田舎暮らしに憧れる人が増えている訳

田舎暮らしに憧れる人が増えている訳

田舎暮らしには、都市部での生活とは全く異なるライフスタイルがあります。憧れの移住先に挙げられがちな田舎エリアですが、「どうして急に田舎暮らしが注目されてるの?」「田舎に住むとどんな良いことがあるんだろう?」といった疑問を感じている方もいるのではないでしょうか?田舎暮らしは、以下のような理由から高い需要を得ています。

・在宅ワークが増えてどこでも仕事ができるようになった
・都会のストレスとは無縁の生活が送れる
・結婚や退職を機に田舎暮らしを始める人も

働き方の多様化により、好きな場所に住みながら仕事をするという選択肢が増えました。仕事のために都市部に住む必要性がなくなったことから、田舎移住を検討する層が多くなっています。
また、都市部の窮屈な暮らしに疲労している層にとって、田舎暮らしはのんびりと暮らせる憧れの移住先です。新生活のスタートを機に田舎への移住を本格的に計画したいと考える都市部在住者も多く、老若男女問わず人気が高まっているのが特徴です。
それでは、各項目の詳細について解説していきます。

在宅ワークが増えてどこでも仕事ができるようになった

在宅ワークの普及は、田舎暮らしに憧れる人が増加している理由のひとつです。
あらゆる業務のリモート化が急速に進んだことを受け、さまざまな企業で在宅ワークが実施されています。出社頻度は週に1回や必要な場合のみという企業も多く、都市部や会社の近くに住むことなく働ける職場環境が整えられています。

仕事=都市部に住む必要があるという概念は、既に過去の常識です。自宅で仕事をする時代が到来したことにより、「どこでも仕事ができるなら本当に自分が住みたい場所で生活したい」「これを機にライフワークバランスの良い田舎暮らしを始めたい」と考える層が増加しています。また、移住支援金にテレワークの条件が含まれていることも、田舎暮らしの人気が高まっている理由です。

地方創生が支給する移住支援金制度は、移住前の業務をテレワークで続けることを条件に挙げています。田舎移住することで経済的なメリットを得られるため、田舎暮らしを本格的に検討する層が多くなっています。

都会のストレスとは無縁の生活が送れる

田舎暮らしに憧れを抱く層が多い理由に、ストレスフリーな生活を送れる点が挙げられます。人口密度が高い都市部には、社会的ストレスを感じやすいという特徴があります。仕事や人間関係に関する問題が多いことから、心身共に疲れやすい生活環境です。

一方で田舎エリアに移住した場合、社会的なストレスを軽減しながら生活を楽しむことができます。のびのびとした田舎ならではの時間の流れに身を任せられるので、「都市部の窮屈で息苦しい生活から解放されたい」「人間らしい生き方を田舎暮らしで取り戻したい」と考える都市部在住者から人気を獲得しているライフスタイルです。

結婚や退職を機に田舎暮らしを始める人も

田舎エリアは、新生活の場として需要の高い移住先です。
卒業、結婚、出産、就職、転職、退職など、人生にはさまざまな節目があります。大きくライフスタイルが変化することから、今後の生き方を考え直す都市部在住者が多くなっているのが特徴です。特に結婚、出産、退職は、田舎への移住者が増えやすい人生の節目です。

「夫婦でスローライフを実現したい」「大自然の中で子どもをのびのび育てたい」「老後は田舎でのんびりとセカンドライフを送りたい」といった憧れを抱く層が多いため、新生活をスタートさせるタイミングに合わせて田舎移住する層が増加しています。

いくつ当てはまる?田舎暮らしに憧れる人の特徴4選

いくつ当てはまる?田舎暮らしに憧れる人の特徴4選

田舎暮らしに憧れる人には、以下のような特徴があります。

①自給自足生活に興味がある
② 古民家暮らしに興味がある
③ 都会に無い刺激を求めている
④ 田舎暮らしで叶えたい夢がある

ひとつでも当てはまる方は、田舎移住することで自分の夢や希望を叶えられる場合があります。田舎暮らしに憧れる人の特徴を理解し、自分自身に当てはめて考えてみましょう。それでは、各項目について説明していきます。

①自給自足生活に興味がある

田舎暮らしに憧れを抱く人は、自給自足生活に強い関心を持っています。
自給自足生活とは、自分自身で暮らしに必要な物をまかなう生き方のことです。自給自足する分野は幅広く、農業や畜産業で食材を生産する、家具や雑貨をDIYする、井戸水などを引いてライフラインを確保するなどが含まれます。物で溢れかえっている都市部は、自給自足生活に向いていません。

