田舎暮らしで別荘を選ぶメリット

田舎暮らしで別荘を選ぶメリット

「お金持ちが所有する別宅」「庶民にはハードルが高い」といったイメージが強い別荘ですが、実は別荘で田舎暮らしを始める移住者も多く存在しています。以下は、別荘で田舎暮らしをする際に得られるメリットです。

・自然に囲まれた暮らしが送れる
・買い手市場だから物件のコストが低い
・立地条件の良いところが多い
・田舎の自治会や人間関係から距離を置ける
・自分にあったライフスタイルが実現できる

別荘で田舎暮らしをする場合、自然環境、価格、立地、人間関係、生活面におけるメリットを実感することができます。従来の田舎暮らしとは異なる点もあり、より快適に生活できる環境が整っているのが特徴です。田舎暮らしを検討中の方は、別荘を選ぶメリットに関する理解を深めましょう。

自然に囲まれた暮らしが送れる

田舎暮らしで別荘を選ぶことにより、自然の中で生活できるというメリットを得られます。
別荘は本来、都市部で暮らす層の休暇用別宅として建てられた住宅です。そのため、都市部とは180度環境が異なる大自然の中に位置する物件が多いという特徴があります。

山、森林、海、河川、湖などのそばにある別荘は、自然と共存した生活を満喫できる環境です。季節ごとに違った植物を楽しむ、家庭菜園に挑戦する、美しい自然景観の中で日常生活を送れるなどのメリットがあるため、のんびりとしたライフスタイルを実現したい方におすすめです。

買い手市場だから物件のコストが低い

住宅費を抑えながら田舎暮らしをしたい方には、別荘の購入がおすすめです。
バブル期に需要のピークを迎えた別荘ですが、バブル崩壊以降は供給量が需要量を上回っているのが実情です。処分したくても買い手がつかないという別荘も多く、格安料金で販売されているという特徴があります。

都市部で同条件の住宅を購入する場合よりも安く済ませられるので、「住宅費を節約しながら広々とした大きな家に住みたい」「住宅にあまりお金をかけられないから購入費を抑えられる家を探している」という方にピッタリです。

立地条件の良いところが多い

立地の良さは、別荘で田舎暮らしをする場合に感じられるメリットです。
別荘は元々、高所得者向けの別宅として使用されていた住宅です。快適さや利便性をある程度追求している物件が多いことから、スーパー、コンビニ、駅、飲食店などの近くに建てられている確率が高くなっています。

また、観光スポットや大型ショッピングセンターをはじめとする娯楽施設や商業施設が豊富なケースも多々あり、「田舎って生活しにくいイメージがある」「利便性のことを考えると田舎暮らしに踏み切れない」という方でも安心して暮らすことができます。

田舎の自治会や人間関係から距離を置ける

別荘地で田舎暮らしをするメリットに、田舎独特の人間関係を避けられる点が挙げられます。
一般的な田舎エリアは、地域住民同士の交流が濃い傾向にあります。自治会の参加や近隣住民との付き合いなどが半ば強制されているケースも多く、「プライバシーが全く確保できない」「自治会に割く時間とお金が多くてキツイ」といった悩みに繋がりがちです。

一方、別荘で田舎暮らしをする場合は、めんどうな地域交流や近所付き合いをする必要がありません。別荘は、本来別宅としての利用を前提としています。限られたシーズンのみ滞在する層が多いことから、自治会や近所付き合いが一般的な田舎エリアより希薄な傾向にあります。近過ぎない人間関係を築けるので、煩わしさを感じることなく快適に暮らせる点がポイントです。

自分にあったライフスタイルが実現できる

別荘を選ぶメリットのひとつが、自分が思い描く田舎暮らしを叶えやすい点です。
別荘は、多種多様な場所に位置しています。選ぶ別荘地によって大自然、生活利便施設、観光スポットなどの異なる環境や施設にアクセスできるので、自分の理想に近いエリアを選べるという特徴があります。

せっかく田舎暮らしを決行しても、その地で長く暮らせなければ意味がありません。自分が暮らしやすいと感じられるライフスタイルを手に入れるためにも、住環境の選択肢が多い別荘地での田舎暮らしを視野に入れてみましょう。

田舎暮らしで別荘を選ぶデメリット

田舎暮らしで別荘を選ぶデメリット

別荘での田舎暮らしには、その他の地域にはないデメリットが存在します。「別荘ってオシャレなイメージだったけど自分には向いていなかった」「こんなことなら別荘なんて選ばなければよかった」と後悔しなくて済むように、田舎暮らしを始める前にデメリットについても把握することが大切です。

