淡路島で田舎暮らしをするメリットデメリット

淡路島で田舎暮らしをするメリットデメリット

離島という独特の地形を持つ淡路島には、その他の田舎エリアとは異なる環境が広がっています。
そのため、淡路島の特徴を理解しないまま移住した場合、イメージしていた田舎暮らしと全く違った生活になってしまう可能性が高めです。淡路島への移住成功率を高めるためにも、どのようなメリットとデメリットがあるエリアなのかを事前に把握するよう心掛けましょう。

メリット

移住先と自分自身の相性を図る上で、現地のメリットを知ることはとても重要です。淡路島で理想通りの田舎暮らしを叶えたい方は、以下のメリットについて理解を深めましょう。

・さまざまな自然環境を楽しめる
・都市部にアクセスしやすい

自然環境の良し悪しは、田舎暮らしの満足度を大きく左右する要因です。また、ある程度の利便性も兼ね備えている淡路島は、初めて田舎暮らしをする層にとって挑戦しやすい移住先となっています。淡路島を選ぶメリットの詳細は、以下で説明していきます。

さまざまな自然環境を楽しめる

淡路島へ移住するメリットに、異なる自然環境の中で暮らせる点が挙げられます。離島である淡路島に対して、「ネットの写真で見るのは海ばっかりな気がする」「海以外に自然なんてないんじゃないの?」というイメージを持つ方もいるのではないでしょうか?

実は淡路市は、海、山、平野、河川といったバリエーション豊富な自然を兼ね備えた移住先です。選ぶエリアによって全く違った自然環境を味わえるので、自分が思い描いている田舎暮らしを叶えやすいという特徴があります。

また、多彩な自然環境が魅力の淡路島では、各エリアの地形に合わせた第一次産業が行われています。水稲、果樹、玉葱をはじめとする農業のほか、畜産業、酪農、漁業なども盛んです。さまざまな食物を島内で生産していることから、リーズナブルな価格帯で購入できる食材が多い移住先となっています。

都市部にアクセスしやすい

都市部へのアクセスを重視している方には、淡路島への移住がおすすめです。
兵庫県に属する淡路島は、明石海峡大橋を経由することで県庁所在地・神戸市へアクセス可能です。所要時間は20分程度となっているので、ショッピングや外食を楽しむために気軽に都市部へ行けるというメリットがあります。

また、都市部まで通勤や通学ができる範囲内なので、就職先や学校の選択肢が広がる点もポイントです。
田舎暮らしをする場合、利便性の悪さや雇用・教育機会の幅が狭まるなどの問題点が浮き彫りになりがちです。しかし、都市部からの距離が近い淡路島であれば、住みやすい環境を確保しながら田舎暮らしを楽しむことができます。
田舎移住に失敗するリスクを軽減できるので、初めて田舎暮らしをする移住者にとっても安心です。

デメリット

淡路島で満足度の高い田舎暮らしをしたい場合、デメリットについても把握する必要があります。暮らしにくい点や不便な点も踏まえた上で移住を検討し、自分にとって定住できる場所かどうかを見極めましょう。
以下は、淡路島で田舎暮らしをする移住者が感じやすいデメリット2つです。

・ガス代がかさむ
・ネット環境が不安定

経済的なデメリットは、田舎暮らしを長期的に行う上で大きな障害となり得ます。また、情報量や娯楽が極端に少ない田舎エリアにおいて、ネット環境を確保することは非常に重要です。在宅ワークなどにも支障を来す恐れがあるので、事前に移住先のネット環境をチェックするなどの対策を行いましょう。
それでは、各デメリットの詳細を見ていきます。

ガス代がかさむ

淡路島は、ガス代が高額になりやすい移住先です。
一部のエリアを覗き、淡路島のほぼ全域においてプロパンガスが供給されています。火力の強さや災害時にも復旧しやすいといったメリットがある一方で、ガス代が高いというデメリットを兼ね備えている点に注意が必要です。
設備費用が高い、価格をガス会社が自由に設定できる、輸送コストがかかるといった特徴があることから、都市ガスよりも2倍近く値段が高くなっています。

使い方によっては家計を圧迫する恐れもあるため、「普通に生活しているだけなのに毎月のガス代がものすごくかさむ」「もっとガス代のことをよく調べてから田舎暮らしを始めればよかった」といった後悔の念を抱く移住者も多く存在しています。淡路島での田舎暮らしを計画中の方は、おおよそのガス代を計算してから移住するか否かを決めるのがおすすめです。

尚、淡路市、洲本市、南あわじ市の3つの自治体が跨る淡路島の中で、唯一都市ガスを供給しているのが洲本市です。ガス代にかかる出費が心配な方は、移住候補地を洲本市に絞るなどの対策も検討してみましょう。
ただし、都市ガスが使えるのは洲本市の一部のエリアのみなので、事前にどのエリアが都市ガスに対応しているかを調査することが大切です。

