォーム出費がかさんでしまっては意味がありません。格安物件を購入する際は、購入後にリフォームすべき点をリストアップするのがおすすめです。リフォームにかかる経費を事前に割り出せるので、最終的な出費を明確にすることができます。また、築年数の新しい空き家を入手する際は、メンテナンスにかかる費用を確認するように心掛けてください。

移住先の気候や住宅の立地によっては、カビ、塩害、腐食などの被害を受けやすい場合もあります。数年単位でメンテナンス作業が必須となるケースもあり、維持費が高額になりがちです。購入費が格安であっても、リフォームやメンテナンスにお金がかかる物件は多く存在しています。購入した後のことまで踏まえて、長期的な視点で安く住める住宅を選ぶようにしましょう。

固定資産税がかかる

一戸建て住宅を購入する場合、固定資産税を支払う義務が発生する点に注意しましょう。住宅にかかる固定資産税は、状況や条件によって異なります。立地、築年数、地価、建築素材などが基準となるものの、3,000万円程度の住宅で月々1万円の固定資産税額が相場です。格安物件を取得する際は、固定資産税額を事前に計算するのがおすすめです。固定資産評価額×税率で計算できる仕組みになっているので、購入後の固定資産税額を確認してみましょう。

住宅を所有するということは、固定資産税額を支払い続ける必要があるということです。固定資産税額が高額な場合、結果的に住宅費が高くなってしまいます。長期的なスパンで支払い続ける必要があるので、固定資産税額を踏まえて物件購入を行いましょう。

何か訳ありの可能性がある

格安物件を選ぶ際は、訳あり物件に注意してください。格安で販売されている住宅は、立地や築年数などのデメリットを抱えているのが一般的です。そのため、好立地・好条件にもかかわらず価格が安い住宅は、訳あり物件である可能性が高くなっています。訳あり物件とは、以前に事故、事件、火事といった問題が発生した住宅のことを指します。

そのほかにも、違法建築の住宅であったり、再建築不可であったりと、訳あり物件の事情はさまざまです。後悔を未然に防ぐためにも、格安で販売されている理由を明らかにしてから購入に踏み切りましょう。尚、訳あり物件の場合、契約書に「告知事項あり」と記載されている傾向にあります。詳細を事前にしっかりと確認し、納得のいく格安物件を見つけてくださいね。

移住支援を活用して格安物件を探そう!

移住支援の内容は、自治体によって異なります。田舎エリアで格安物件を入手したい方は、空き家バンクと関連した移住支援制度を持つ自治体を選ぶのがおすすめです。ここでは、以下の5つの自治体について紹介していきます。

・青森県十和田市
・山梨県甲州市
・奈良県天川村
・広島県坂町
・福岡県糸島市

自治体の支援を受けることで、効率良く格安物件を手に入れることができます。補助金の支給といった経済的支援もあるため、快適な田舎暮らしを楽しみたい方にピッタリです。では、各自治体の詳細を見ていきましょう。

青森県十和田市

青森県十和田市は、人口6万人ほどの自治体です。市内には八甲田山、奥入瀬渓谷、十和田湖があり、自然の美しさを感じられる移住地となっています。自然環境の良さが魅力の十和田市ですが、店が多く集まる地域としても知られています。大手スーパー、ドラッグストア、ホームセンター、家電量販店、100円ショップなどが数多く出店しており、日常の買い物で困ることはありません。

病院、郵便局、銀行もあるので、利便性の良い環境で田舎暮らしを楽しみたい方に最適です。十和田市の空き家バンクは、宅建業者と提携しています。物件は空き家バンクのホームページに掲載されており、写真、地図、価格、担当業者に関する詳細が閲覧可能です。高速道路へのアクセス、畑の有無、交通量に関する情報なども記載されているので、自身に合う格安物件を探しやすいというメリットがあります。

また、十和田市は、空き家バンクとセットで活用できる支援制度が充実している自治体です。空き家バンクを利用して物件を購入した場合、「十和田市空き家バンク利用促進奨励金」を受給することができます。5万円の奨励金を得られるので、物件購入にかかる経費を極力抑えたい方におすすめです。

さらに、「十和田市移住・定住住宅取得等支援事業」の一環として、住宅購入費に関する補助を実施しています。中古で物件を購入した場合、購入にかかった経費の2分の1が補助される仕組みになっています。補助額の上限は、若年者世帯、若年夫婦世帯、子育て世帯で50万円、その他の世帯で30万円です。尚、補助金の受給者になるには、十和田市が定める条件をクリアする必要があります。格安物件をより安く購入したい方は、十和田市の移住支援制度について確認してみましょう。

山梨県甲州市

甲州市は、山梨県の北東部に位置しています。富士山はもちろん、南アルプスや甲府盆地も眺められる立地となっており、自然の豊かさを感じながら暮らしたい方におすすめです。ブドウをはじめとする果樹園やワイナリーが多いことから、休日にはフルーツ狩りやワイナリー見学を楽しめます。また、武田信玄ゆかりの地でもある甲州市は、「恵林寺」や「景徳院」などの神社仏閣が集まる自治体です。歴史的建造物を身近に感じられる環境となっているため、文化の香りに満たされた移住生活を送ることができます。

