愛知県ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口 7,553,000(推計人口、2019年10月1日)
愛知県HP愛知県HP

愛知県は、古くから交通の要衝として栄え、豊かな自然にも恵まれ、自動車をはじめとして陶磁器や織物などの伝統産業から、航空宇宙などの先端産業にいたるまで、さまざまなモノづくり産業が集まっています。世界に誇れる産業力、経済力、文化力、地域力があります。日本史を大きく変えた信長・秀吉・家康の生誕地でもある愛知県の、特徴や魅力をまずは知っておきましょう。

愛知県の特徴や歴史(歴史がある自治体であれば)

愛知県は、日本列島の中央部に位置しています。中部地方の県ではもっとも人口が多く、47都道府県別では大阪府に次ぐ全国第4位、県庁所在地の名古屋市は同地方の市町村で最多の人口です。西部はおおむね平坦で、人口が集中しています。

東部は山岳が多くなっていますが、南部海側の平地は東海道に沿って都市化しています。夏は高温多湿で非常に蒸し暑く、冬は乾燥した晴天の日が多く、体感温度が北日本並みに一気に低下する日もあります。北西の季節風の影響があるため、強い冬型の気圧配置になると西部などで局地的な大雪に見舞われることがあります。

戦国時代には、織田信長と豊臣秀吉、徳川家康など三英傑をはじめ多くの武将を輩出し、中央政局に大きな影響を及ぼしました。江戸時代の大名はこの三英傑の配下から出た者が多く、徳川一族や譜代大名(三河出身者)、前田家、浅野家、池田家、山内家、蜂須賀家(尾張出身者)が、各地で幕末まで活躍した大名の約7割を占めるとも言われています。

高速道路や新幹線、空港へのアクセスの良さ

陸・空・海路、それぞれに整備された交通網が日本全国、世界との懸け橋となっています。東京からはJR東海道線新幹線のぞみで約1時間40分、車なら約4時間30分で名古屋に着きます。

飛行機なら中部国際空港セントレアまで羽田空港から約1時間で着きます。中部国際空港から名古屋駅までは、名鉄快速で約28分、名古屋空港から名古屋駅までは、バスで約23分と、交通アクセスはよいところです。2027年度にはリニア中央新幹線(東京-名古屋)が開業予定で、さらに便利になります。

その他の情報

名古屋の周辺には、美しい海や山などがあり、季節に応じて、大人から子どもまで、豊かな自然を楽しむことができます。県民への調査では、「今住んでいる地域は住みよい」と約9割の人が答えています。物価は全国平均を下回り、東京と比べると約9割程度の水準で、生活しやすい環境が整っています。

愛知県の移住支援・就業支援制度

愛知県の移住支援・就業支援制度

続いて、愛知県にはどのような移住支援・就業支援制度があるのか見てみましょう。

移住支援金

東京23区(在住者または通勤者)から愛知県へ移住し、移住支援金対象求人に就業した人に、国・県・市町村が共同で移住支援金を支給する制度です。2021年4月1日以降に移住した人は、住民票を移す直前の10年間のうち、通算5年以上、かつ直近の1年以上、東京23区に在住、または東京圏に在住し東京23区へ通勤していたことなどの要件があります。

移住先に関しても、対象となる市町村が決まっています。テレワークでも支給対象になる場合があります。世帯の場合100万円、単身の場合は1人につき60万円が支給されます。申請手続きなど詳細は移住(予定)先の市町村に問い合わせてください。

マッチング支援事業

東京23区(在住者または通勤者)から愛知県内に移住し、対象となる法人に就業した人に、引っ越し費用などの移住にかかる経費を支援するため、移住支援金(補助金)を交付します。世帯の場合100万円、単身の場合は1人につき60万円が支給されます。就業先が、愛知県が移住支援金の対象としてマッチングサイトに掲載している求人であることが必要です。