ネット環境が不安定

淡路島に移住するデメリットに、ネット環境が悪い点が挙げられます。
離島である淡路島は、本島よりもネット環境が安定しにくい傾向にあります。全くインターネットに接続できない、メールを送ってもエラーになる、ファイルのダウンロードに時間がかかるなどの問題が起こりやすいので、ネットを頻繁に使う方や在宅ワークの予定がある方は注意が必要です。

また、ネット環境が悪い地域に移住する場合、得られる情報量が限定されてしまうというデメリットも存在しています。
田舎エリアは、都市部のように情報量が多くありません。街中で最新情報の広告などを目にする機会もなく、主流な情報ツールはネットのみです。ネット環境が不安定=情報を得られないという状態になるため、あらかじめ移住先のネット環境をしっかりと確認することが大切です。

娯楽施設がゼロに近い田舎エリアにおいて、ネットは娯楽ツールの役割も担っています。そのため、ネット環境が悪い場所に移住することにより、「休日にすることがなくて暇を持て余している」「ゲームもSNSもできなくて田舎暮らしに飽きてしまった」といった事態に陥りやすくなっています。
田舎暮らしにおけるネットの必要性を理解し、安易にネット環境が不安定な場所に移住しないよう気を付けましょう。

淡路島の移住支援制度

淡路島の移住支援制度

田舎暮らしの快適度をアップさせる上で、移住支援制度の活用は必要不可欠です。淡路島への移住に伴い、以下のような移住支援が適用対象となる可能性があります。

・新婚世帯家賃補助
・Uターン等促進家賃補助
・空き家バンク

補助金などの経済的支援を受けられるほか、住宅探しのサポート体制も整っているのが特徴です。淡路島での田舎暮らしを検討中の方は、各移住支援制度の条件と自分自身の状況を照らし合わせてみましょう。それでは、各項目の概要を詳しく説明していきます。

新婚世帯家賃補助

新婚世帯家賃補助は、新婚の夫婦を対象とした家賃補助金制度です。
淡路市、洲本市、南あわじの全ての自治体が実施していますが、補助額や条件は各自治体で異なります。淡路市の場合、家賃が月額5万円以上の住宅に住んでいる場合の補助額は月額1万円、月額家賃が3~5万円の住宅では月額5,000円の補助となっています。

補助期間は最大36ヶ月間で、交付回数は1年に2回です。適用条件には、夫婦の年齢の合計が90歳未満であることや、居住している賃貸住宅の家賃が月額3万円を超えていることなどが含まれます。
また、収入に関する適用条件も細かく定められており、前年の合計年間総収入金額が600万円以下、もしくは所得金額が426万円以下の夫婦のみが新婚世帯家賃補助の対象となるので注意が必要です。

洲本市が実施する新婚世帯家賃補助の家賃補助額は、月額1万円です。補助期間は最大36ヶ月間で、夫婦2人の年齢の合計が80歳を超えないことなどが家賃補助を受けるための条件に挙げられます。

尚、南あわじ市では、家賃5万円以上の住宅に住む新婚夫婦に1万円、家賃5万円未満の住宅では5,000円を支給する仕組みになっています。その他の詳細は淡路市と類似しており、家賃が月額3万円以上の住宅を貸借していること、夫婦の前年の合計年間総収入金額が600万円以下、もしくは所得金額が426万円以下であることなどが適用条件です。
補助期間は最大36ヶ月間、年に2回の交付となっている点も同様ですが、夫婦の年齢の合計が80歳未満とされている点は相違しています。

新婚世帯家賃補助の条件や詳細は、自治体ごとに異なります。自分たちにとって最もメリットの大きい移住先を選ぶためにも、各自治体の新婚世帯家賃補助制度についてしっかりと把握することが大切です。

Uターン等促進家賃補助

Uターン等促進家賃補助は、淡路島の中で淡路市のみが実施しています。制度名に「Uターン」と含まれているものの、IターンやJターンの移住者も適用対象となります。
Uターン等促進家賃補助は、淡路島への移住者に対して最大36か月間の家賃補助を行う制度です。補助額は、家賃が月額5万円以上の住宅の場合で月額1万円、5万円未満の住宅では月額5,000円です。

受給対象となるには、前年の合計年間総収入金額が600万円以下、もしくは所得金額が426万円以下という収入面の条件を満たす必要があります。また、淡路市内で就業している移住者のみが対象とされている点に注意しましょう。

空き家バンク

淡路島では、空き家の運用活用促進を目的に空き家バンクを開設しています。
売却・貸借の対象となっている空き家は、淡路市、洲本市、南あわじ市のホームページから確認できる仕組みです。自治体ごとに住環境などが異なるので、自分がどんな田舎暮らしを送りたいか事前にイメージを固めてから検索するようにしましょう。

自然環境、価格帯、ペットや駐車場の有無など、自治体によって異なる検索方法が設定されています。募集されている空き家は、広さ、間取り、築年数、設備などの情報を写真と共にチェックできるので、気に入った物件を見つけたら積極的に自治体へ連絡するのがおすすめです。

淡路島への移住を考えているならお試し移住をしよう!