・資産価値はあまり期待出来ない
・管理費がかかる
・光熱費は都会よりもかかる
・電気や水道を引かないとない場合もある
・山林地は敷地内の木の管理が面倒

費用に関するデメリットや、手間がかかるといった問題が挙げられています。それでは、田舎暮らしで別荘を選ぶデメリットについて詳しく見ていきましょう。

資産価値はあまり期待出来ない

別荘を購入する際は、将来的な資産価値が非常に低い点に注意が必要です。
一部の需要が高いエリアを覗き、別荘は資産価値が上がらない住宅とされています。別荘の老朽化、高額な維持費や税負担などの理由から、別荘の買い手自体が非常に少ないという特徴があるからです。

場合によっては「買った時の値段より大幅に減額しても売れない」「手放したくても買い手が全くつかない」といった事態に陥る可能性もあるため、購入前によく考えることが大切です。

管理費がかかる

管理費が高いことは、別荘で田舎暮らしをする場合の大きなデメリットです。
別荘には、清掃などのメンテナンス代のほか、税金がかかります。田舎暮らしのために別荘を購入検討中の方は、以下の管理費について事前に確認することが大切です。

清掃代金
別荘地は、清掃管理会社と委託契約を結んでいるケースが多くなっています。掃除代や草刈り代などが清掃代金に含まれており、料金は別荘の広さや立地によって異なります。清掃を自分自身で行う場合は清掃代金を節約できますが、清掃管理会社との委託契約を解除しなければなりません。簡単に解約できない、解約するのに時間を要するといったケースもあるため、事前に委託契約に関する問い合わせをしておくようにしましょう。

固定資産税
固定資産税は、土地や家屋を所有している場合に支払う税金です。課税標準額×税率1.4%が納税額の算出方法で、毎年納める義務が発生するので注意が必要です。

住民税
別荘の住所がある自治体に対して、住民税を納めなければなりません。二地域居住で別荘を所有する場合内均等割での納税となります。

別荘で田舎暮らしをする場合、別荘の維持や管理をするためのコストがかかります。購入する別荘や地域によっては管理費が高額になるケースもあるので、ある程度の出費額を把握した上で購入に踏み切ることが重要です。

光熱費は都会よりもかかる

別荘で田舎暮らしをするデメリットに、光熱費がかさみやすいことが挙げられます。
別荘地の中には、ガス代や水道代が別荘料金となっているケースがあります。都市部の光熱費よりも高額に設定されているため、田舎暮らし=生活費が安いと考えている方は注意が必要です。

また、別荘の多くは、避暑地に建てられているという特徴があります。夏は涼しく快適に暮らせる一方で、冬場は寒さが厳しいエリアです。
暖房機器の稼働率が都市部よりも高くなることから、「冬場の光熱費が高すぎる」「都市部にいた頃とは比較にならないくらい光熱費がかさむ」といった事態に陥りやすくなっています。尚、都市部と田舎エリアでの二地域居住を検討している方は、別荘にいない時期も光熱費の基本料金がかかる点に気を付けましょう。

電気や水道を引かないとない場合もある

別荘の立地や状態によっては、購入時に電気や水道を引く手間が発生します。
人里離れた立地の別荘には、電気や水道などの生活インフラが完備されていない物件もあります。業者に依頼して電気や水道を引く必要があるので、時間や費用がかかる点に注意しましょう。

電気や水道の引き込み工事を行う場合、費用が高額になる可能性も考えられます。せっかく別荘を格安で購入しても、初期費用がかさんでは意味がありません。
「生活するための設備を整えるだけで高額な出費になってしまった」「せっかく安く田舎暮らしを始められると思ったのに」といった失敗を防ぐためにも、事前におおまかな工事費用を調べておくことが大切です。

山林地は敷地内の木の管理が面倒

山林地の別荘で田舎暮らしをする場合は、樹木管理が必須となる点に注意しましょう。
樹木のメンテナンスは、別荘地の景観を守ることはもちろん、安全性を確保する上でも非常に重要です。剪定、施肥、伐採などを定期的に行う必要があるため、どのように対応していくかを事前に考えることがポイントです。自分自身で樹木管理をする場合、知識やスキルの習得、虫問題、熱中症対策などを徹底しなければなりません。