自給自足生活に適した環境でないことも多く、購入する方が早いという特徴があるからです。一方の田舎エリアには、物が少ない代わりに大自然が広がっています。生活で必要な物を自ら生み出しやすい環境となっているため、自給自足生活に興味がある層と田舎暮らしに憧れる層は似ている傾向にあります。

②古民家暮らしに興味がある

古民家での生活は、田舎ならでは暮らしを楽しみたい方の憧れです。
日本古来の趣深さと昔懐かしい雰囲気を感じられる古民家は、和風デザインやレトロな住宅を好む層から高い人気を獲得しています。
また、古民家が持つ魅力に、間取りの広さや価格の安さなども挙げられます。広々とした住宅に低価格で住めるため、コストパフォーマンスの良い住まいを探している層から需要の高い住宅です。

尚、日本の材木と建築技術が詰め込まれた古民家は、耐久性にも優れています。長期間にわたって暮らすことを前提に作られているので、定期的にメンテナンスをしながら大切に住み続けることができます。古民家での生活に興味がある方は、古民家の数が豊富な田舎エリアへの移住を検討してみてはいかがでしょう?

③都会に無い刺激を求めている

田舎暮らしに対して、都会ほど多くの刺激がないというイメージを持つ方もいるのではないでしょうか?実は、田舎エリアは都会では体験できない刺激で溢れています。木々の中でハンモックを張って寝る、薪割をする、子どもと川遊びをする、雄大な景色を眺めながらカヤックをするなど、田舎ならではの刺激を日常的に味わうことができます。

都市部で生まれ育った人々にとって、田舎エリアは未知の環境です。日常の出来事が特別に感じやすくなっていることから、田舎暮らし=刺激を得られる憧れのライフスタイルと考える層が多くなっています。

④田舎暮らしで叶えたい夢がある

田舎暮らしに憧れる人は、叶えたい夢を持っている傾向にあります。
田舎だからこそ叶えられる夢がある場合、都市部に住んでいてもその夢を実現することはできません。自分の夢を叶えることと田舎移住することがセットになっていることから、田舎暮らし自体に憧れているという特徴が見られます。
尚、田舎暮らしで叶えたい夢には、「田舎の空き店舗を借りてパン屋さんを始めたい」「田舎暮らしをしながら町おこしイベントに参加したい」「山奥でペンションを経営してお客さんたちと交流したい」などが含まれます。

2022年版!人気の移住先トップ5

2022年版!人気の移住先トップ5

田舎暮らしを始める上で、移住先選びは非常に重要です。
移住先によっては自分と相性が合わないケースもあり、田舎暮らしの充実度を左右する大きな要因となり得ます。憧れのライフスタイルを実現するためにも、自分にとって暮らしやすい移住先を見つけることが大切です。
ここでは、以下の人気移住先5つについてランキング形式で説明していきます。

第5位:千葉県
第4位:沖縄県
第3位:山梨県
第2位:静岡県
第1位:長野県

都道府県ごとに、地形、気候、自然環境、雇用機会、教育面、利便性、文化に関する特色が異なります。自分にとってメリットが多いと感じられるエリアを選び、田舎暮らしを成功に導きましょう。それでは、各都道府県の特徴やおすすめポイントについて解説していきます。

第5位:千葉県

人気の移住先5位にランクインしたのは、関東地方に位置する千葉県です。
37市6郡16町1村から構成されており、県庁所在地は千葉市です。ベッドタウンとして高い人気を誇る都道府県となっており、大都市並みの利便性を兼ね備えているという特徴があります。東京都までの所要時間は30分程度なので、通勤や通学の幅が広がりやすい点もポイントです。

丘陵、河川、海、山、湖、干潟をはじめとする多彩な自然環境を持つ千葉県では、地形を活かして第一次産業が盛んに行われています。枝豆、サトイモ、ほうれん草、梨、落花生の収穫数は日本一となっており、牛乳や地鶏などの畜産物やイセエビ、イワシ、アサリといった海産物も豊富です。地域で生産された食材を日常的に手に入れられるので、「食費を抑えて経済的な田舎暮らしがしたい」「地元産の食材を使った健康的な食生活に憧れる」という方にピッタリの移住先です。尚、千葉県は、北総、九十九里、湾岸、南房総、中房総、東葛の計6つのエリアで構成されています。

第4位:沖縄県

沖縄県は、人口150万人弱の都道府県です。那覇市を県庁所在地とし、沖縄本島をはじめとする複数の島で構成されています。
青い海と白い砂浜といったリゾート地のイメージが強いものの、森林、河川、湖といったバリエーション豊富な自然がある点も特徴です。

「沖縄海岸国定公園」や「西表石垣国立公園」などもあり、他では見られない貴重な動植物が生息しています。自然と調和した都道府県となっているので、環境保全に興味がある方や自然と共生するライフスタイルに憧れている方におすすめです。また、沖縄県は、大きく3つのエリアに分かれています。

