田舎暮らしに飽きる根本的な原因5選

田舎暮らしに飽きる根本的な原因5選

田舎暮らしに対して、「大自然の中でのんびり快適に暮らせる」「人同士の交流があって面白そう」といったイメージを抱く方も多いのではないでしょうか?
都市部にはない魅力を持つ田舎暮らしですが、飽きてしまう移住者が後を絶ちません。田舎移住を後悔しないためにも、田舎での生活に飽きてしまう原因を知ることが大切です。以下は、田舎暮らしが飽きやすいとされる5つの原因となっています。

①都会と比べて生活が不便
②憧れていた田舎生活とのギャップ
③田舎特有の密な人間関係
④閉鎖的な空気を感じてしまう
⑤田舎でやりたい事をやり尽くした

田舎暮らしの本質を知らないまま移住した場合、暮らしにくさや窮屈さを感じてしまいがちです。想像していた生活とは全く違った田舎暮らしになってしまうので、注意しなければなりません。
また、田舎でやることがなくなった場合も、飽きを感じてしまう傾向にあります。自分にとって田舎が定住地に向いているのかを見極めるためにも、各項目について詳しく確認しましょう。

①都会と比べて生活が不便

田舎暮らしに飽きる移住者が多い原因に、利便性の悪さが挙げられます。
田舎は、都市部のように生活の利便性が高くありません。商業施設、スーパー、病院、銀行、郵便局などがない自治体も多く、用事を済ませるために近隣の市町村内まで出向かなければならない可能性もあります。都市部のように必要なものが揃っている環境ではないため、田舎暮らしに飽き飽きしてしまう層が多くなっています。

また、交通の便に対する不満も、田舎暮らし=飽きると言われる理由のひとつです。都市部ほど人が集まらない田舎エリアの場合、電車やバスなどの公共交通機関が発達していません。自治体によっては電車の駅がないケースもあり、移動範囲が限られるというデメリットが見られます。尚、田舎での主な移動手段は自家用車ですが、移住先が辺鄙な立地の場合は注意が必要です。

高速道路などが通っていないエリアも多いので、「都市部までのアクセスが悪い」「都会に出掛けるのに何時間もかかる」といった問題に直面しやすくなっています。不便な環境での生活は、飽きに繋がります。
本格的な田舎暮らしになればなるほど飽きやすくなるため、あらかじめ移住先の生活利便性についてしっかりと調査及び検討することが大切です。

②憧れていた田舎生活とのギャップ

理想と現実のギャップを感じることで、田舎暮らしに飽きる層が多くなっています。
田舎暮らしを検討する場合、豊かな自然、のんびりとしたライフスタイル、生活費が安いなどのメリットだけに着目してしまいがちです。

しかし、実際には都市部よりも不便な点も多く、移住先によっては物価の高さ、自然災害の多さ、教育機会や雇用機会の少なさをはじめとするデメリットも存在しています。田舎暮らしの実情をきちんと知らないまま移住した場合、「イメージしていた暮らしと全然違う」「こんなライフスタイルになるなら田舎に移住なんてしなければよかった」といった後悔に繋がるので注意が必要です。

イメージと180度違う生活をし続けることにより、移住前に抱いていたようなワクワクした気持ちを失いやすいという特徴があります。田舎暮らしに対する興味を無くすと同時に飽きるという状態に陥ってしまうため、理想や憧れだけで移住を決行するのは非常に危険です。

③田舎特有の密な人間関係

田舎ならではの濃い人間関係は、田舎暮らしに飽きてしまう大きな原因のひとつです。
他人に必要以上に干渉しない都市部とは対照的に、田舎エリアは住民同士の絆が強い傾向にあります。町内会、消防団、祭りなどに参加・貢献をするのが当たり前という考えの住民も多く、常に地域住民と交流しながら暮らさなければなりません。

プライベートの時間を削って奉仕する必要があるため、田舎独特の人間関係に嫌気がさす移住者も多くなっています。移住ブームより以前は、田舎エリアには長くその土地で暮らす人々が住むのが一般的でした。他の地域から人が入ってくることが少なかったため、今でも家族のような濃い付き合いをする住民が大半を占めています。

