山梨県中央市に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: Apr 15, 2021

山梨県中央市に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

山梨県中央市へ引っ越しや転勤、移住を考えている人は必見!中央市の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセス、移住支援制度を調査しました。中央市に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

山梨県中央市ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口31,073人(2021年2月1日現在)
自治体HP中央市HP

山梨県中央市はその名の通り山梨県の中央南部に位置する、いわゆる平成の大合併で誕生した新しい市です。富士山・南アルプス・八ヶ岳などの山々に囲まれ、笛吹川を境に沖積平野と山間部に分かれます。盆地に特有の昼夜・夏冬とも気温差の大きい内陸性気候ですが、降雪はほとんどありません。

のどかな自然の一方で、工業団地が発展し、大学病院や大型ショッピングモールなど都市機能も充実してきました。JR東海の見延線が通り、東花輪駅から甲府駅までは30分もかからず、特急なら約12分で着きます。

新宿行きの高速バスが運行されており、所要時間はおよそ150分です。また隣接する甲府市大津町に設置予定のリニア新駅まで約5kmと極めて近いことも交通上の大きな利点でしょう。

リニア山梨県駅からは、品川へ25分、名古屋へ40分など、大都市圏とのアクセスが大きく向上することが見込まれています。また地元の保育園では年間を通じて農業体験をしたり、小中学校では地元食材を使った給食レシピづくりに取り組んだりと、この土地ならではの教育環境があります。

山梨県中央市の移住支援制度

山梨県中央市の移住支援制度

山梨県中央市では移住定住支援として、若者世帯の住宅取得に対する奨励金や、空き家バンク制度が設けられています。

中央市若者世帯定住奨励金

市内に住宅を新築または建売住宅を購入する、若い世帯向けの奨励金です。夫婦いずれも40歳未満の世帯または、世帯主が40歳未満で中学3年生以下の子どもと同居するひとり親家庭が対象です。

金額は25万円で、過去3年間市内に住んでいなかった申請者はさらに25万円が加算されます。またこの定住奨励金の交付対象者は、住宅ローンに特別金利が適用される「フラット35子育て支援型・地域活性化型」を利用することができます。 https://www.city.chuo.yamanashi.jp/attention/6316.html

中央市空き家バンク

空き家の売却や賃貸を希望する所有者から物件情報の提供を受け、移住・定住や二拠点生活のために物件を利用したい人に情報提供する制度です。市と協定を結んだ宅地建物取引業協会に仲介を頼めるので、交渉や契約も安心して行えますね。

また空き家バンク登録物件は、改修工事や家財処分について費用補助が出る「空き家バンク物件リフォーム等補助金」制度を利用できます。金額はリフォーム工事・家財処分とも費用の1/2以内で、上限はそれぞれ20万円、5万円です。 https://www.city.chuo.yamanashi.jp/purposemenu/juutaku/1535.html

山梨県中央市の観光情報

山梨県中央市の観光情報

中央市には、地元の新鮮な野菜や果物を満喫できるお出かけスポットが数多くあります。広い公園も多く、子どもがのびのびと身体を動かせる場所にも事欠きません。

道の駅とよとみ

新鮮な農産品が豊富に売られ、開店前から行列ができることもある人気の道の駅です。特に特産品のとうもろこしを目当てに来るお客さんが多く、旬の果物や野菜を取り入れたソフトクリームも人気です。また生花が安く手に入る点や、手作りのハム商品についても高い評価の声が聞かれました。

レストランでは山梨県名産の「フジザクラポーク」など地元食材を使った料理が味わえます。

四季新鮮収穫広場「た・から」

地元の新鮮な農産物が手に入るもうひとつの場所が、四季新鮮収穫広場「た・から」農産物直売所です。田富地域名産の農薬をほとんど使わないトマトをはじめ、朝採れの新鮮野菜や手作りの加工品を生産者から直接手に入れることができます。野菜の詰め放題やバザーなどのイベントが行われることもあります。

いちご狩り

いちご狩り

フルーツ王国といわれる山梨県。中央市でも、「グルメいちご館前田」や「深海ファーム」で、いちご狩りが楽しめます。紅ほっぺやホワイトベリーといった有名な品種をはじめ、時期によってさまざまな種類のいちごを味わうことができます。

公園

「シルクの里公園」は個性的な遊具が並ぶ公園で、繭をかたどったドーム型のトランポリンや、大型のハンモックのような遊具が大人気です。広い芝生もあり、思い切り身体を動かして遊べるでしょう。併設する温泉施設「シルクふれんどりぃ」では、高アルカリの硫酸温泉が楽しめるほか、繭・紬・陶芸などの工芸体験や、郷土料理の食事もできます。

「玉穂ふるさとふれあい広場」は広い芝生や丘、遊歩道などがありピクニックにもピッタリです。グラウンドやテニスコートなどもあり、近くの図書館とあわせて、さまざまな世代の人が楽しめるでしょう。

「田富ふるさと公園」はコンパクトな敷地に高低差のある大型遊具が複数置かれ、堤防沿いの自然観察路で野鳥や水生生物の観察も行える親しみやすい公園です。

山の神千本桜

標高約934mの「たいら山」頂上付近におかれた山之神社の参道沿いに、「山の神千本桜」と呼ばれる約2.4kmにおよぶ桜並木があります。麓の参道入口から山頂の神社へと、見事な桜を楽しみに大勢の人が訪れます。

参道ではありますが、舗装されていない本格的な登山道なので、トレッキングの用意が必要です。山頂からは八ヶ岳や南アルプスの山々の絶景をのぞむことができます。

まとめ

美しい山々に囲まれた自然環境と、工業団地として発展し商業・医療施設などが整った都市環境を併せ持つ中央市。周辺都市や首都圏へのアクセスがよく、リニア開通によってさらにその利便性が高まることが期待されています。

「実り豊かな生活文化都市」を目指す町づくりからは、住みよさを向上していこうという取り組みが窺えます。潤い豊かな土壌とメリハリのある気候が生み出す果物や野菜も見逃せない魅力ですね。