甲州市は、交通の利便性が良い点もポイントです。市内には中央自動車道勝沼IC、国道20号線、国道140号線、国道411号線が通っており、県庁所在地の甲府市までは車で30分弱の所要時間です。都市部にアクセスしやすい立地なので、通勤や通学の選択範囲を広げることができます。尚、甲州市が実施している空き家バンクは、塩山エリア、勝沼エリア、大和エリアの3つに分類されています。空き家物件の情報は随時ホームページに更新されており、価格帯もさまざまです。

格安物件で田舎暮らしをしたい方は、定期的にホームページを確認するようにしましょう。甲州市では、移住相談窓口を開設しています。オンライン相談にも対応しており、「忙しくて現地まで相談しに行く時間がない」「遠方なのでまずは格安物件の情報収集だけしたい」という移住検討者も安心です。農業をはじめたい方のための支援も充実しているので、移住を機に農業へキャリアチェンジしたい方に最適な自治体です。

奈良県天川村

奈良県天川村は、紀伊半島に位置する自治体です。人口は1,500人程度で、現地住民と交流しながら田舎暮らしを楽しめる移住地となっています。天川村は、村の約25%が「吉野熊野国立公園」に指定されています。河川、渓谷、山岳に囲まれた立地にあるので、「大自然の中で穏やかに暮らしたい」「自然と共存できる本格的な田舎暮らしをしたい」という方におすすめです。

天川村が運営する空き家バンクは、NPO法人の空き家コンシェルジュに事業を委託しています。物件情報はオンラインでチェックできる仕様になっており、「温泉に近い」「高台にある」「DIY向きの住宅」などの詳細が記載されているのもポイントです。畑付きの格安物件も取り扱っているので、自給自足の移住生活を行いたい方にも最適です。自然と調和した田舎暮らしを実現したい移住検討者は、天川村への移住を検討してみてはいかがでしょう?

広島県坂町

広島県坂町は、暮らしやすさが魅力の自治体です。市街地に近い立地となっており、広島駅までは電車で約15分、車では約25分の所要時間です。交通の利便性が優れていることから、田舎過ぎない田舎暮らしを楽しむことができます。本格的な田舎暮らしをする場合、買い物する場所がない、就労先が遠いといったデメリットに直面しがちです。しかし、広島駅から程近い立地の坂町であれば、買い物の際に不便さを感じることもありません。通勤時間の短縮にも繋がるので、「都市部に近いエリアで田舎暮らしを楽しみたい」「ライフワークバランスの取れた移住生活を送りたい」という方におすすめの移住地です。坂町は、子育てのしやすさもポイントです。「横浜公園」「さか・なぎさ公園」「平成ヶ浜中央公園」をはじめとする公園が多く、子どもが遊べる場所が充実しています。

また、認定こども園、保育園、学童を対象とした児童会なども設置されており、待機児童のいない自治体という点も特徴です。子どもを預けやすい環境が整っていることから、移住後すぐに働きたい世帯に最適です。尚、坂町が運営する空き家バンクは、物件を検索しやすい仕様になっています。売買価格や間取りで検索できるのはもちろん、小学校区を指定することも可能です。都市近郊で田舎暮らしに挑戦したい子育て世帯は、坂町の空き家バンクを使って理想の格安物件を見つけましょう。

福岡県糸島市

福岡県糸島市は、自然環境の良さと都市部の利便性を兼ね備えた自治体です。北部と西部は広大な玄界灘に面しており、南側には脊振山地があります。海と山の両方に囲まれた自然豊かなエリアですが、東側に面しているのは県庁所在地の福岡市です。糸島市から福岡市までの所要時間は30分強となっており、都市部へアクセスしやすい好立地が特徴です。

また、「深江海水浴場」や「フォレストアドベンチャー・糸島」をはじめとする観光スポットも多く、移住後も充実度の高い生活を送ることができます。漁業が盛んな地域であることから、質の良い海産物を楽しめる自治体という点もポイントです。糸島市が管理する空き家バンクのホームページには、主に前原地区、志摩地区、二丈地区の3エリアの物件が掲載されています。物件の間取り、設備、土地面積などを写真付きで閲覧できる仕様になっており、格安物件を比較しやすい点もポイントです。

尚、空き家バンクを活用して物件を取得した場合、「空き家活用推進補助金」の受給対象となります。相続登記や家財撤去にかかった経費の2分の1が補助される仕組みで、相続登記の上限は5万円、家財等撤去の上限は15万円です。空き家バンクを活用することで、格安物件を効率的に探せるのはもちろん、補助金による経済的恩恵を受けることができます。できるだけ安く住める移住先を検討している方は、糸島市の支援内容をチェックしてみましょう。

まとめ

格安物件を購入することで、移住にかかる経費を節約することができます。自分自身と相性の良い物件を効率良く見つけるためにも、移住地の自治体、空き家のオーナー、空き家バンクを利用してみましょう。また、経済的メリットが大きいイメージの格安物件ですが、デメリットについても考慮することも大切です。物件の状態によってはリフォームやメンテナンス費用がかかるケースもあり、固定資産税などの支払いも忘れてはいけません。訳ありで格安価格になっている場合も考えられるので、十分に事前調査を行うよう心掛けましょう。自身が理想とする物件を手に入れて、満足度の高い田舎暮らしを実現してくださいね。