相手の都合を聞かずに家を訪問する、家に上がり込んでくる、個人情報について聞いてくるといった行動を取る住民も多く、気の休まる暇がありません。都市部とは全く異なる人間関係を築くことになるので、田舎暮らしに対して「都会よりも人が優しそうだから住みやすいに違いない」「田舎って人との距離が近くて楽しそう」といった漠然としたイメージを膨らまれている方は注意が必要です。

④閉鎖的な空気を感じてしまう

閉鎖的な雰囲気は、移住者が田舎暮らしに飽きてしまう要因です。
都市部から離れれば離れるほど、他の地域とは隔絶した状態になりがちです。田舎エリアという小さなコミュニティの中だけで生活している人が大半を占めることから、閉鎖的な空気をまとった自治体が多いという特徴があります。

閉鎖的な場所に移住した場合、「なんとなく現地の人たちに距離を取られている気がする」「なかなかコミュニティに馴染めない」といった疎外感を味わいやすい傾向にあります。歓迎されていないムードを日々実感することになり、生活のあらゆる場面で疑心暗鬼になりがちです。

満足度の高い田舎暮らしとは真逆の生活になってしまうため、結果として田舎での生活に飽き飽きしてしまう移住者が多くなっています。

⑤田舎でやりたい事をやり尽くした

田舎暮らしに飽きてしまう原因に、やる事がなくなってしまう点が挙げられます。
都市部から田舎へ移住する場合、「大自然のそばに住んでトレッキングやハイキングをしよう」「週末は移住先の海辺でマリンスポーツや釣りを楽しもう」「農業が盛んなエリアに移住してフルーツ狩りをしよう」といった計画を立てる層が多くなっています。

旅行に近い感覚で田舎移住を考えていることから、やりたかった事を全てやり尽くした時に退屈さや飽きを感じてしまいがちです。都市部で暮らす場合、さまざまな娯楽施設やイベントが身近に集まっています。遊べる場所の種類も豊富なので、飽きるということはありません。しかし、娯楽に乏しい田舎エリアでは、やれる事に限界があります。

移住先でやりたいアクティビティに重点を置いて移住プランを立ててしまった場合、途中でやる事がなくなって退屈してしまうため注意が必要です。飽きない田舎暮らしを叶えたい方は、旅行感覚ではなく生活を基準に計画を立てましょう。
田舎に移住することで得られる生活のメリットなどを考えることで、地に足のついた暮らしを目指すことができます。

田舎暮らしに飽きないためのストレス解消法

田舎暮らしに飽きないためのストレス解消法

初めて田舎暮らしに挑戦する場合、不慣れな環境にストレスを感じやすい傾向にあります。長期間にわたって快適に過ごすためにも、移住後のストレス解消法を抑えておくことが大切です。田舎暮らしをするにあたって、以下のような方法を実践してみましょう。

・親しい人に悩みを打ち明けてみる
・田舎の風情を感じながら体を動かす
・遠出することで新しい発見があるかも

自分にとっての良き理解者を作ることにより、ストレスを軽減することができます。
また、田舎ならではの心地よい環境を活かして、積極的に体を動かしてみるのもおすすめです。田舎での生活にマンネリ感が強い場合は、全く違う場所へ出かけてみるといった対策も検討してみましょう。それでは、各ストレス解消法の詳細を説明していきます。

親しい人に悩みを打ち明けてみる

田舎暮らしでストレスが溜まっている時は、誰かと悩みを共有するのがおすすめです。
自分の悩みを言葉で表現することにより、悩みについて客観的に考えることができます。
例えば、「田舎暮らしが楽しくない」と漠然と悩んでいる場合、人に説明することで「楽しくないと思う理由は何なのか」「なぜ田舎での生活を楽しめていないのか」といった部分を明確化することに繋がります。

自分自身の頭の整理にもなることから、解決策や対策について考えやすくなる点がポイントです。漠然とした悩みを抱えている場合、解決の糸口が見つからないことでストレスが溜まりやすい傾向にあります。悩みをより具体化するためにも、誰かに自分の悩みを説明するよう心掛けましょう。

また、信頼のおける相手が自分の痛みを理解してくれるということは、大きな心の支えになります。悩みを打ち明けることや相手と共有できることでストレスの軽減になるので、精神的な負担が大きくなりすぎる前に誰かに相談することが大切です。

