青森県ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口推計人口: 1,249,000人 (2019年6月1日)
青森県HP青森県HP
青森県移住支援サイトこちら

青森県の特徴や歴史(歴史がある自治体であれば)

本州最北に位置する青森県。ねぶた祭り、あたたかみのある津軽弁などのご当地ことば、りんごや大間のマグロなど、豊かな文化と名産品で知られています。旧石器時代から人が住み、最古とされる土器が見つかった大平山元遺跡や大規模集落跡の三内丸山遺跡は「北海道・北東北の縄文遺跡群」のひとつとして世界遺産に登録されました。江戸時代には津軽氏と南部氏がそれぞれ別の領地を治めたことから、現在にいたっても地域性が大きく二分されていることも特徴です。青森県は全国でも有数の農業産出県であり、高い食糧自給率を誇ります。八戸漁港では水揚げ日本一のサバやイカをはじめ多くの海産物が水揚げされており、一次産業が非常に盛んな県です。

高速道路や新幹線、空港へのアクセスの良さ

青森県では多くの地域で自家用車が必須と言えるでしょう。東北自動車道や八戸自動車道をはじめとする高速道路・自動車専用道路が県内を縦横に走っています。県内の新幹線駅は、新青森駅・七戸十和田駅・八戸駅の3つがあります。青森空港のほか、県東部の三沢市に空港があり、いずれも羽田空港へ1時間20分ほどです。

その他の情報

青森県の年平均気温は11℃程度と、年間を通して冷涼な気候です。県内全域が豪雪地帯に指定されており、特に津軽地方は冷たく湿った空気が奥羽山脈にぶつかり多量の雪を降らせます。一方太平洋側では冬は乾燥した晴天が続き、夏はヤマセの影響を受けて低温・多湿になります。2つの半島に囲まれた陸奥湾、日本海側には白神山地や津軽半島、八甲田山を挟んで太平洋側には下北半島と、変化に富んだ自然が見られます。また青森県は温泉地数や湧出量が全国上位であり、各地に名湯があります。自然に囲まれてのびのびと子どもを育てたい人には最適な環境でしょう。豊かな農産物や水産物がとれ、魚介類の消費量が多い点も、食育に関心のある人には魅力かもしれません。また、台風はめったに上陸しませんし、豊富な水資源がありながら河川氾濫のような自然災害が少ないことも安心材料ですね。

青森県の移住支援・就業支援制度

青森県の移住支援・就業支援制度

青森県の移住支援制度を紹介します。県が行う施策の他、各市町村の支援制度があり、青森県移住・交流ポータルサイト「あおもり暮らし」の下記ページから検索できます。 https://www.aomori-life.jp/information/shisaku.php

定住サポーター

定住サポーターは、青森県への移住者に、移住や生活に関する支援を行っている団体です。自治体や法人、地域団体などで構成されており、定住支援・就業支援、交流会など、さまざまなサービスや情報が提供されています。下記Webサイトから、エリアやサポート内容で絞り込んで探すことができます。 https://www.aomori-life.jp/supporter/

あおもり移住俱楽部

あおもり移住倶楽部は、県外在住者や二拠点居住者で青森県への移住に関心のある人を応援する会員制度です。会費は無料で、移住関連情報の提供を受けられるほか、会員証を提示すると協賛事業者で割引やサービスなどの特典を受けられます。特典内容は、移住準備のための宿泊やレンタカー、不動産仲介手数料や住宅の施工代金、引越しなど多岐に渡り、移住前後にたいへん役立つでしょう。 https://www.aomori-life.jp/index_shien.html

あおもり移住起業支援事業費補助金

東京圏から移住し地域課題を解決する社会的事業を創業・承継する人に、経費の一部を補助する制度です。転入直前1年間以上連続かつ10年間のうち通算5年以上、東京23区に在住または東京圏から23区内に通勤していた人が対象となります。補助対象事業は、地域活性化やまちづくり、交通や買い物弱者支援、Society5.0関連業種など、社会性・事業性・必要性といった要件を満たすもので、審査を経て決定されます。補助金額は人件費・店舗賃借料・設備費など対象経費の1/2、上限200万円です。公益財団法人21あおもり産業総合支援センターが運営しています。 https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/shoko/chiikisangyo/r2_kigyousienkin.html

青森県の子育て環境

青森県の子育て環境

青森県は青森県次世代育成支援行動計画「のびのびあおもり子育てプラン」を策定し、結婚から子育てまで切れ目のない支援に取り組んでいます。県では待機児童ゼロを達成しており、また子どもの人口あたりの認定こども園数・延長保育実施施設数がともに全国1位と、仕事と子育てを両立できる環境が整っていると言えるでしょう。県の事業としては、市町村が設定した医療費の自己負担分の半額を助成する「乳幼児はつらつ育成事業」や、対象店舗で特典を受けられる「子育て応援パスポート」があります。

青森県で住むならどこがいい?