北部、中部、南部で構成されており、選ぶエリアによって利便性や自然環境のバランスが異なります。そのため、「海に囲まれた小さな島で本格的な田舎暮らしをしたい」「不便過ぎない場所で田舎暮らしを楽しみたい」といった希望を実現しやすい移住先です。尚、亜熱帯気候の沖縄県は、年間を通して温暖な気候となっている点も魅力です。

第3位:山梨県

山梨県は、13市5郡8町6村で構成された都道府県です。県庁所在地は甲府市で、「富士山」「甲府盆地」「赤石山脈」「八ヶ岳」をはじめとする自然環境の豊かさが魅力のエリアとなっています。
「富士箱根伊豆国立公園」「南アルプス国立公園」「八ケ岳中信高原国定公園」などの自然公園も多いことから、「休日はハイキングやトレッキングに出かけたい」「自然とふれあえる環境で生活するのに憧れている」という方におすすめです。自然環境に恵まれた山梨県では、農業が盛んに行われています。

ブドウ、桃、さくらんぼ、イチゴの生産が盛んで、地元産の新鮮なフルーツを安く購入できるというメリットがあります。ワイナリーや観光農園なども多く集まっていることから、お出掛けできるスポットが多い点もポイントです。尚、山梨県は、中北地域、峡南地域、峡東地域、富士・東部地域から構成されています。それぞれに文化、高原リゾート、フルーツ、大自然といった異なるアピールポイントや特徴があるので、自分に合う移住先を選ぶのがおすすめです。

第2位:静岡県

人気の移住先トップ2は、静岡県です。静岡市を県庁所在地としており、東京都までの所要時間は約2時間です。
「箱根山」「浜名湖」「伊豆半島」「南アルプス国立公園」などの大自然に囲まれたエリアで、移住する自治体によって異なる自然環境を味わうことができます。自然の多さが魅力の静岡県ですが、暮らしやすい点も人気の秘訣です。
静岡県は、全国で病院数が15番目に多い都道府県です。上位は都市部、下位は地方で構成されている中で、田舎エリアでありながら静岡県は15位を獲得しています。

利便性の良い田舎暮らしを実現できるので、「田舎って医療機関が少ないイメージで心配」「もし通院や入院の必要が出たらどうしよう」といった不安を抱えている方でも安心です。
また、静岡県は、国内で3番目に製造品出荷額が高い都道府県という特徴を持っています。東海工業地帯などの大規模な工業エリアがあるため、第二次産業での就職を検討している方におすすめの移住先です。尚、静岡県は大きく4つに分かれており、エリア名は西部、中部、東部、伊豆です。

第1位:長野県

人気の移住先トップ1は、中部地方に位置する長野県です。県庁所在地は長野市で、人口は約200万人強となっています。
「飛騨山脈」「木曽山脈」「赤石山脈」から構成された「日本アルプス」があり、ハイキング、登山、トレッキング、スキー、スノーボーディングといった多彩なアクティビティを大自然の中で楽しめる都道府県です。また、長野県には、就業先が多いというメリットがあります。

製造業が盛んに行われており、多数の上場企業が県内に進出しています。総務省統計局が実施した「令和2年国勢調査結果」によると、長野県の就業率は全国で第2位です。移住後にスムーズに仕事を見つけられる可能性が高いので、「田舎で仕事を見つけられるか不安」「雇用先が充実している都道府県に移住したい」という方に最適です。

尚、長野県は北信、中信、南信、東信の4つのエリアに分類されます。東京都に最も近いのは東信で、車で移動する際の所要時間は約2時間半です。大都市へのアクセスが良いことから、程良い利便性を確保できる移住先となっています。

憧れだけで終わらせないために!移住前にやっておきたいこと

憧れだけで終わらせないために!移住前にやっておきたいこと

快適な田舎暮らしを叶える上で、移住前の準備に時間を割くことはとても大切です。「きちんと調べておけばよかった」「もっとよく考えてから移住すべきだった」と後悔しないためにも、移住前にやっておくべきことを把握しましょう。以下は、田舎暮らしをする前に実践すべき5つの事柄です。

・どんな田舎暮らしを送りたいか想像する
・移住初心者は地方都市から選ぼう
・移住先での仕事は事前に決めておく
・移住先のインフラやネット環境を調べておく
・先輩移住者の声を聞いてみよう


田舎暮らしに強い憧れを抱いている移住検討者の中には、準備が不十分なまま移住を決断してしまう層が数多く存在しています。準備にかける時間をきちんと取らなかった場合、田舎移住に失敗してしまうリスクが上がるので注意が必要です。田舎暮らしに興味がある方は、事前にどのようなことをすべきかしっかりと理解してから行動しましょう。