業者に依頼する場合は出費がかさむことになるので、長期的に支払っていけるか否かを見極めることが大切です。また、樹木管理は、年齢を重ねれば重ねるほど対応が難しくなります。体力的な問題も発生するので、特に老後移住や長いスパンで田舎暮らしをする予定の方は慎重に検討しましょう。

別荘を購入するなら移住も検討しよう

別荘を購入するなら移住も検討しよう

田舎暮らしのために別荘購入を考えている方は、本格的に移住することも視野に入れてみましょう。以下は、田舎エリアに移住する場合のメリットやポイントです。

・レジャー好きなら自然豊かな別荘地へ移住しよう
・都会の喧騒を離れたストレスフリーな生活
・移住先で築く新たな人間関係
・移住の際は目的に合った別荘地を選ぼう

田舎暮らしは、都市部とは真逆の生活を楽しめるライフスタイルです。都市部での生活に不満がある方やレジャーが趣味の方は、田舎エリアに移住して満足度の高い生活を手に入れましょう。それでは、各項目について詳しく説明していきます。

レジャー好きなら自然豊かな別荘地へ移住しよう

別荘での移住生活は、レジャーが趣味の方に適したライフスタイルです。
一般的な別荘は、海、山、河川などの自然が多い立地に建てられています。そのため、別荘で移住生活を送ることにより、キャンプ、カヤック、ハイキング、バーベキューをはじめとするバリエーション豊富なレジャーを気軽に楽しむことができます。都市部で生活する場合、レジャーができるエリアまでわざわざ移動しなければなりません。

時間、お金、手間がかかることから、レジャー好きな方にとって暮らしにくい環境です。一方で大自然に囲まれた別荘地なら、好きなタイミングでいつでもレジャーを満喫できます。趣味の時間を充実させやすい環境となっていることから、自分の人生をより豊かに彩ることに繋がります。

都会の喧騒を離れたストレスフリーな生活

別荘での移住生活は、都市部での生活にストレスが溜まっている方におすすめです。
都市部から離れた場所に位置している別荘では、田舎ならではの雰囲気と時間の流れを楽しむことができます。都市部のような忙しなさや慌ただしさがなく、マイペースにのんびりと暮らせる点がポイントです。

ストレスとは無縁の解放的な田舎暮らしができるので、「都市部で生きていくのに疲れてしまった」「都市部の生活はストレスが多くて精神的にツライ」という方は別荘での移住生活により人生の質を高めることができます。

移住先で築く新たな人間関係

人間関係をリセットできることは、別荘で移住生活を始める際の大きなメリットです。
都市部から田舎エリアへの完全移住を果たすことにより、ゼロから人間関係をスタートさせることができます。自分のことを知らない人ばかりの環境で新生活を始められるので、「都市部での人間関係を忘れて新天地で新しい人間関係を築きたい」「自分らしくいられる環境で適度に現地の人たちと交流しながら田舎暮らしをしたい」という希望を叶えることができます。

移住の際は目的に合った別荘地を選ぼう

別荘への移住を検討している方は、自分の目的に合う移住先を選ぶことが大切です。
一口に別荘地と言っても、日本国内にはさまざまなエリアがあります。別荘地ごとに特徴やメリットが異なることから、自分が田舎暮らしをしたいと考えている理由に合致するエリアを選ばなければなりません。

別荘地に移住して田舎暮らしをする場合、移住先でどのような生活がしたいか、移住先に何を求めているかを検討する必要があります。「大自然の中で自然と共生する」「電車の駅が近くて程良い利便性を兼ね備えた場所で暮らす」「観光スポットの近くで賑やかな暮らしをする」といった自分なりの移住の目的を導き出し、実現できる別荘地を移住先に選びましょう。

まとめ

まとめ

別荘は、田舎暮らしに適した住宅タイプです。自然環境の良さや初期費用が安いといったメリットがあり、自分の理想に近い田舎暮らしを叶えやすくなっています。
また、田舎特有の濃すぎる人間関係に悩むこともないので、プライバシーを守りながら田舎暮らしを楽しめる点も特徴です。さまざまなメリットがある別荘地での田舎暮らしですが、デメリットについても忘れてはいけません。

維持費がかかるほか、生活の不便さやメンテナンスの煩わしさを感じる移住者も多数存在しています。別荘で田舎暮らしをする際は、移住することも視野に入れるのがおすすめです。
精神的な負担を減らしながらストレスのないライフスタイルを実現できるので、充実度の高い生活を送ることに繋がります。