青森県で住むならどこがいい?

青森県の県域は大きく分けて東青・中南・三八・西北・上北・下北の各エリアに区分され、それぞれに特徴があります。主要都市を中心に、青森県で移住先におすすめの市町村を6つ紹介します。

青森市の周辺に住むなら

青森県の県庁所在地は、県のほぼ中央、東青エリアにある青森市です。人口27万人を超える中核市で、東北地方を縦貫する路線、および本州と北海道をつなぐ結節点の役割を果たしてきました。新幹線駅・空港・フェリーと、全国へアクセスできる基点が揃っており、都市の便利さと豊かな自然のいいとこ取りができることで、県内でも人気があります。中心市街地が青森湾沿いに広がる港湾都市でもあり、青森港は穏やかな湾にあることから天然の良港として知られ、ホタテなどの養殖も盛んです。三内丸山遺跡や青森ねぶた祭りといった歴史と文化を感じさせるスポットも充実しています。 東京圏から移住し就業・就農・起業などをする人への「青森市移住支援金」のほか、その対象外の人でも条件により申請できる「青森市新しい働き方移住支援金」が設けられています。さらに、上記2つの支援金いずれかの交付を受けた人でリモートワークを行う人に、出社時の交通費やコワーキングスペース料金を補助する「青森市リモートワーク活動支援金」があります。

八戸市

八戸市は県南東部の三八エリアにあり、全国有数の漁獲高を誇る八戸漁港で知られます。県内2位の人口を有する中核市で、市街地には百貨店などの商業施設やオフィスが集まり、岩手県北部まで含めた広域商圏の中心でもあります。太平洋側に位置しているため積雪が比較的少なく、雪国での生活が不安という人には適しているでしょう。芝生が波打ち際まで広がる種差海岸や、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定された蕪島といった海の景観も魅力です。45歳未満のUIJターン就職希望者に交通費や住居費などを補助する「ほんのり温ったか八戸移住計画支援事業」が行われています。

三沢市

県東部の上北エリアにある三沢市は、東は太平洋、西は小田原湖に面する市です。三沢駅から新幹線八戸駅までは約20分、空港も市街地から近く、便利な交通アクセスを誇ります。三沢空港からは羽田・伊丹・札幌丘珠空港へ直行便が運航しており、二拠点居住にも便利でしょう。三沢市は米軍基地があることから国際交流が盛んで、英語教育やホームステイなど国際教育プログラムも充実しています。さまざまな人種や文化が行き交うオープンな町の雰囲気は、移住者にとっても馴染みやすいでしょう。太平洋に面する長い砂浜にはサーファーが集まり、小田原湖でもオートキャンプやマリンスポーツを楽しめます。市内に住宅を新築・購入する人への三沢市住宅取得支援事業助成金について、移住者には加算があります。

平川市

平川市は、中南エリアの津軽平野南東部に位置します。八甲田連峰と岩木山を望み、岩木川の支流である平川がゆったりと流れる、雄大な自然に囲まれた市です。平野部には田園風景が、丘陵部にはりんご畑が広がり、豊かな農産物が産出します。弘前市まで電車で15分程度とアクセスがよく、通勤・通学する人も少なくありません。支援制度としては、住宅を取得する移住世帯や新婚・子育て世帯への「すこやか住宅支援補助金」があります。

弘前市

弘前市は青森市・八戸市に次ぐ人口3位の市です。県唯一の国立大学を有し、中南エリアの中心として、便利な都市機能が揃っています。弘前藩の城下町として発展し、全国でも屈指の桜の名所で知られる弘前城や、レトロな洋館など、歴史の趣を感じる町並みに魅力を感じる人も多いでしょう。弘前ねぷたは、青森ねぶたと並び、国の重要無形民俗文化財に指定されています。弘前市はひろさき移住サポートセンター東京事務所の開設や、生活体験ができる移住お試しハウスの運営など、移住促進に熱心に取り組んでいます。

十和田市

上北エリアの中心都市である十和田市は、十和田湖や奥入瀬渓流といった東北を代表する景勝地で知られます。神秘的な自然だけでなく、碁盤の目状に整然と区画され、十和田市現代美術館を拠点としてまちなかにアートが取り入れられた美しい町並みも十和田市の魅力です。移住定住支援として、空き家バンクがある他、住宅取得費用や引越し費用の補助があります。また1日400円で9泊10日まで利用できる「十和田市移住お試し住宅」があり、移住の検討段階に便利です。

まとめ

冷涼な気候と海や山の雄大な景色、それらがもたらす豊かな農水産物。青森県は自然の恵みにあふれています。それだけではなく、各地に残る文化的な催しや歴史を感じさせるスポットの数々もまた青森県の魅力です。また保育体制など支援が充実しており、子育てするのに心強い環境があります。県や市町村が行う移住支援制度も活用し、青森での暮らしを検討してみてはいかがでしょうか。