田舎の風情を感じながら体を動かす

自然の中で体を動かすことは、非常に有効なストレス解消法です。
運動には、体の血流をスムーズにするという効果があります。脳の活性化や心身のリラックスに繋がるため、田舎暮らしに対するストレスを減らすことができます。

体を動かす際は、田舎の良さを感じられる場所を選ぶのがおすすめです。田園地帯、海辺、森林など、移住先の自然風景を思う存分に楽しみましょう。美しい景色を見ながら体を動かすことにより、これまで気付かなかった移住先の魅力を改めて実感することができます。効果的なストレス解消を期待できるので、「田舎の生活に飽きてしまったらストレスが溜まりそう」「田舎暮らしなんてしたことないから精神的な負担が心配」という方でも安心です。

遠出することで新しい発見があるかも

田舎暮らしに飽きを感じてきたら、思い切って遠出してみるのがおすすめです。
普段馴染みのないエリアに出向くことで、これまでとは違った印象を移住地に抱く可能性があります。ずっと田舎に閉じこもって暮らしている場合、非日常体験や強い刺激を感じることは困難です。同じことを繰り返しているだけの生活だと思い込みやすく、気持ちがネガティブになりがちです。

しかし、普段行かないような遠くの場所に出掛けることで、自分が暮らしている移住地を客観的に見つめることができます。出先と移住地の自然環境、食べ物、気候などを比較できるため、「遊ぶ場所は多くないけど、やっぱり私はあの地域が好き」「私が暮らしている場所の食べ物ってなんて美味しんだろう」と移住先の良さを改めて感じることに繋がります。
例え飽きてしまっても、元々は自分が迷った末に選んだ移住先です。

魅力がたくさんあることを知った上で移住しているため、少し離れてみることで移住地の良い所を再確認することができます。ネガティブ思考になっている時は、無理に移住先で楽しむ必要はありません。移住先から少し離れた場所まで出掛けることにより、ストレス解消と移住先の見つめ直しを行うことができます。

田舎暮らしで失敗する人と成功する人の差とは?

田舎暮らしで失敗する人と成功する人の差とは?

田舎での生活には、向き不向きがあります。生まれ持った気質や性格の影響も大きくなっているものの、本人の努力次第で良い方向に転換することも十分に可能です。
どのような人が田舎暮らしに適しているのかを知り、自分自身が田舎での生活に向いているか否かの判断材料に役立てましょう。以下は、田舎暮らしで失敗する人と成功する人が持つ4つの特徴です。

・怠け者は田舎暮らしに必ず失敗する
・成功している人は地域住民の理解を得ている
・固定概念に縛られない創造力と柔軟性
・自然の豊かさを感じ「今」を楽しめるかが大事

積極性やポジティブ思考の持ち主は、田舎暮らしを成功させやすい傾向にあります。一方で、田舎での生活に自ら進んで馴染もうと努力しない層は、田舎暮らしに対して「こんな生活つまらない」「田舎って退屈」といった感想を持ちやすい点が特徴です。
移住を決行する前に、田舎暮らしで失敗する人と成功する人の違いをしっかりと抑えておきましょう。それぞれの特徴を知ることで、田舎暮らしへの適応力を高めることができます。

怠け者は田舎暮らしに必ず失敗する

田舎暮らしに失敗する典型的なタイプが、怠け者精神の移住者です。
田舎へ移住するにあたって、さまざまな準備を行う必要があります。移住地の下見、移住支援制度の調査、自治体への相談、移住交流会への参加など、事前準備にはさまざまなプロセスが付きものです。

しかし、そういった準備に煩わしさを感じる層は、あらゆるプロセスを飛ばしたり、省いたりする傾向にあります。事前準備が不十分なまま移住した場合、相性の悪い移住先を選んでしまうリスクがあるため注意が必要です。

「使いたかった移住支援がこの自治体にはなかった」「思っていた地形と全然違っていて過ごしにくい」といった事態に陥る可能性が高く、田舎移住を後悔するパターンが多くなっています。田舎暮らしを成功させたい方は、めんどうだと感じることこそ率先して行うよう心掛けましょう。

手間と時間をかけることにより、移住に関するさまざまな情報を集めることができます。自分に適した移住地を絞り込みやすくなるため、退屈とは無縁の充実した田舎暮らしに繋がります。