どんな田舎暮らしを送りたいか想像する

イメージトレーニングは、田舎に移住する上で最初にやるべきことです。
一口に田舎暮らしと言っても、バリエーション豊富な移住先やライフスタイルがあります。自分の憧れの田舎暮らしを叶えるためにも、「海がある地域でカヤックやサーフィンを楽しみたい」「田園風景や緑の写真を撮りながら生活したい」「農業を始めて自給自足の暮らしがしたい」といった具体的な生活をイメージするのがポイントです。

自分がどんな田舎暮らしをしたいかを明確にすることで、移住先の候補地を絞ることができます。漠然としたイメージのまま移住先を選んだ場合、思い描いていた暮らしと180度違う生活になってしまう可能性もあるので注意しましょう。移住前にしっかりと理想の田舎暮らしを想像し、実現しやすい移住先を選ぶことが大切です。

移住初心者は地方都市から選ぼう

初めて田舎暮らしに挑戦する際は、地方都市を移住先に選ぶのがおすすめです。
田舎エリアと都市部では、利便性、人間関係、就職先・進学先の充実度といった点が大きく異なります。そのため、いきなり都市部から本格的な田舎エリアに移住した場合、生活に適応するまでに長い時間を要する可能性が高めです。

場合によっては長期間にわたって移住先に馴染めないということもあり、憧れのライフスタイルとは程遠い暮らしになってしまいます。段階的に田舎暮らしに順応していくためにも、移住初心者の方は地方都市での暮らしからスタートさせましょう。
地方都市は、利便性と自然環境のバランスが取れた移住先です。田舎暮らし初挑戦でも馴染みやすいことから、田舎移住の失敗を未然に防ぐことに繋がります。

移住先での仕事は事前に決めておく

実際に田舎へ移住する前に、移住後の就職先を決めておきましょう。
田舎エリアは、都市部よりも仕事の数が少ない傾向にあります。都市部での再就職よりもハードルが高くなっているので、移住前から就職活動を行うのがおすすめです。

仕事先を決めないまま田舎暮らしを始めた場合、経済的負担が大きくなる可能性があります。
「移住後すぐに仕事が決まる予定だったのに全然見つからない」「貯蓄を食いつぶす前に何とかして仕事を探さなくては」などの焦りに繋がってしまうので、思い描いていた憧れの田舎暮らしとは真逆の生活になりがちです。
田舎暮らしを続ける上で、安定した収入源を確保することは非常に重要です。経済的な余裕を持って過ごすためにも、仕事を見つけてから移住を決行しましょう。

移住先のインフラやネット環境を調べておく

快適な田舎暮らしを実現する上で、あらかじめ移住先のインフラやネット環境をチェックすることは必要不可欠です。都市部から遠く離れた田舎エリアの場合、インフラやネット環境が不安定という可能性も考えられます。

「ガスが引けなくて生活がままならない」「ネットが全く繋がらなくてイライラする」といった事態に陥るのを防ぐためにも、事前に移住先を訪れて念入りに確認しましょう。特に在宅ワークを検討中の方にとって、良好なネット環境は必須条件です。業務を円滑に進めるためにも、事前調査を怠らないことが大切です。

先輩移住者の声を聞いてみよう

田舎暮らしに憧れている方は、先輩移住者に話を聞くのがおすすめです。
先輩移住者の体験談を聞くことで、実際の田舎暮らしがどのようなものかを具体的にイメージすることができます。実体験に基づいたメリットとデメリットを把握できるため、「本当に自分に田舎暮らしができるのか?」「デメリットを知った上でまだ田舎暮らしをしたいか?」と自分の中で再確認することに繋がります。田舎暮らしのリアルな情報を基に移住を検討したい方は、移住者交流会などで先輩移住者と話す機会を掴み取りましょう。

まとめ

まとめ

田舎エリアは、都市部在住者にとって憧れの移住先です。
在宅ワークの普及により、以前よりも田舎暮らしを検討する人が増加しています。また、ストレスフリーな生活を求めている方からも人気も高く、新生活のスタートを機に田舎暮らしを始める人も多くなっているのが特徴です。田舎へ移住する際は、事前調査と準備の徹底を心掛けましょう。

理想の田舎暮らしを明確にする、就労先を確保する、インフラやネット環境を調査する、移住経験者にアドバイスをもらうなど、計画的に準備を進めることで田舎暮らしの充実度をアップさせることができます。もし田舎暮らしに初挑戦する場合は、利便性が高い地方都市を選ぶのもおすすめです。
田舎での生活を単なる憧れではなく現実のものにするためにも、ポイントを押さえながらプランニングを行いましょう。