千葉県ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口推定人口、6,278,000人 (2019年6月1日)
千葉県HP千葉県HP

千葉県は、地域ごとに多様な特色を持っており、農業・漁業・工業・商業とバランスの取れた産業構造です。東京にも近い千葉県の、まずは、特徴や魅力について知っておきましょう。

千葉県の特徴や歴史

県内には100万規模の人口を有する政令指定都市の千葉市を筆頭に、中核市最大の人口約64万人の船橋市、50万都市の市川市・松戸市、40万都市の柏市、30万都市の市原市、20万都市の流山市、八千代市と中核市同等の人口を持つ自治体が多数存在しています。

また、平地の割合が大きく、可住地面積が広いことからも古くから住宅地開発が進んでおり、特に総武本線・常磐線や京成線沿線に位置する都市は繁華街も多く、駅周辺の人口増加が著しい傾向にあります。

中心業務地区の幕張新都心、アジア地域有数の国際見本市会場である幕張メッセ、国際線旅客数・就航都市数・貿易額で日本一の成田国際空港、日本三大港湾である東京港湾の一角を担う千葉港、水揚げ量日本一で日本三大漁港の銚子漁港、集客施設来場者数日本一のディズニーリゾート、京葉工業地帯(浦安市から富津市)、柏の葉地域(柏市)には東京大学・千葉大学(柏キャンパス)を中心とした公・民・学連携の新産業創造都市(柏の葉スマートシティ)など、さまざまな産業構造をなしています。

高速道路や新幹線、空港へのアクセスの良さ

東京駅までは、JRを利用すると船橋駅から快速で約25分、千葉駅からは快速で約40分、木更津駅から特急で約1時間、勝浦から特急で約1時間30分というアクセスの良さです。また、高速バス便も多数あり、成田空港から東京駅は約1時間15分、銚子駅からは約2時間30分で着くことができます。ほかにも東京湾アクアラインやフェリーを利用して、東京や神奈川県に行くルートもあります。

その他の情報

千葉県は、首都圏の東側に位置し、太平洋に突き出た半島になっています。地形は、200~300メートル級の山々が続く房総丘陵を除き、ほぼ平坦です。三方を海に囲まれた千葉県は、冬暖かく夏涼しい、海洋性の温暖な気候です。特に南房総沿岸は、沖合を流れる黒潮の影響を受け、冬でもほとんど霜が降りません。降水量は、夏季に多く、冬季は少ない気候です。美しい海岸や里山、公園や温泉など自然がいっぱいです。

千葉県の移住支援・就業支援制度

千葉県の移住支援・就業支援制度

続いて、千葉県にはどのような移住支援・就業支援制度があるのか見てみましょう。千葉県内の各地域の特長や移住定住支援者(団体)の声をまとめたパンフレット「ちょうどいい千葉」もあります。

千葉県移住相談会

都心へのアクセスも良く、海も山もある、移住するには「ちょうどいい」、そんな千葉の魅力を伝えるセミナーや相談会の開催など、千葉県及び県内市町村が開催する移住・定住関連イベントがあります。2021年11月13日(土曜日)午後1時から午後5時までオンライン(Zoom)で開催された相談会の例を紹介します。内容は個別相談、先輩移住者によるトークセッション、市町村PRタイムで、参加市町村は銚子市、木更津市、旭市、我孫子市、君津市、南房総市、匝瑳市、香取市、横芝光町、御宿町、鋸南町です。ゲストも参加しました。

空き家情報

たとえば館山市をみてみましょう。「空き家バンクたてやま」は、館山市で移住定住促進・地域活性化を目的に活動しているNPO法人おせっ会が運営しています。館山市内の空き家を賃貸、売買したいという個人の所有者が空き家を登録し、その情報を移住希望の方などへ紹介する仕組みです。勝浦市、鴨川市、南房総市をはじめ、ほとんどの市町村には、「空き家バンク制度」があります。詳しくは、各市町村のホームページを確認してください。

田舎暮らし体験

さまざまな市町村で田舎暮らしの体験ができます。たとえば東金市では、「田んぼの学校」があり、田植えから稲刈りまでの作業を体験しながら、日本の主食「お米」を自分たちの手で作ることができます。市民農園での野菜づくりをはじめ、田舎暮らしに必要なスキルや楽しみ方を学びながら、既に移住した人や地元市民と交流ができるイベントです。

鴨川市では、田舎暮らし交流イベントとして「鴨川暮らしセミナー(かもくら)」を定期的に開催しています。2021年11月27日(土曜日)10時から15時30分 までは、「里のMUJI みんなみの里」開発工房セミナー室で、座学やナガイモの収穫やキャベツなどの定植の実習を行います。ほかにも田舎暮らしのスキルアップにつながる体験や釣り体験、先輩移住者宅の訪問などのイベントもあります。

千葉県の子育て環境

千葉県の子育て環境

千葉県は、自然豊かで首都圏に隣接し、さらに気候も良く、充実した教育環境 も魅力的なところです。2015年度から始まった子ども・子育て支援新制度では、市町村が実施主体として保育所・認定こども園・幼稚園などの整備を進めるほか、地域子ども・子育て支援事業などを実施し、妊娠・出産期からの切れ目ない支援を行います。

千葉県では、結婚から妊娠・出産、子育てまでの情報を提供する専用ウェブサイト・スマートフォン用アプリ「チーパス・スマイル」を開発し、2021年度から運用を開始しました。また、県内に在住の妊娠中の人または18歳未満までの子どもがいる世帯を対象に優待カード「チーパス」を配布し、任意に設定した子育て応援サービスを受けられる制度があります。

千葉県で住むならどこがいい?