愛知県の子育て環境

愛知県の子育て環境

愛知県では、日本一子育てしやすい愛知の実現を目指して「あいち はぐみんプラン2020-2024」を実施しています。出産や子育て期だけでなく、中長期的な視野に立った総合的な少子化対策を推進するため、ライフステージに応じた切れ目ない支援に取り組み、地域のNPOや企業などと一緒に、地域社会全体で子どもの成長や子育て家庭を応援する基盤づくりに取り組んでいます。具体的に支援策をみてみましょう。

名古屋市・小牧市など多くの市町では、子どもの医療費について、通院は中学生まで、入院は18歳に達する年度末まで無料(一部負担金、所得制限ともになし)にしています。ほかにも児童手当・第3子以降の保育料無料や一時預かり、子育てコンシェルジュによる子育て相談(蒲郡市)など、さまざまな支援政策があります。具体的には、各市町村のホームページを参考にしてください。

愛知県で住むならどこがいい?

愛知県で住むならどこがいい?

では、愛知県で住むならどこが良いのでしょうか。おすすめの街をいくつか紹介します。

名古屋市の周辺に住むなら

2021年7月の名古屋市の人口は、2,328,431人です。名古屋市は、日本のほぼ中央に位置し、広域交通の要となる新幹線をはじめとする鉄道網や高速道路を擁しており、広域的な交流ネットワークの中心となっています。産業分野においては、世界レベルの産業技術が集積しており、強い経済力のもとに安定的な雇用があります。

住環境においては、ゆとりある住居・生活空間を備えているとともに、通勤時間が比較的短いなど、時間的にもゆとりのある都市であるといえます。さらに生活における便利さ、快適さにおいても市民の満足度は高く、住みやすいまちといえるでしょう。

鉄道は、市営地下鉄を始めとして、あおなみ線、ガイドウェイバス、JR東海、名古屋鉄道、近畿日本鉄道などが運行しており、

また、市内をほぼ網羅している市バスなど路線バスも運行しています。高速道路は、名古屋高速、名古屋第二環状自動車道、東名高速道路、伊勢湾岸自動車道などが通っています。定住支援策としては、中堅ファミリー世帯を対象に定住促進住宅を供給し、小学校就学前の子を持つ子育て世帯に対する家賃減額等を実施(所得制限あり)する支援があります。医療費助成では、通院は中学生まで、入院は18歳に達する年度末まで無料(一部負担金、所得制限ともになし。)です。

なお、2022年1月診療分から、18歳に達する年度末までの人の通院分の医療費も対象となります。.名古屋市周辺の通勤・通学圏になる蟹江町は、名古屋駅から電車で約10分の距離にありながら、ゆったりと6本の川が流れる水辺の風景は、まちに潤いを生み出しています。水郷の地にふさわしい須成祭は400年以上の歴史がある川祭りで、全国33件の祭りで構成される「山・鉾・屋台行事」の1つとして2016年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。また、商業施設も多く、安心して暮らすことができる歴史と文化が調和した利便性の高い町です。

日進市

日進市は、東部には緑豊かな丘陵地があり、そこを源流とする天白川の流域には、田園風景が広がり、四季折々の自然を感じます。古くからの街道の歴史とともに、学園都市の顔を持つ大都市近郊のまちとして発展しました。鉄道は、市南部に名古屋市営地下鉄鶴舞線、名鉄豊田線が運行しており、赤池駅、日進駅、米野木駅の3駅があります。

また、市北部方面は、隣接する長久手市内に東部丘陵線(リニモ)が運行しています。バスは市のコミュニティバスが7コース運行しているほか、名鉄バス路線として赤池駅と長久手古戦場を結ぶ路線や市北部から名古屋市へアクセスできる路線などがあります。定住支援策には、空き家バンクで成約成⽴した物件に対し、⼦育て世帯定住促進補助を実施したり、同一家庭内で同時入園する場合に第二子の保育料半額または無料、第三子以降の保育料無料、その他、第三子保育料無料化等事業による減免などの支援があります。