成功している人は地域住民の理解を得ている

地域住民との信頼関係を築くことで、田舎暮らしを成功に導くことができます。
住民同士の繋がりが強い田舎で暮らす場合、地域住民と親しくなることは非常に重要です。地域のことをいろいろと教えてもらえるのはもちろん、早く移住先に馴染めるというメリットが見られます。

地域住民と全くコミュニケーションを取らない場合、田舎への生活に適応しにくい傾向にあります。
現地の人々と交流しないよそ者という扱いを受ける可能性もあるため、田舎暮らしに失敗してしまう確率が上がる点に注意しましょう。田舎暮らしが成功する移住者は、現地の人々と積極的に関わりながら生活しています。現地住民からの理解と信頼を獲得しているため、快適かつ満足度の高い田舎暮らしが実現できます。

固定概念に縛られない創造力と柔軟性

高い創造性と柔軟性は、田舎暮らしを成功させる人に見られる特徴です。
田舎エリアは、都会のように物で溢れていません。娯楽施設なども少ないことから、自分自身で楽しめる趣味や日課を生み出す必要があります。田舎暮らしで最も主流な趣味のひとつが、ガーデニングや家庭菜園です。

季節の花々や野菜を育てる楽しみを見つけることで、飽きとは無縁の田舎暮らしに繋がります。継続的に想像する喜びを味わえるため、田舎移住の成功率を大幅にアップさせることができます。また、頑固な思考の持ち主は、田舎暮らしに向いていないということも覚えておきましょう。

田舎エリアは、地域ごとに独特のルールを持っています。長い歴史の中で培ってきた価値観やしきたりなどがあり、地域住民はそのルールに従いながら生活しているのが特徴です。そのため、いかに柔軟な対応ができるかによって、田舎暮らしを成功に導けるかが決まります。田舎で生活する場合、現地のルールに従わなければなりません。

自分にとって全く馴染みのないルールでも、現地では常識的に行われていることです。郷に入っては郷に従えの精神を持ち、「そういうやり方もあるんだな」「今までと違うけどこれもこれでアリかな」と前向きな気持ちで対応するのが大切です。
過剰な嫌悪感や抵抗を露わにした場合、現地住民から嫌煙されてしまう可能性もあります。常に柔軟な思考を持ち、現地でのルールをどんどん取り入れながら田舎暮らしを楽しみましょう。

自然の豊かさを感じ「今」を楽しめるかが大事

田舎暮らしに成功する人の特徴に、自然が好きなこととポジティブ思考であることが挙げられます。
田舎には、都市部とは全く異なる自然環境が広がっています。海、山、森林、田園、河川、湖をはじめとする大自然があり、「自然と共存したい」「自然に寄り添いながら自由な生き方がしたい」という方に最適な移住先です。

そのため、豊かな自然を好む人や、自然の恵みに感謝できる人が田舎暮らしに成功しやすくなっています。自然派でない方の場合は、途中で田舎暮らしに飽きてしまう可能性が高いので注意が必要です。

また、田舎暮らしを快適にする秘訣は、常にポジティブ思考であることです。
「不便なところもあるけど良いところもたくさんある」「移住したからには自分なりに田舎暮らしを満喫したい」という考え方ができる移住者は、些細な不満や住み心地の悪さを気にしません。それらも含めて田舎での生活を楽しもうという姿勢でいられるので、田舎での暮らしを成功させることができます。

まとめ

まとめ

田舎エリアは、人によっては飽きやすい移住先です。
生活の不便さ、イメージとのギャップ、濃い人間関係、閉鎖的な雰囲気、やる事がないといった理由から、田舎暮らしに住みにくさを感じる層が数多く存在しています。生活に関する不満やストレスが蓄積することで、飽きに繋がってしまいます。

充実した田舎暮らしをするためにも、適度なストレス解消を意識することが大切です。また、田舎暮らしをスタートさせる前に、田舎暮らしで失敗する人と成功する人の特徴をそれぞれチェックしておきましょう。

自分自身がどちらに当てはまるかを知ることにより、田舎暮らしと自分の相性を確認できるのはもちろん、成功するためのマインドにシフトしていくことができます。ポジティブ思考や柔軟な考え方を身につけて、退屈知らずの楽しい田舎暮らしを叶えてくださいね。