千葉県で住むならどこがいい?

では、千葉県で住むならどこが良いのでしょうか。おすすめの街をいくつか紹介します。

千葉市の周辺に住むなら

千葉市は人口977,866人で、海や緑豊かな自然に恵まれ、東京にも近くて便利な都市です。千葉市は国家戦略特区・国際会議観光都市・都市再生特別地区・グローバルMICE都市に指定されており、国際機関を始めとした国の業務中枢機能をもち、世界に開かれた国際都市の役割を担っています。千葉市では、結婚を機に千葉市外から市内の「高経年住宅団地」へ転入される新婚世帯に対し、婚姻に伴う住居費および引越費用を最大30万円補助します。また、空き家情報を提供し、就業支援も行っています。

流山市

流山市は千葉県の北西部に位置し、首都圏北東部にあたり、都心から25キロメートル圏に位置しています。利根運河や江戸川が織りなす美しい自然をはじめ、かつて白みりん発祥の地として栄えたことから、今も古民家や老舗商家が点在し、歴史薫る風情ある町並みが残されています。

水と緑の豊かな自然が息づく住宅文化都市です。2005年には、東京都心との直結鉄道つくばエクスプレスが開業し、東京秋葉原と約25分で結ばれています。流山市では、シニア世帯の住み替え支援と、子育て世帯の市内への移住を促進することを目的に、流山市高齢者住み替え支援要綱を作り、実施しています。

市川市

市川市は千葉県北西部に位置し、南は浦安市と東京湾に面しています。都心から20キロメートル圏内にあり、文教・住宅都市として発展してきました。都心に近いことから都心部と県内各地域を結ぶ広域交通が集中しています。

地形は、北部に標高20メートル前後の台地があるほかは、おおむね平坦です。新築住宅に対する減額措置、住宅の耐震改修に伴う固定資産税の減額措置など、家屋における各種減額措置があります。

習志野市

習志野市は千葉県の北西部に位置し、東京からほぼ30キロメートル圏内にあります。古くは、騎兵連隊・鉄道連隊が置かれるなど軍都として発展してきましたが、現在、軍用地の跡は病院や学校に建替えられ、軍隊の街から文教住宅都市へと生まれ変わりました。

臨海部は埋め立てられ袖ケ浦団地、秋津団地などの大型団地が建設されるなど東京のベッドタウンとして発展しています。住宅支援としては、親世帯と子世帯が市内で近居するために住宅を取得した場合、登記費用の一部(上限10万円)を助成するものがあります。※2021年度の受付は予算額に達したため終了しました。

浦安市

浦安市は、東京湾の奥部に位置し、東と南は東京湾に面しています。東京に隣接しながら三方を海と川に囲まれた陸の孤島であったため、明治、大正、昭和も戦前までは大きな発展はありませんでした。しかし、1962年に漁業権の一部を放棄、1964年から海面埋め立て事業が始まると浦安は大きく姿を変えていきました。

1969年に地下鉄東西線が開通し、また1971年に漁業権を全面放棄して第2期海面埋め立て事業が行われた結果、総面積は約4倍の16.98平方キロメートルに拡大、急速に都市化が進みました。1983年には東京ディズニーランドがオープン、その後も周辺地区に大型リゾートホテルなどが建設されました。

1988年にはJR京葉線も開通し、新浦安、舞浜の駅周辺の整備も進み、浦安は東京ベイエリアを代表する都市として発展を続けています。支援制度として、0歳から中学校3年生までの子どもが、病気やけがで医療機関を受診した場合に、保険診療の範囲内で医療費の自己負担額の全部または一部を助成する制度があります。

印西市

東京都心から約40キロメートル、千葉市から約20キロメートル、成田国際空港から約15キロメートルに位置し、北は利根川を隔てて茨城県に接しています。土地利用は、田畑が約4割、山林が約2割、宅地が約1割となっており、自然環境が多く残されている地域です。

宅地は、JR成田線沿線の既成市街地や千葉ニュータウンを中心に、市街化が進んでいます。移住支援制度として、空き家バンク制度があり、印西市空き家リフォーム工事補助金として10万円を限度に補助を受けることもできます(補助対象者や対象経費など要件あり)。

まとめ

大型ショッピングモールや緑あふれる郊外型住宅街がある一方、歴史的町並みや独特の文化が息づく漁師町、緑深い里山、海岸線の続く雄大な景色など、千葉県は多彩な魅力に溢れています。都心からも電車で約1時間という好アクセスな千葉県に、移住を考える人が増えてきています。田舎暮らし体験も実施しているので、興味のある人は参加してみてはいかがでしょう。