淡路島への移住を考えているならお試し移住をしよう!

淡路島で快適な田舎暮らしを送りたい方は、お試し移住を通して移住先の調査を行いましょう。現地の住環境や雰囲気をあらかじめ確認しておくことで、田舎暮らしに対するイメージと現実の差を埋めてから移住準備を進められます。
効果的なお試し移住をするにあたって、以下のポイントに着目することが大切です。

・エリアによって雰囲気が違うので一定期間住んでみるのがおすすめ
・お試し移住の種類も豊富
・体験教室などが開催されているお試し移住もある

さまざまなエリアでお試し移住することにより、自分にとって最も住み心地の良い移住先を見つけられます。また、お試し移住の種類や体験教室などについてもチェックし、淡路島の特色や魅力を多方面から観察するよう心掛けましょう。

エリアによって雰囲気が違うので一定期間住んでみるのがおすすめ

淡路島は、淡路市、洲本市、南あわじ市の3つの自治体で構成されています。選ぶ自治体によって全く異なる田舎暮らしになるので、それぞれの地域でお試し移住することを検討しましょう。

明石海峡大橋がある淡路市は、神戸市から車で20分程度の場所に位置する自治体です。淡路島の中で最も利便性が良く、「あわじ花さじき」や「淡路島国営明石海峡公園」などの観光スポットが多いという特徴があります。

また、淡路島の中部に位置する洲本市では、歴史や文化を感じることができます。「洲本城」や「洲本市立淡路文化史料館」をはじめとする遺跡や芸術文化施設が多く集まっており、趣深い雰囲気が魅力の自治体です。
淡路島で唯一の中高一貫校もあるため、「離島に移住しても子どもの教育機会は減らしたくない」「離島でも高い教育を受けられる自治体に住みたい」といったニーズを持つ移住者におすすめです。

3つ目の自治体・南あわじ市には、ダイナミックな渦潮を楽しめる「鳴門海峡」があります。自然の力強さや迫力を感じながら生活できるのはもちろん、地形を活かして漁業が盛んに行われている点もポイントです。

淡路島は、利便性、歴史・文化、教育、自然をはじめとするさまざまな特色が魅力の移住先です。自分の理想に近い田舎暮らしを叶えるためにも、お試し移住を通して各エリアとの相性をチェックしてみましょう。

お試し移住の種類も豊富

淡路島には、多彩なお試し住宅が用意されています。

最も種類が豊富なのは淡路市のお試し住宅で、アメリカ村(2LDK及び3LDK)、団地(1LDK及び3LDK)、ハイツから選択することができます。
全住宅に共通しているのが、河川や田畑に囲まれた自然豊かな立地という点です。田舎らしい長閑さを感じられるので、のんびりとした時間を過ごしながら現地の住環境や住み心地をチェックすることができます。
淡路市のお試し住宅には、冷蔵庫や洗濯機を含む家電のほか、トースター、ケトル、調理器具なども付いています。利用可能期間は1~3ヶ月で、料金は18,450円~34,600円です。光熱費やインターネット利用料は利用者負担となっており、一部のお試し住宅では共益費500円がかかります。

また、洲本市では、「高田屋嘉兵衛公園 ウェルネスパーク五色 浜千鳥」をお試し住宅として提供しています。利用期間は最大10日間で、利用料金は無料です。コワーキングスペースの使用も可能となっているので、田舎暮らしをしながら在宅ワークを行う予定の方に最適な環境です。

南あわじ市には、公式のお試し住宅がありません。ただし、民間施設でお試し移住体験をする場合、自治体からレンタカー代などの補助金が支給されます。経済的な負担を減らしながらお試し移住ができるので、ぜひ南あわじ市のホームページをチェックしてみましょう。

体験教室などが開催されているお試し移住もある

淡路島への移住を考えている方は、体験教室とセットでお試し移住をするのがおすすめです。
一部のお試し移住プログラムには、野菜の収穫体験やワークショップが組み込まれています。移住後の生活を具体的にイメージするためにも、自分の興味がある分野の体験教室へ参加してみましょう。

まとめ

まとめ

淡路島は、田舎暮らし初挑戦の方に最適な移住先です。自分に合う自然環境を選べる、都市部までの距離が近いといったメリットがあるため、相性抜群の地域で程良い田舎暮らしを楽しめます。ただし、ガス代が高額になりやすい点や、ネット環境が万全でない地域が多い点には注意が必要です。

田舎移住の成功率をアップさせたい方は、移住支援制度の活用やお試し移住への参加を検討してみましょう。移住支援制度を賢く使うことにより、移住にかかる出費を軽減することができます。
また、移住先の住環境や雰囲気を把握する上で、お試し移住をすることはとても大切です。事前準備や調査を徹底し、淡路島で充実した田舎暮らしを実現してくださいね。