長久手市

長久手市は、1584年に徳川・豊臣両氏が戦った激戦の地(小牧・長久手の戦い)として名を知られています。名古屋に隣接した市西部は住宅地・商業施設などが多く都市化が進んでいます。市東部は今なお自然を多く残しており、市街化された都市と自然豊かな田園の両面を併せ持っています。

市の中央部を東部丘陵線(リニモ)が走っており、西は地下鉄藤が丘駅、東は愛知環状鉄道八草駅と乗り換えもできます。車でのアクセスも東名高速道路名古屋ICや、名古屋瀬戸道路長久手I.Cが近く、交通の便に恵まれています。路線バスは、名鉄バスが走っており、市が運行するコミュニティバス「N-バス」は、中学生以下の小人は無料です。

中学生までの子どもの、医療費の自己負担額を助成したり、第3子以降の保育料が無料だったり、長久手農楽校での講義や実習などの就農支援もあります。

大府市

大府市は、健康都市を都市目標に掲げ、子どもからお年寄りまで全ての人が安心して健やかに、生きがいを持って暮らし続けることができるまちづくりに取り組んでいます。

また、中学校卒業までの子ども医療費の無料化、全保育園・小中学校給食の自園(自校)調理などの子育て支援施策を充実させており、子育て世代を中心とした人口流入が進んでいます。鉄道は、JR東海道本線の大府駅・共和駅があり、名古屋市中心部までのアクセスが良好です。道路は名古屋高速道路、伊勢湾岸自動車道、知多半島道路へのアクセスも良好です。

また、市内では、循環バスが走っており、市内外への交通アクセスが充実しています。定住支援策としては、結婚新生活支援支援補助金(補助対象住宅に係る取得費用)として1夫婦上限30万円を支給したり、中学校卒業までの子ども医療費を無料化したり、民間木造住宅耐震改修費の補助などの支援策があります。

蒲郡市

蒲郡市は、2つの半島に抱かれた温暖で のどかなまちです。南は海、北は山と自然が豊かで雪はめったに降らず、とても暮らしやすい環境です。県内有数の観光地でもあり、竹島やラグーナ蒲郡、温泉、マリンレジャーなど日頃からリゾートを楽しむことができます。

交通環境もよいので通勤・通学はもちろん都市部との二拠点居住も可能です。金銭的支援をはじめ施設や相談体制も充実していて、子育ても安心です。市内にはJR東海道本線の駅が4つ、名古屋鉄道西尾蒲郡線の駅が5つあり、名古屋までは40分。東京方面にも新幹線利用で2時間ほどです。

市の北部には国道バイパスがあり名古屋方面にアクセスしやすいほか、東名高速道路I.Cまでも市街地から15分程度と車での移動も大変便利です。支援制度としては、新たに三世代で同居近居するための住宅を取得等する際の費用の1/2(同居は50万円、近居は25万円が上限)を補助したり、中学校卒業まで医療費が無料で、高校生も入院費無料だったり、農漁業者の新規就業者奨励金制度があったりします。

安城市

安城市は明治用水の豊かな水に育まれ、日本デンマークと呼ばれるほど農業先進都市として発展してきました。名古屋市から30kmの距離にあり、近年は自動車産業関連をはじめとする大企業が進出し、都市と田園のバランスが取れた快適なまちとなっています。

中心市街地に、学び、健やか、交わりの場として図書情報館「アンフォーレ」がオープンし、さまざまなイベントが開催されています。JR東海道線、新幹線、名鉄を利用でき、名古屋駅まで約30分で行くことができます。市内ではコミュニティバスや無料のレンタサイクルを利用できます。

また、幹線道路が整備されており、車での移動にも便利です。定住支援策としては、木造住宅の耐震診断無料・耐震改修費補助、非木造住宅の耐震診断・耐震改修費補助などのリフォーム支援や、中学生まで通院・入院とも無料、高校生は入院のみ無料の医療費助成などがあります。

まとめ

日本の中心部分に位置する愛知県は、東京から新幹線で約1時間40分という好アクセスです。県や各市町村には移住を支援する窓口や移住支援金制度があるので、事前に相談してみると良いでしょう。